小次郎講師のブログ

30代の苦しかった思い出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小次郎講師
東京へ向かう新幹線の中より、、、

今は、大阪から東京に帰る新幹線の中。

そして、
あることを思い出しています。

 
それは、
”過去にトレードで苦労した日々”

 
あれは、
私が、まだ20代後半~30代前半の頃

 
「勝率100%」を追い求め、
投資をしていた時代。

 
普段は、
あまり語りませんが、
ふと思い出したのです。

そのきっかけは、1通のメッセージ。

そのメッセージの最後には
こんな一文が書かれていたのです。

 
ちなみに、小次郎講師は、
トレードで苦しかった時期はないんですか?
=======================================

 
「ない」

なんてかっこいいことはいえません。

 
「あります」

それが、
私の答えです。

 
今では、お陰様で、
日本全国で講演をさせていただいていますが、
20代~30代前半のときには、
トレードで辛かった時期がありました。

 
今では、
ほとんどのセミナーで
私が伝えるお馴染みのセリフー

それが、

●投資は確率で勝つこと

●トレードルールを構築すること

●資金管理を大事にすること

 
でも、この言葉の奥深さは、
苦難・葛藤したからこそ、伝えられるのです。

なぜなら、

今では、
「勝率100%なんてありません」

という私こそ、
「勝率100%」を追い求めた時期があったからです。

 
今、思い返せば若い頃の私は
「安定して稼げないトレーダー」
と同じような考えをしていました。

何より、チャート分析で
トレードをするときには、
いつも”ある疑問”が脳裏に浮かんでました。

それは、

 
「過去のチャートを見たって、
 今日の価格がどうなるかなんてわからないじゃないか」

 
「明日になったら新しい材料が出て、
 値動きが変わるんじゃないか」

 
「大事なのは、過去の値動きではなく今日の値動きだ」

 
このようなことをいつも
グルグル、グルグルと頭の中で考えていました。

そして、
ある時を境に

 
「ファンダメンタルズを極めることが
 100%勝てる方法に違いない!」

と考え、
ファンダメンタルズ分析へと
切り替えていきました。

 
そして、
ファンダメンタルズを徹底的に学んでも、
勝率100%とは程遠い。

 
何より
持ち続けることで大損したことも何度もありました。

その理由は、

「この材料が出たんだから間違いない!」と思って買ったら、
価格が逆方向に下がる。いや、下がり続ける。

逆方向に動く価格を見ながら、
本当は内心焦りつつも、

「ファンダメンタルズの材料が「買い」で間違いないんだから、
 また、価格が盛り返すだろう」

 
このように思いこむけれども、
結果は変わらず、持ち続け、損切できずに
大損になってしまう。

そんなことも、
しばしば。

 
そして、
その大損への悔しい気持ちをばねに、

「100%稼げる手法」を求め
色々な情報を調べ続ける日々でした。

 
そんなときに、
出会ったのが、

世紀の賭け
「伝説のタートルズの大実験」でした。

 
ご存知の方も多いと想いますが、
その実験の中身は、

ほとんどのメンバーが
投資未経験だったのにも関わらず、

 
わずか2週間の研修プログラムによって、
結果として、投資未経験者だった
タートルズ集団が獲得した
収益の合計は日本円にすると約175億円。

 
それは、もうとんでもない金額ですよね。
そして、この実験で証明されたことは、

勝てる投資家は、
「投資教育によって養成できる」ということ。

 
タートルズの話をし始めたら
何時間でも、何十時間でも、セミナーが出来るので
詳細は割愛しますが、

 
タートルズの極意は、

●過去のことを悔やむことはしない。未来を予測しない。
 現在における「確率」で考える。

●エッジ(優位性)のあるシステムを使うこと。

●利益を上げる極意である個々のリスク管理及び資金管理を
 徹底することを基本とする。

●トレードルールの構築により再現性のあるトレードを行い、
 安定利益を出していくこと

 
これ、私がいつもセミナーで伝えている内容です。

 
そして、
タートルズに出会って確信したことは

「勝率100%」の投資手法は存在しない。
しかし、確率で勝つことは必ずできる!ということ。

 
これが、
勝率100%を求め
チャート分析を研究・実践・検証し、
ファンダメンタルズを研究・実践し、検証した私が出した答えです。

 
最初にお伝えした

”過去トレードで苦労した日々”

があるからこそ、
今、こうやって皆さんに

トレードで勝つための極意を
お伝えすることができますし、

勝率100%の手法はないと
自信を持ってお伝えできるのです。

何より、
トレードで悩んでいる人たちの
気持ちが痛いほどよくわかります。

ついつい、
「勝率100%」という謳い文句に引っかかってしまいそうになる
気持ちもわかります。

だって、
私自身が、そうだったのですから。

でも、
今、思い返せば、過去の苦しかった経験もいい思い出です^^、

 
だって、その苦しかった経験を
乗り越えれば誰かの希望になるわけですから。

ぜひ、これからも、正しい投資教育を学び、実践し、
トータルで勝てるように前進していきましょうね。

さて、今週も週の後半戦に突入です。
がんばってまいりましょう^^

 
<編集部からのおすすめ>

【今ならスペシャル特典つき】

世界を渡り歩いてきた
矢口新の実務経験に裏打ちされた
相場の極意、エッセンスを一冊に詰め込みました!

しかも、
持ち運びもしやすいので、
これらのことがいつでも学べます!

↓↓↓

<本書で学べる一部>

・相場で収益を上げるために必要な心構えが身に付く

・トレード技術が上達するための秘訣がわかる

・プロも参戦する相場で勝率を高める方法を理解することができる

・相場で勝つための相場観を作り上げる方法がわかる

・日本人が苦手な損切りが上手にできるための秘訣がつかめる

・損小利大のトレードを実現するための戦略のコツがわかる

・矢口新の提唱する「相場における必勝の型」がわかる

詳細はこちら⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 而今 より:

    昨日は1日大統領選挙の日でした。
    日本国民なのに…
    なんとなくクリントンさんになったらいいな。
    テレビを観てもみんなそういってるしきっとそうなるのかな。
    きっとそうなるんだろうな。
    昼近くになってずっとトランプさん優勢で
    日本全体が深いため息に包まれておりました。
    日本株が下がりだして円が102円台になって、
    最終的には大陰線に。
    クリントンさんもトランプさんも実際に会ったこともないし、
    米国に住んだこともない。本当のところはないも知らない。
    ファンダメンタルってこんな感じなのかな。
    と考えさせられた1日でした。

  2. 赤津 秀矗 より:

    思い当ります。

    貴重なご意見です。

    素直に表現したことに好感を持ちます。

赤津 秀矗 へ返信する コメントをキャンセル

*

CAPTCHA