上げと下げの相場判断を超単純に考えると?

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿オフィスの編集室より 

上げ相場の定義は、
「高値、安値共に切り上げること」

下げ相場の定義は、
「高値、安値共に切り下げること」

という教えが、
随分と確立されてきたのは嬉しい限りです。

ただ、そう言いながら同時に、
移動平均線やその派生分析などの傾きで、 ...

” 待つこと ” の大切さ

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿オフィスのスタジオより

 
何事も辛抱強く待つ事は大切なことです。

果実の実が熟すのを待つ
であったり、
大切な友人と会うために待つ
とか、

サウナに籠って汗をかくまで待つ…
など人それぞれですが、

相場でも
チャンスを待つこと ...

扱いにくい大陽線や大陰線の調理方法

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿オフィスの編集室より

ローソク足に代表される
いわゆるチャートのバー1本1本には、
一般論となるそれぞれの意味がある・・・
と言われています。

本日のタイトルになっている
大陽線や大陰線は非常に威力がある1本
として理解されており、

ヒゲが有る場合と無い場合 ...

資金管理への一提案

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From実家の勉強部屋より

 
本日は実家の父親の面倒を見るために
平日にお休みをいただき、
このブログを実家で書いています。

ただ、ネット環境が壊滅しており、
時間通りにお送りできない可能性が高い
ことが今判明しました。
おそらく定時にアップすることは ...

大規模災害後で実際にあった市場の噂を教訓に

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿オフィスの撮影スタジオより

 
懸念されていた先週末の台風19号は
事前から警戒されていたように、
甚大な被害を広範囲にわたってもたらし、
現実の事となったのは残念です。

被災された方々には
心よりお見舞い申し上げます。

 
こん ...

ど真ん中は思い切って振り切ろう!

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 
新宿スタジオの編集室より

 
プロ野球はクライマックス戦も後半戦に入り、
セ・パ各リーグの優勝を賭けた対戦が始まります。

そのあと、各リーグの優勝チームは日本一を決める
日本シリーズへと突入してゆくわけですね。

 
ところで、
優秀 ...

安全運転の基本も「心」

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
昨日は久しぶりに平日にお休みをいただき、
運転免許の更新に行って来ました。
最寄りの警察署で簡単な講習を受けて
無事終了となりましたが、

当然ながら前回の更新から数年間、
改めて交通規則について学ぶ機会は
ぶっちゃけてしまえば皆無な訳で ...

「ダマシ」ってそもそも…

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より
〔この度も配信が遅くなりました、申し訳ありません〕

 
相場に取り組み始めて暫く経つと、
耳にするようになる「ダマシ」
という表現について、
皆さんはどのような理解をされていますか?

一般的には、
主にテクニカル指標が示す方向性と ...

え?「脱・移動平均線」ですって??

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より
〔公開が遅くなり、お詫びいたします〕

 
移動平均線はテクニカル分析の登竜門として
値強い人気があります。

著名な書籍やテクニカルを教える先生の中にも、
エントリーに始まりイグジットに至るまで
移動平均線で完結している場合も多くあります。 ...

天底のお話は一旦、これで打ち切りです

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
チャートに記されている、
1本1本のロウソク足や棒足は、
実際の価格変動が記された事実情報
というのが一般的な認識である一方、

足の期間が長くなればなるほど、
細かい値動きは省略されており、
その動きを確認するためには、
下位 ...

中華まん、肉かアンかは割ってみるまで判らない

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿オフィスの編集室より

 
相場格言で
「森を見て木を見よ」という言い回しがあり、
過去にも何度か触れたことがあります。

そのお話をもっと具体的にするため
ここ何回か連続して、
チャートの下位足で何を見るべきか?
について
私なりの見解を述べて ...

少しでも波に乗る確率を上げるために

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From新宿オフィスのスタジオより

 
相場でそれなりに収益を上げるためには
「トレンドに乗る」事が重要とされています。

ただトレンドは必ず終わり、
その後は反転するか、揉み合うかの
ステージに突入するわけですが、

例えば足1本で本当に反転するケースは
確かに皆無 ...

チャートに隠れた重要な情報を探そう

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From
自宅の寝室より
【本日も配信が遅れました、お詫びいたします】

 
つい最近のブログで、
相場の値動きを素直に記録した
チャートの足でさえも、

実は足の期間1本の中の情報は、
かなり省略されているのだ…
ということをお伝えしました。

& ...

ドルの価値判断にも流行がありそうです

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅のトレードデスクより

 
現在のドル円相場は1ドルに対して
106円前後となっているのは周知の事実です。

ここ数日、ニュースを賑わせている
ドル円相場ですが、
前日のレートより高ければ円安
低ければ円高と、
直近終値からの方向を示すのであれば ...

ローソク足の意味の意味

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 
新宿スタジオの編集デスクより

 
ローソク足は日本発、
という真実をご存知の方は多いかと
思います。

ローソク足のフォーメーションで
相場の転換点や予測を体系づけた教え
といえば、
「酒田五法」が有名です。

その著者とされる本間宗久 ...

情報強者であるハズの若者がなぜ??

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅のトレードデスクより

(公開が遅くなり申し訳ございません)

昨日8月1日付けのNHK「あさイチ」で、
投資商材のマルチ商法被害について
取り上げられていました。

商品が投資系でなければ、
注意もしていませんでしたが、

問題は学生など
若い年齢層に拡散している ...

チャート分析は横軸も大切に!

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の寝室より

《本日も少し遅くなりました、ごめんなさい(泣)》

皆さんが取り組む投資の中で、
やはり一番ポピュラーなものは、
相場取引かと思い、

その多くは取引のタイミングをうかがう、
いわゆる「投機」が、
どうしても主流になってきます。

  ...

資金10万円で250万円分の取引…の怪

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

<配信が遅くなりましたことをお詫びいたします>

 
投資に興味を持たれた方が、
比較的早い段階で耳にする言葉の中に、
「レバレッジ」
があると思います。

本日のタイトルにもあるように、
10万円の投資資金を預けるだけで、
250 ...

時代は繰り返すのですね

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅のトレードデスクより

 
世の中で使われる
ザックリしたアノマリー的な表現で
「時代は繰り返す」という
言い方があります。

進化論を唱えれば
時の流れを経ても
同じことを繰り返しているようでは
いけないわけですが…。

グローバルに ...

それって、ただ知らないだけです!

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅のトレードデスクより

 
Webの活用方法やPCの操作、
仕事などで使うのであればまだしも、
シニア世代を含め、
これまで日常で使う機会が無かった
方々にとって、

かなりの負担になるのは
恐らく事実でしょう。

逆に、
パッドを含め ...

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.