「待てない!」あなたへ…待つ目的を明確に

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
相場でトレードをする際のメンタルとして
「待つこと」の重要性がしばしば指摘されます。
先月号ではこの重要性について一般的な話
を致しました。

先月号の続きとしてお約束した今月号では、
その具体例を示してみたいと思います。

  ...

「待てない!」あなたへ~何をどう待つか

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
コロナが蔓延して以降、その頻度は大きく減りましたが、
多くの投資家の方々と売買経験やメンタルについて
懇親会などの場面ではよく談義をしました。

経験の有無にはあまり関係なく、
相場知識がある程度身に付いたステージでは一度、
「相場をどうしても待 ...

約1年10か月ぶり高値を更新したユーロドル?

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

7月の連休が明け一週間が経過しつつありますが、
7日連続した日足陽線にも
陰線が混ざるようになりました。

29日の深夜には1.18台を覗き、
これまでの高値を更新する値動きになった訳ですが、
その際の某ニュースソースでは、
本日のタイトルにもなったフレーズが ...

7月連休以降も注意したいユーロ高

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
7月に入ってユーロが強く推移しています。
ブログY号ではユーロドルの現状把握として
目先は戻り相場と捉え、
ユーロは強めに推移すると想定しました。

実際の相場は、当面の重要な水準とした
コロナショック時の乱高下で記録した
ユーロドル高 ...

ドル円の現状把握(Z)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
先週はユーロドルの現状把握をしましたが、
月足以外は共に
先行スパンの上に位置する状況から見て、
潜在的には上昇力が優勢ながら、
月足での戻り相場を想定しました。

時間足で具体的な入り口を探しましたが、
決して強い上昇力は見られず、 ...

ユーロドルの現状把握(Y)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
先週はやや無理くりに
ポンドドルの現状把握を取り上げました。

私にとっては
過去の典型を探すより
これからをどう判断するかが手っ取り早く、
時間がない事を理由に
一種、逃げたわけですが、

結果はそこそこ的を得られたと、 ...

ポンドドルの現状把握(X)

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿オフィスの編集室より

先週までで一通りの理論的な話を終え、
残り少ないですが、
実際の相場を見ながら
これまでの知識を振り返ってみましょう。

私が普段、
どのような順番でチャートを見ているか
その通りに振り返ってみます。
——— ...

雲のねじれは売買サインか?(W)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前回V号では、
トレンド相場を示すことが出来る
最小単位のN波動で、

第2波動までの時間を応用して
時間的な対等という考えを
簡単に説明しました。

ここで測ることが出来るのは、
3波動目の勢いという事になります ...

「三波動には頂点が2つある」がヒントです(V)

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

今回の通し記号はいよいよVとなり、
終盤に差し掛かった実感があります。

前回のU号では、
連続した2つのV波動が重なって
N波動になる考え方を、
時間経過を交えて紹介したところで
気尽きました。

今回のV号は、その続きになりますが、

上 ...

N=V+V…絵文字ではありません(U)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
V波動を時間の経過で考える場合、
第二波動の起点から
第一波動分の時間が経過した時、

第一波動の起点を越している場合は
第二波動の勢いが勝り、
越していなければ、
第一波動の方向が優勢である
という大前提を示してきました。 ...

残り10分昼休み、15分ならお茶ができたのに (T)

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の寝室より

 
前回のS号では、Ⅴ波動から何がわかるか?
について触れ、

例えば短期筋が投機で行うような、
トレンドではなくフローにモノを言わせて、
相場を一時的に動かすようなケースでは、

ある時間をかけて、
ある値幅を動いた相場が反転した場合、 ...

駅まで徒歩15分、帰りは何分かかるのが普通かな?(S)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前号Rでは、Q号からの流れを引き継ぎ、
転換線を短期半値線
基準線を中期半値線と位置づけて、

2線の簡単な関係から
トレンド相場になりやすいか、
揉み合い相場になりやすいかの判断方法を
チャートを交えて示し、

また、遅行ス ...

今と過去を正しく比べるチャート(R)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前号Qでは、一目均衡表の半値線の、
転換線に基準線を加え、
短期という位置づけの9期間と、
中期という位置づけの26期間の、
半値水準を同時に監視することで、

共に同じ方向へ動く場合は、
より一層その方向が、
トレンドとして ...

トレンドが出ない現状は3月末で見えていた(Q)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
揉み合いを一大テーマとして進めてきた
M号以前では、
直近波動の高値と安値を目先のレンジ
と考え、

その範囲で収まる値動きは全て、
「揉み合い」であると簡素化した上で、
その放れ(ブレークアウト)が
唯一のエントリーポイント ...

前提が崩れた時の違和感を大切に(P)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前号では、半値線が、持つ一種の定義を基に、
それに反した動きを捉えることで、
定義そのものを疑うという考え方を利用して
安値更新の局面を説明してみました。

単純な半値の意義は既に述べて参りましたが、
前号からは一目均衡表の転換線を代表に、 ...

半値線が動く理由は2通りあります(O)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前号より半値線の追求を始めました。

テクニカル分析としてはポピュラーな
移動平均線は、ある期間の終値平均値
であるために、

高値や安値を更新したにもかかわらず、
終値水準があまり変化しない場合、
移動平均線はその事実を反映しにくい ...

単純だから逆に敏感なテクニカルライン…のお話(N)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
ブログAから始まり前回のMまで、
根底に揉み合いの意味を考えながら、
高値更新や安値更新の
いわゆる「揉み合い放れ」または、
「ブレークアウト」しか、
実質のエントリーポイントは無い…

ということを前提に、

新値更新前の値 ...

エントリールールを絞れば相場の見方も絞れる(M)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前回のブログ(L)では、
「行き先」探しの最終章として
一目均衡表のノウハウをお借りして、

目先最大となるE計算値を
「途中の通過点」という視野から、
一種の目標値として解説しました。

その根拠として、
E計算値の達成を考 ...

売った直後から、売り手は買い手に成り代わる(L)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前回のブログ(K)では、
歓迎されるN波動と
そうではないN波動の違いの見分け方
を主に、

結局は勢いがある場合は
更に伸びる可能性があり、
その可能性をみすみす捨てることは無い、
のではないか?

という提議を致 ...

大歓迎のブレークアウトは事前に判る!?(K)

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿オフィスの編集室より

 
前回のブログJでは、
「ダマシ」のパターンその2として、
押しや戻しが深い後の3波動目は、

押しや戻しによって
1波動目の方向余力を大きく食ってしまうため
直近のピークを越えて3波動目を確定しても
その行先は知れている…という ...

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.