スタッフのブログ

「わからない」って「こわい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 投資の学校事務局

新宿六丁目のオフィスより……

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
投資の学校事務局の菊地です。

9月も半分を過ぎ、
だいぶ過ごしやすい日が増えてきました。

今年は正直、
「私、溶けるかも……」と思いながら、
夏を過ごしていたので、ほっとしています。

そうはいっても、
寒暖差が激しい日はまだあるはずなので、
皆様もくれぐれも体調にはお気を付けください。

ところで、私は最近、
仕事のために調べ物をすることが多いのですが、
その中で、こんなデータを見つけました。

これから紹介するのは、何の数字かわかりますか?

トラブルは、案外近くにある

  • 2015年 1065件
  • 2016年 1013件
  • 2017年 783件

参照 投資信託(各種相談の件数や傾向)_国民生活センター

数字だけ見ても、「何のこっちゃ」と思われるかもしれませんね。
実はこれ、国民生活センターに寄せられた、投資信託に関する相談の件数何です。
もちろん、投資信託は、法律で認められた金融商品なので、それ自体に問題があるわけではありません。

問題なのは、

  • 勧誘方法が強引
  • リスクの説明が不十分

であることなのです。

こんな相談が寄せられたそうです

では、実際にどんな相談が寄せられたのでしょうか。
3つほど紹介しましょう。

  1. 証券会社の営業担当者に勧誘されたので、海外の不動産投資信託等に投資した。
    老後資金の足しになれば、と思ったが、実際は損失が出ている。
    老後資金が減っているのが不安だ。
  2. 父が銀行で、高額な投資信託を契約してきた。
    しかし、父は値下がりのリスクなど、細かい部分は何も理解できていない。
    何とかして、契約を取り消せないか。
  3. 金融機関の営業担当者が、一人暮らしの母親の家に営業に来た。
    そこで、母親が理解できないような投資信託を契約させたらしい。
    何もわからない高齢者を長時間説明した挙句、元本割れしないなど嘘が混じった説明をしたのは問題ではないか。

どれも心配になってしまう相談ではありますね……。

問題に気づくには、勉強が大事なはず

しかし、相談を寄せることができたのも、「これは、問題がある」と気づけたからです。
もし、気づけていなかったら、相談をすることすらもできなかったでしょう。
では、問題に気づくには、どうすればいいのでしょうか。
やはり大切なのは、勉強でしょう。
少なくとも「あ、これ、おかしいかも……」と気づけるはずです。

日本ではお金や投資のことを話したり、勉強したりするのは、まだまだタブー視されている部分があるのも事実です。
しかし、知らないがゆえに、あなたやあなたの大切な誰かがトラブルに巻き込まれるほうが、もっとまずいはずですよね。
「わからない」って「こわい」ことなんです。

でも、何かのきっかけで「わかる」ようになれば、「まずいことが起こっている」と気づけるようにはなります。
気づけるようになるだけでも、勉強する意味はある……そう思う今日この頃です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本日も、皆様にとって素敵な一日でありますように。

<編集部からのお知らせ>
「わからない」って「こわい」のはわかる。
でも、どうやって勉強すればいいかわからないー

お悩みでしたら、

● プロが実際に試している手法を
● 自宅でもご自身で試せるようになる

教材を使ってみましょう。

本来、3,980円相当の講座ですが、
今なら【無料】で始められます。

こちらからどうぞ

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!

ご登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 中村達朗 より:

    歩み値すごい。

    1. 事務局 より:

      こんばんは。
      スタッフの菊地です。
      もしかしたら、戸松先生の講座をご覧くださったのでしょうか。
      ありがとうございます。
      引き続き、残りの講義もご覧いただければ嬉しいです!
      よろしくお願いいたします。

事務局 へ返信する コメントをキャンセル

*

CAPTCHA