FX市場」タグアーカイブ

日曜深夜、突然FX市場…現る!!

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 某都内のトレードルームより

 
 
ご存じの通りFX市場は、
世界共通な通貨が取扱い銘柄なので、
まさに24時間、いつでもどこでも
誰もが同じ銘柄を取引できますが、

さすがに週末は世界的にお休みです。

 
一方、株式や商品、債券など、
その他の基本的な金融商品は概ね、
各国ごとに市場時間というものがあって、
国内特有の銘柄が取引できる一方で、

時間外取引の多くは、ある程度の制限が伴います。

 
ではFX市場がなぜ、そこまで自由なのか?

 
それは、FXは取引所を介さない、
相対取引市場だからともいえますが、

相対取引という点で今日は私の記憶に残る
面白い出来事をお話しします。

 
 
おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

ドル円相場がとうとう110円をしっかり割り込み、
株高に水を差しかねない状況です。

逆に、ここで株価が堪え切れれば、
まさにバブルの再来という流れも真実味を増します。
というのも、プラザ合意以降のあの超円高時代に、
日経平均株価の最高値を付けているわけですから、

円高=日本株安という今の常識は、
全く通用しない世界だったということですね。

 

取引したい人が集まればマーケット

 
世界の日にちが切り替わる日付変更線を過ぎて
最初に開くメジャーな金融市場は東京市場である
ことは皆さんもご存知だと思います。

 
毎週月曜日、東京市場が開く時間帯の時差
を計算してみますと、

ヨーロッパは日曜日の深夜あたり、
ニューヨークは日曜日の宵の口あたり
になります。

 
つまりこの時間帯では、世界中探しても、
アジアの一部しか市場が開いていませんから、
値動きが乏しいことでも有名な理由が分かりますね。

 
 
さて、ユーロという構想が動き始めて、
もうかれこれ20年近くが経過しようとしています。

ユーロの仕組みが正式に動き出すきっかけとなったのは
マーストリヒト条約ですが、

この条約を自国で受け入れるかどうかを巡って、
20年前はヨーロッパ各国が揺れ動く時代でもありました。

 
確か、いよいよフランスでその是非が問われる番になり、
国民投票の結果が、とある週末の日曜日の夜に判明する
ということが決まりました。

もし、フランスが批准を拒否することになれば、
ユーロ構想自体がとん挫する可能性が高かったことから
世界中の金融関係者がその結果に大注目していたのですが、

さすがに欧州時間で日曜日の夜ともなれば、
どこの金融市場も開いていないため、
急きょ、
為替市場を開こうという話が持ち上がったのです。

 
結局、
欧州時間では日曜日の夕方18:00前後、
米国時間では日曜日の正午過ぎとなる、

日本時間の月曜日早朝2時頃に、
全世界の金融機関が一同に会する臨時市場が立ち上がる
というかなり珍しい事態となり、

その場に私も立ち会うという貴重な体験をしたことを
今でも鮮明に覚えています。

 
このようにFX市場は、
取引を希望する参加者が多数集まれば、
いつでもどこでも市場が出来てしまうという
相対市場特有の自由さがあり、

FX取引がなぜここまで自由なのか
その理由の一部がお分かりいただけたと思います。

 

自由過ぎて分かりにくいFX市場開始時間

 
FX市場はこのように、
環境さえあれば、誰でもどこでも
自由に参入できることから、
逆に、各国FX市場の開始時間というものが
曖昧であることも事実です。

 
一般的には、取引所取引の代表格である
株式市場の開始時間に合わせる傾向がり、
この時間は概ね、
銀行など金融機関の窓口が開く時間とも一致します。

この理論で言えば東京のFX市場は、
09:00から15:00が市場時間ということになりますが、
チャートで為替相場を分析する場合、
この時間だけを見てもあまり意味を成しません。

 
その理由は既に述べてきたわけですが、
そんな為替市場も唯一、世界共通の区切りがあります。

それはニューヨーク時間の17:00で、
この時間は金融取引上の日付変更線になっています。

 
つまりこの時間を境に、
取引日が今日から明日に切り替わることになり、
FXでいうスワップ金利を始め、
国際的な金融取引の金利計算日が切り替わる
という訳です。

従って、為替相場を分析する際、
日足の始値、終値はこの時間を取るのが理に適っており、
そうすれば、一週間の日足が6本になるといった現象も
回避できることになります。

 
そのほか、
日本でいうところの「仲値決め」に相当する時間が
各国市場にも存在します。

こうした時間では、一部の注文が殺到する可能性が高く、
急に相場の方向が変わったり、相場の流れが加速した後、
時間が過ぎれば、
急に元に戻るといったような動きになりがちです。

 
超短期売買をされるにあたっては、
こうした時間の節目を知っておくことは
チャートを分析することよりも意義がある場合もありますから、

皆さんも是非、押さえておくと良いでしょう。

 
 
浅野敏郎

<<編集部よりおススメ>>

世の中に、
チャートの分析手法は星の数ほどあります。

これからFX取引を始めようと思い立ったとして、

FX相場はチャート分析が何よりも重要だと知り、
チャート分析手法を調べたまでは良かったものの、
その多さと複雑さに、絶望感を抱いてしまった…

というのが本音ではないでしょうか??

 
チャート分析手法で
最も一般的で有名な移動平均線ですが、

ゴルフのクラブで言えば、
5番アイアンといったところで、
一通り全てのクラブに通じるものが
これ1本で掴むことができます。

 
とはいってもゴルフでさえ最終的には、
14本のクラブを駆使するスポーツですし、
5番アイアンだけを究めれば、
それだけで十分ではありません。

しかし、

5番アイアンを究めておけば、
そのほかのクラブに応用できる思考回路が
身に付くのも事実です。

皆さんも先ずは
移動平均線をマスターして、
その他にも応用できる思考回路を身に付けませんか?

 
では、具体的にどんなことが学べるのか???

 
気になる方は
こちらの詳細ページでチェックしてみてください。
↓↓↓
http://toushi-school.net/page/?page_id=4656

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから
↓↓↓
https://toushi-gp.jp/line

プロが知っている黄金の魔法

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿オフィスの編集室より

 
先日、ニック先生の対面セミナーの収録に
行ってきました。

 
ニック先生の戦略の立て方は、
予め時間帯ごとの相場癖を
定点比較した分析レポートを元に、

現在の時間帯は、順張りと逆張りのどちらが有利か
という結果に従って、
実際の値動きに即した判断をしながら
相場に取り組むというスタイルです。

 
実はセミナーの休憩時間に、
ニック先生と相場について交わした、
テニスの例え話がツボにはまったので、
今日はその話について、私なりの考えをご紹介いたします。

そこで先ず、皆さんに問いたいことは、

「あなたは、プロのトレーダーが勝てる秘訣について、
「皆が知らない魔法のような術があると思いますか?」

 
 
おはようございます。
今週も金曜日がやって参りました。

関東の桜の季節が過ぎ去り、イースターも明けた今週の相場は、
概ねイメージ通り、反発する展開で終わりそうです。

イギリスの総選挙が今年6月8日に前倒しされることが決まり、
それがきっかけとなってユーロも巻き込んだ、
ポンドのショートカバーが先行しています。
かれこれ6か月近くも、
底値で揉み合ってきたこれらの通貨ですが、

現時点での個人的なイメージは、
比較的長い視点からも転換の可能性を感じています。

 

多くの投資家に共通する思考

 
ところで、言うまでもなくテニスには、
フォアハンド、バックハンド、サービス
の3種類の基本的な動作がありますが、

それぞれの動作にもさらに、
トップスピン、スライス、フラット、ドロップ
などのボールさばきがありますね。

 
基本的な動作がある程度一通りできれば、
確かに試合をすることは可能ですが、
それだけで試合に勝てるほど、
相手も甘くはないでしょう。

 
実際の試合になれば、
ボールはこちらから打つばかりではなく、
相手から返ってくるわけですし、
その球種や場所はいつも同じではありません。

 
つまり、
ボールの早さ、回転、着地点などに加えて、
コートの所在地や時々の天候などを考えれば、
生涯でたった1球でも、
全てが全く同じ条件のボールを打つことは
恐らく一度もないでしょうね。

 
専門的なことは抜きにしても、
こうしたスポーツの話であれば
「そんなことは当たり前!」だと、
きっと誰もが理解するでしょう。

 
しかし、いざトレードのことになると、
突然のように多くの投資家は、
この時はこうなるといった
「1対1」の黄金パターンを探し始め、

それさえ見つかれば絶対に儲かるはずだ…
という思考回路になるのは本当に不思議です。

 
 

魔法のような術を、強いて言うなら…

 
特に、
相場を始めようとしている方や初心者の方は、
相場のことが良く分からないがために、

プロのトレーダーが儲けられるのは、
自分が知らない、必ず勝てる黄金の魔法がある
と考えてしまうのは仕方ないかもしれません。

 
しかし、
私のツボをついたニック先生の話を代弁しますと、
ハッキリ申し上げて、
「そういった黄金の魔法は相場に存在しない」
ということです。

 
ニック先生の戦略の立て方も、
分析レポートこそ参照しますがそれは、
試合の相手の癖や特徴を予め調べたデータ帳と
同じ意味合いであって、

いざ実際の相場と向き合った時、
そのデータが通用しない値動きであれば、
直ぐに取り組むのではなく、

様子を見ながらそのチャンスを我慢して待つ
ことが基本になっているわけです。

 
従ってもし、
プロのトレーダーが持っている魔法があるとするなら、

相場は常に変化していることを知っていて、
今はダメでも時間が経てばチャンスは必ず来る
という事実も知っているからこそ、
自信をもって待てる…というスキルになりそうです。

 
 
恐らく本当のプロが皆さんに教えられることとして、

初心者に対しては、
正しいストロークや球種の打ち方や、
本人に合ったスタイルを見つけてあげることだったり、

中級者に対しては、
間違った打ち方や無理があるフォームを、
直すためのアドバイスをすることが、
正しい形だと思います。

 
何故なら、
一度も同じボールは来ないハズなのに、
たった一つの売買ルールで
全てが片付くかのような教えには
そもそも無理がありますからね。

 
どんなボールが、どこへ飛んでくるのか、
それに対処しながらコートで戦うのは皆さんであり、
練習で得た「対応の引き出しが多い方」が、
勝者に近づくのだと思っています。

 
やってはいけないルールだけはしっかり守り、
変な売買ルールに頼ろうとするメンタルだけは、
そろそろ終わりにしたいですね。

 
 
浅野敏郎

<<編集部よりおススメ>>

これだけやっていれば必ず儲かる…そんな甘い話はない
という事は分っていても、

何から始めて良いか分からない…という方は
恐らく多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ならば先ず、テニスで言えば、
フォアハンドのストロークから練習してみませんか?

 
相場の勉強としてフォアハンド並みに一般的なのは
何と言っても移動平均線分析でしょう。

 
だからと言ってテニスでも、
バックハンドが得意なプレーヤーや
サーブが得意なプレーヤーがいるように、

それから自分の得意なスタイルを見つけることは
十分に可能です。

今なら特別な価格で移動平均線を学べるチャンスです。
内容の詳細はこちらのページでご確認ください。
↓↓↓
http://toushi-school.net/page/?page_id=4656

 
★投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらからお願いいたします。
↓↓↓↓
https://toushi-gp.jp/line

利上げでドル売り!なぜでしょう?

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅のトレードデスクより

 
昨日3月16日の未明、
アメリカFRBは政策金利を0.25%引上げ、
目標の上限を1%まで拡大する
追加利上げを行いましたね。

 
3月の追加利上げ予想は当初、
トランプ新政権誕生から
間もない時期での利上げは難しい、
という見方だったものが、

ハト派で知られるFRB議長の発言が
利上げに対して肯定的なトーンになったことで
“いや、それもあり得る”と変化し、

好調な結果となった
3月10日のアメリカ雇用統計発表を受けて、
利上げの織り込み度はかなり進み、
FOMC前日の数値は何と、
95%を越える高い水準になっていました。

 
つまり、
利上げの実施は概ね決まっていた…
とも言えそうな状況でした。

問題はこうした事実をどのようにして
取引へつなげるべきだったか?

ということですが、
勿論100%という結論は、
相場のことですからあり得ない話ですが、
今日のブログが皆様にとって、
今後のヒントになればと思います。

 
 
おはようございます。
今週も、はや金曜日がやって参りました。

昨日16日の金融市場はイベント三昧でしたね。

 
早朝のFOMC発表に始まり、
オランダ選挙の開票、
そして昼には日銀の政策金利発表と

万が一の場合は、
想定外の大変動になる可能性もあっただけに、
結果としては、まずまず順当な内容となり、
先ずはホッとしている感じです。

 
来週の今頃は、
そろそろ日本の決算期末を意識するタイミングと、
次から次へと息つく暇はありません!

0+1=1にならないのが相場

 
ドルの金利が引き上げられたということは、
常識的にはドル買いとなりますが、
16日にFOMCが利上げを発表した以降の値動きは、
ご存知の通り、ドル売りが急伸しました。

 
そこで例えば、
ドルが買われる要因は1件につき+1
ドルが売られる理由は1件につき-1

ドル買いトレンドは+1、
ドル売りトレンドは-1
という形で、
市場の方向性を数値化してみるとします。

 
「最近のドルは強い」と言われながらも
このところのドル円相場は、
約2か月もの間、概ね112円から115円の間で
揉み合っていましたので
トレンドは「0」としましょう。

つまり、
利上げの+1にトレンドの0を足せば+1ですから、
普通なら「ドルはじり高」程度の値動きが順当ですね。

 
にもかかわらず、
結果は、-1以下にも相当する「急落」は、
想定外の動きだったと言えるかも知れません。

想定と事実が違った時にどうするかが重要

 
16日の下落要因は、
「市場が利上げを織り込み過ぎていた」
というコメントもあるようですが、

確かに、ドル高を見込んだドル買いポジションが
事前に積み上がっていたからこそ、
今回は「急落」を招いたのは事実だと思います。

 
しかしこればかりは、
事前に実態を把握することは極めて難しい話で、
蓋を開けてみて初めて分かるものです。

ですから、利上げの発表を受けた時点で、
「ドル円は上昇する」と想定したとしても
それ自体に問題は無いのです。

ただ、
「上がるべき相場が全く上がらない」
という展開になった時点で、

「これは想定と違った!」
ことに気づくべきで、

ということは
「ドル高を見込んだポジションが相当ある」

という判断に切り替えられさえすれば、
「想定が完全に崩れた下落相場」に対しても
対応できる可能性は十分あったと思います。

相場はファンダメンタルズ通りには動かない?

 
こんな言葉をよく耳にしますが、
昨日のFOMC以降の相場はまさしく、
これに該当するケースだったかもしれません。

 
相場変動と市場のポジションは
切っても切れない関係であることは
皆さんもご存知だと思いますが、

実はこうしたポジションをとった瞬間に、

いずれ反対売買をしなければいけない運命も
同時に背負うという事実を忘れずに
取引に臨んでみてはいかがでしょうか。

 
つまり、
ファンダメンタルズ分析そのものに
問題があるのではなく、

ファンダメンタルズ通りに取引しても
その通りに動かないということは、

既にその方向に対して
相当なポジションが積みあがっていて、
その多くは逆に、反対取引をするタイミングを、
探していたと考えるのが自然です。

 
あとは、そうした矛盾を冷静に感じ取り、
「自分が間違った!」
という判断に素直に従う勇気さえ持っていれば

ファンダメンタルズ分析を判断の軸にしても
必要以上に恐れることは無く、

結果的に間違った想定をしたおかげで、
次のアクションができた、
というケースも意外と多いものです。

 
 
浅野敏郎

<<<編集部よりおススメ>>>

3月16日のFOMC発表は
ドルの利上げだったにも関わらず、
ドル円相場は、短時間で大幅に下落しました。

自分ではどうすべきかも分からない急な動きでも、

この移動平均線大循環分析は、そのタイミングを
見事にとらえています。

このチャート分析の
正確な手法を学ぶにはどうすれ良いか?

是非、こちらの詳細ページでご確認ください。
詳細ページ

お隣さんと比べたくはありませんが…

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿オフィスのスタジオより

 
 
最近の世相として、
「人のことはあまり気にしない」
というポリシーを持った人が
昔よりも増えた気がしますけど、

 
「隣の芝生は青く見える」
という慣用句があるように、

自分のことを
客観的に判断しなければいけない場合、
身近な第三者と比較する方法しかない
ことがよくありますね。

「自分は歳より、老けて見えるのだろうか…?」

こんなテーマにも絶対的な尺度がないため、
日々世間の人々(実は私?)の悩みは尽きない…
のかもしれません。

 
今日はこんな観点で、チャート分析について
お話ししたいと思います。

 
 
おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

今夜はアメリカの雇用統計発表があります。
前哨戦とされるADP雇用統計は、
予想よりかなり良い結果発表になっており、
アメリカの利上げ期待が一段と高まっているようです。

ただ、
目先は既にある程度は織り込み済みですから、
そこそこ良い結果が出てきても、
過剰なドル高期待は危険かもしれない
というのが私の印象です。

 

チャートの足も先ず隣から

ローソク足を考えた場合、
陽線か陰線、上ヒゲか下ヒゲ、
そして、それぞれの長さによって、
ある程度の意味を持たせています。

例えば、

長い上ヒゲ陰線は下落のサイン
長い下ヒゲ陽線は上昇のサイン

だというのが一般的です。

 
どれも一理はあるのですが、
やはりその足1本だけで判断するのは、
本質ではないと個人的には思います!

 
とりあえずは先ず、チャートの足も
お隣さんとよく比較しましょうよ!

ということで、

・長い上ヒゲ陰線を最新足
・一本前の足が一般的な陽線

という比較を一つの例として
幾つかのケースを考えてみました。

 

ケースAは、一般的に反転シグナルとして
代表例に出される組み合わせです。

 
終値比較では既に一本前を割り込んでいますが、
「上値を切り上げ、下値も切り上げている」
この状態は、明らかに上昇相場が継続中です。

 
最新足が決まっていない状態ならなおさら、
陽線での終りを想像するだけで、
誰もが上昇継続を認識できますね。

 
つまり今直ぐに、
売りを仕掛ける根拠として個人的には不十分で、

逆に一本前の高値を、
もう一度上に抜けるタイミングがあれば
買いを考える方が順当に思えます。

 

ケースBは、
寄付きから一本前の終値を大きく割り込んでいますが、
一度は一本前の上値を試す動きもあり、
乱高下気味の揉み合い相場が継続しているだけです。

 
つまりこの状態では、
様子を見るのがベストのスタンスに見え、

少なくともケースAと同様に、
陰線上ヒゲが出現したからといって、
今直ぐに売りを持ち込む根拠は薄いと考えます。

 

ケースCは、Bが極端になった形で、
あまり見られない組み合わせだと思いますが、
株式の個別銘柄などでは、あり得るかもしれません。

一本前の陽線を既に否定した状態にあり、
一本前の安値を割り込んだタイミングで
売りのチャンスがあったかと思います。

AやBと比較して、最も弱気の組み合わせです。

 
ではAとBの違いは?というと、
最新足の安値が更新された時の意味合いにあります。

ケースAでは、最新足の安値を更新しても、
陰線が長くなる程度の解釈しかなく
特に状況は変わらない一方で、

ケースBは一本前の安値を
同時に割り込むことになりますから、
売りタイミングの候補になるでしょう。

 
いずれにしても結論としては、
陰線上ヒゲが出現したところで、

お隣さんとの比較次第で、
答えは三種三様であることが
お判りいただけたでしょうか。

 

念のために

 
このように、
絶対的な取引ルールの一つとして
上昇相場と下落相場の本質である、

上値下値の
切り上げが上昇相場、切り下げが下落相場

ということさえ理解しておけば、
足の形の名前や意味を
一つずつ覚える必要もない上に、

その形が出現したから売買するという
安易な行為で失敗するケースも
相当減ってくると思うのです。

 
一点だけ欲を言えば、
上位足や下位足も同時に確認したいですね。

というのも、
ケースAで下落に注意が必要なのは、
一本前の安値を割るタイミングというのは当然ですが、

 
例えば下位足が、このような値動きをしていたなら…

最新足の安値割れは特殊な意味を持ってきます。

そう、あの泣く子も黙る「三尊」の下値割れになり、
まさに売りのチャンスになり得ます。

 
実は相場格言にもあるように、
「森を見て木を見よ」という行動の優位性が
こんなところにも潜んでいるわけですね。

 
 
最後に、
「何かが出現したから、売買するという安易な行為」を
さっき否定したばかりなので、
少し補足を致しますと…

 
三尊の下値割れの意味が一番大きいのは、

暫く上昇相場が継続してきた場合であって、

 
 
例えば3本目以前が下落相場だったような場合は、

単なる調整の戻り相場が終わろうとしているだけ、
ということがお分かりいただけると思います。

 
ぜひ皆様も、
ある一つのパターンにとらわれず、
あるいは
それを探そうとするのではなく、

 
最新足を自分に例えて、
先ずはお隣さんと良く比較し、

ついでに、もっと周りとも良く比較した上で
総合的に今の自分を判断できれば、

 
「ダマシ」に遭う頻度も少なくなり、
判断の精度も上がるのではないでしょうか。

 
 
浅野

<<編集部よりおススメ>>

編集部の知り合いに、
一目均衡表に惚れ込んでいる投資家が
複数いらっしゃいます。

そんな方々が口を揃えておっしゃるには、
「もう、他の分析は必要ない!」
らしいのです。

 
一目均衡表の産みの親である
一目山人先生は原著の中で
「相場分析は、
いつ、幾らで、売るのか買うのか
が判らなければ、する意味はない」

とまで断言されています。

確かに、それが一目均衡表だけで判れば
十分かもしれません。

 
投資の学校きっての教え上手の小次郎講師から
そんな一目均衡表を是非、
学んでみてはいかがでしょうか。

その前に先ずは詳細なご案内をご覧ください。
↓↓↓
https://fx-school.net/lp/ichikoji-semi/sl201703/