我々は年金がもらえるのだろうか?

From:矢口 新

 

先週はイベントの多い1週間でした。
FOMCの政策金利発表に始まり、日銀政策決定会合、
そして東京都知事選と
いずれも注目度の高いイベントでした。
 

このブログを読んでくださっている皆さんは、
これらのイベントでどのような結果が発表されるのか
大変注目されていたことでしょう。
 

そしてもう一つ、我々日本国民にとって重要な発表が
7月29日に行われたのはご存知でしょうか?
 

それは、
 

年金積立金管理運用独立法人(Government Pension Investment Fund)(通称:GPIF)が
2015年度の運用実績が5兆3,098億円の損失になったと発表しました。
 

念のため、GPIFについて簡単に説明しておくと、
GPIFとは厚生労働大臣から寄託を受け、年金積立金の管理・運用を行い、
その収益を国庫に納付することにより、厚生年金保険事業及び国民年金機構の
運営の安定に資することを目的として活動しています。
※GPIFホームページ参照:http://www.gpif.go.jp/index.html

 

今回発表された運用実績は5兆3,098億円の損失だったわけですが、
その内訳は国内債券が年間約2兆円の利益、国内株式は約3.5兆円の損失、
外国債券は約0.7兆円の損失、外国株式は約3.3兆円の損失でした。
 

この結果を見てみると、株価や外貨での損失を国内債が穴埋めしたことが分かります。
国内債はマイナス利回りのため、GPIFが実質的に利息を国に払っている状態ですが、
それでも2兆円の利益が出たのは、それ以上に値上がりしたからです。
 

簡単に言えば、100 で償還される国債を 101という価格で保有していたが、102 に値上がりしたので、利益が出たということです。
 

とはいえ、いずれ 100 で償還される事実には変わりがないので、その時が来れば、これまでの利益は絵に描いた餅に過ぎず、大きな実現損が発生するのです。
 

従来は安全運用を重視し、国債運用で利回りを得てきましたが、これまでの安全運用を否定し、高価格な国債を、さらなる高価格で売り抜けるという「投機的売買」が促されているといえます。
 

つまり、年金や保険会社も、短期トレードの専門家を雇うか、リスクを顧客に転嫁するか、どちらかの選択肢を迫られているということになります。
 

国債を中心に運用すれば、金額は小さいですが毎年確実に利益が見込めますが、
運用を株式中心にするということは、万が一株価が大幅に下落した場合、
年金支給に影響が出ることはやむを得ないでしょう。
 

つまり、今の運用方法では年金支給が安定して行われるかは、
株価が上昇することを祈るしかないということです。

 

このような、従来の方針を転換することで生じたマイナスな側面に対し、
我々は他人任せ、国任せにしていてはいけません。
 

自分の資産は自分で運用していくための知識とスキルを身に付けていく必要があるのです。
そのためには地道な努力が必要となりますが、その地道な努力を怠らず、継続することができれば、年齢や性別、学歴にかかわらず誰でも身に付けることができると、私は信じています。
 

今の私にやれることとは、皆さんに相場の魅力を伝え、理論やノウハウを伝授し、
「投資にチャレンジしたい」、「投資で成功したい」という皆さんの気持ちにお応えすることだと思っております。

 

 

そして、ブログを最後まで読んでくださった方に、
私からお知らせがございます。

 

本日8月3日(水)20時より
投資の学校で毎月開催しております
「投資の学校・相場解説WEBセミナー」に出演いたします。
 

本日のWEBセミナーでは、
「ソフトバンクはヘッジファンド?」
というテーマでお届けいたします。
 

7月にソフトバンクグループが英半導体設計会社のARMホールディングスの全株式を
総額約240億ポンド(約3兆 3,600億円)で、しかも現金で取得いたしました。
 

これは、日本企業における海外企業の買収としては過去最大規模のものとなりましたが、
この買収劇について私なりの視点で分析した内容を、皆さんに分かりやすくお伝えしたいと思います。
 

そしてこの相場解説WEBセミナーですが、
今回は特別に無料でご覧になれるそうです。
 

下にありますURLにアクセスしていただき、
視聴登録をしていただくとご覧いただけるようですので、
よろしければご覧ください。

https://toushi-school.net/souba/op/

 

それでは、本日20時にお会いしましょう!

 

 

― 矢口 新

 

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.