行ったことがない国を身近に感じる理由

From 投資の学校事務局

自宅のパソコンより……

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
投資の学校事務局の菊地です。

私は先週の金曜日に代休をいただき、
土日と合わせて2泊3日で大阪・京都・神戸に
旅行に行ってきました。

足を運びたいイベントが開催されていたという理由で、
ユニバーサルスタジオジャパンにも行きましたが、
大盛況でしたよ。

日本のお客様も多かったとは思うのですが、
海外からのお客様もかなりいて、
「やっぱり、日本は観光地なんだな……」
と感じてしまいました。

本題に入ります。

確かに、街中で海外からのお客様を
見かけるのは珍しくなくなりました。

投資の学校事務局のオフィスは新宿にありますが、
会社帰りの時間帯ともなると、
伊勢丹や丸井、家電量販店のあたりから、
外国語が聞こえてくるのも日常茶飯事です。

そういう光景を見るたびに、
「日本で楽しんで帰ってくれればいいな」
と願うようにしています。

しかし、
私にはそれ以上に、
「行ったことがない国を身近に感じてしまう」
理由があります。

「通貨ペア」です。

FX会社によっても扱っている通貨が違うので
一概には言えませんが、
サクソバンク証券という会社の場合、
これだけの通貨を扱っているそうです。

・ 日本円
・ アメリカドル
・ ユーロ
・ イギリスポンド
・ トルコリラ
・ 南アフリカランド
・ メキシコペソ
・ ロシアルーブル
・ オーストラリアドル
・ ニュージーランドドル
・ 中国元
・ 香港ドル
・ シンガポールドル
・ スイスフラン
・ チェココルナ
・ ハンガリーフォリント
・ ポーランドズロチ
・ デンマーククローネ
・ スウェーデンクローナ
・ ノルウェークローネ
・ アブラディルハム
・ イスラエルシュケル

多分、一生足を運ぶチャンスがなさそうな地域の通貨まであります。

しかし、
これだけの通貨を扱っているということは、
日本に居ながらにして、その国の経済に注目することにもなるのです。

ぐっと、身近になった気がしますよね。

投資をしていると、
いろいろな情報収集をすることになりますが、
その結果として、「知らない国も身近に感じる」ようになるのは、
案外興味深いかもしれません。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

本日も、皆様にとって、
素敵な一日でありますように。

<編集部のおすすめ>
カリスマ投資家・戸松信弘先生が最近注目しているのが、
「世界最高水準のアルゴリズムを搭載した自動トレードシステム」です。

人間の脳・手作業では物理的に不可能である、
「今、この銘柄に投資すれば、利益を得られる可能性が極めて高い」
銘柄を瞬時に抽出してくれるツールー

このツールを使ったうえで、
あなたの判断で利益を倍増させる方法を、
今だけ【無料】でお教えします。

こちらからどうぞ

◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

最近の投稿



2 thoughts on “行ったことがない国を身近に感じる理由

  1. 宙船

    最近、USJ行ってないなぁ(゜_゜)
    できたころは沢山行ったんだけど、
    いつでも、行けるから?人が多すぎるから?乗り換えがめんどくさいから?
    バックツゥーザフューチャー館が無くなったから?
    遊興に割く時間が減ったのかしら。
    中華系の人多いですね。
    矢口先生が「個人消費が日本の経済のエンジン」
    とおっしゃってた(表現がちょっと違ってたらすみません)
    消費税が還元される分、観光客の消費がエンジンの一部を担うようになるのかも。
    今までは、いい意味でも悪い意味でも日本人として境界線がクッキリと守られていたけど、
    これからは世界の流れに敏感にならないと取り残されるのかなぁと思う今日この頃。
    いままでの、上に従順、勤勉真面目では生き残って行けなくなっている。

    返信
    1. 事務局 投稿作成者

      こんにちは。
      月曜日に会社に行ったら、
      浅野先生から「焼けたねー!」と言われた菊地です。
      (USJは照り返しがきつかった……)

      私は名探偵コナンというマンガとコラボしたイベント
      (いわゆる「リアル脱出ゲーム」です。)がお目当てで
      USJに行ったのですが、
      アトラクションのガイダンスが多言語対応で驚きました。
      (ざっと見ただけでも、日本語・英語・北京語・広東語・韓国語・ドイツ語・フランス語・ロシア語があったはず)

      世の中の流れに敏感にならないといけないのは、
      痛感しています。
      ちょっとうかうかしていると、
      あっという間に状況が変わっているのは珍しくありません。

      今、この返信を書いているのが6月12日なのですが、
      米朝首脳会談が行われるなんて、
      少し前なら誰も考えなかったと思います。

      最後になりましたが、
      いつもコメントありがとうございます!

      返信

コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.