ブログ

動きながら考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:矢口新
自宅のデスクから

 
投資家にとって、
理論と感性、
どちらが必要でしょうか?

このコラムをご覧になっている方は、
勉強熱心な個人投資家の方が多いという
印象があります。

 
ですから、理論を重視しがちかもしれません。

 
ですが、
変化し続ける相場に
理論だけで立ち向かうのは無理があります。

 
スポーツやビジネスでも同じことが
言えると思うのですが、

 
机に向かって難しい理論を
勉強するだけでは、実際の役には立ちません。

 
例えば、
リスクヘッジするための理論が考え出されたとしても
リスクは、ポジションを持っている限り、決して減りはしないのです。

 
相場の上げ下げを問うマーケットリスクを、
先物でヘッジすることの効果を問うベーシスリスクに変えたところで、
期待するリターンが同じならばリスクの大きさも同じです。

 
リスクを減らしたいなら、リターンもあきらめなければなりません。

 
マーケットリスクの完全なヘッジとは、
投資しないことなのです。

 
そのことは、実際にトレードをなさってみれば
実感するはずです。

 
頭で考えることと実際にやってみることとが違うのは、
これまでの人生を振り返って見るだけで、誰にでも理解できるでしょう。

 
スポーツの世界でも同じです。
テレビの前では誰もが名評論家ですが、
実際にプロ選手と同じことができるでしょうか?

 
プロスポーツ選手は人並みはずれた練習をこなすことで、
プロとしての技量身に付けてはいますが、
それでも、どんな練習でさえ、ひとつの試合経験には及びません。

 
にもかかわらず、相場の世界では理論は難しければ難しいほど、
ありがたがる傾向があります。

 
相場理論や相場予測といたようなものも、
それだけではまさに、机上の空論でしかありません。

 
それは私自身も例外ではありません。
実践を伴わなければ、いくら相場の理論を並べたとしても、
ほとんど意味を持たないのです。

 
私は議論のための議論を展開しているわけではありません。
実践で培ってきたことを 理論に落とし込んできました。

 
相場の理解が深まったのなら、実際にポジションを取ってほしいと思います。

 
あなたに傍観者ではなく、当事者になってほしいのです。

 
実際にポジションを持ってみて、
あらゆる状況の変化に、動きながら対応していくことに、大きな意味があるのです。

 
一歩踏み出すこと。
たった一歩先に、頭で考えていたのとは別の世界が開けます。

 
思いのほか、楽しい世界が
待っているはずです。

 
一緒に頑張りましょう。

 
 
矢口新

 
 
<編集部のおすすめ>

東京市場、ニューヨーク、ロンドン市場で、
プロのディーラーとして活躍し、

行き着いた答え。

価格の動きを解明した、
前代未聞のロジックがここに
あります。

相場の表と裏を知り尽くす
投資の達人 矢口新先生の、

『トレード理論の秘密』

こちらからご覧ください

◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 石井 晧 より:

    おはようございます
    いつも楽しく読ませていただいております
    今日の記事 共感いたしました 私は放射線技師の仕事はさせていただいていますが
    撮影技術と患者の作りは一致しませんし 誰一人同じ作りの患者はいません
    ほとんど自分の中の蓄積された感のようなもので行っております
    それと同じと感じました 
    これからも よろしくお願いいたします
    変わりやすい気候 ご健康にご注意ください

  2. 平峯一郎 より:

    一歩踏み出すこと。たった一歩先に、頭で考えていたのとは別の世界が開けます。思いのほか、楽しい世界が待っているはずです。
    矢口先生のコメントは簡潔で真実を突いた趣があります…噛みしめて拝読しています。

  3. 平峯一郎 より:

    一歩踏み出すこと。たった一歩先に、頭で考えていたのとは別の世界が開けます。思いのほか、楽しい世界が待っているはずです。
    矢口先生のコメントは簡潔で真実を突いた趣があります…噛みしめて拝読しています。

平峯一郎 へ返信する コメントをキャンセル

*

CAPTCHA