BLOG

投資に役立つ
伝えたいことが毎日ある。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 投資の学校事務局のブログ
  4. 複利運用においての3つのポイント

複利運用においての3つのポイント

こんばんは!
投資の学校事務局の落合です。

投資を勉強したことのある人、
又は銀行で定期預金など利用したことのある方は、
「単利」と「複利」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

単利とは、
預けている金額のみに利息がつくものです。
       

一方で複利とは付いた利子にも金利がつきます。

儲かったお金を使わずに再投資することで
どんどん雪だるま式に増やしていくことが出来るのです。

この複利を利用した場合、
実際どのくらい利益が出るのでしょうか。

例えば1年間、
トレードスキルが身に付いた状態で自分で運用して、
安定して年間30%資金が増えたとします。

その場合、
年間30%稼ぐと言うことは1.3で
これを5年間繰り返すとなると、

1.3×1.3×1.3×1.3×1.3×=3.71

と、30%増を5回で3.71倍に
資金が増えることになります。

つまり、
5年間で資金は100万円が371万円にまで増えました。

複利運用の本質は、
このように投資で得たお金を雪だるま式に稼ぐことです。

安定して利益を稼ぐスキルやトレードの方法が分かってくると、
複利運用で狙いすまして
自分のお金を増やしていくことが出来ます。

では実際に複利でお金を増やしていくとして、
うまく複利を活用するために3つのポイントがあります。

まず1つ目に、
「早く始めること」

複利の効果は
時間をかければかけていくほど大きいです。

資金が少ないから…と足踏みしている方も、
早く始めておけばその分の複利はついていきます。

また、儲かったお金は使えないけれども
元のお金に組み込んで運用していくほど大きくなります。

生活費などに毎月少しずつ下ろしていくのはやむをえないですが、
稼いだら稼いだ分だけ全部使おうとすると、
複利の効果が発揮されず儲けを増やしていくことは難しくなります。

2つ目のポイントとして、
増えた利益は使わないで元本に組みなおすこと
が重要です。

最後に一番大事なことが、
複利で利益を大きくしていく場合には、
「大損や塩漬けは避ける」必要があります。

塩漬けとは、保有している銘柄が大幅に損失を出し、
「決済しようにもできない状態」のことです。

せっかく投資で安定して
利益を積み上げられるようになったとしても、
大きく損失を出してしまうと元本が使えなくなります。

そうなると
繰り返し利益の再投資ができなくなりますので
複利運用は不可能です。

そのため、複利運用していくうえで大切なことは
大損をしないこと、塩漬けは論外、
このようなスタンスでトレードすることを心がけましょう。

そうすれば自ずと
複利で資産が大きくなっています。

投資への第一歩を踏み出せていない人は、
まずは複利を利用して少しずつでも始めてみたらいかがでしょうか。

複利を上手に利用して
効率的に利益を狙いましょう!

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】INCLUSIVE(7078)
株価(終値):-
日付:12月7日
売買代金(千円):-

【2】第一三共(4568)
株価(終値):-
日付:12月7日
売買代金(千円):-

【3】スズキ(7269)
株価(終値):-
日付:12月7日
売買代金(千円):-

【4】マキタ(6586)
株価(終値):-
日付:12月7日
売買代金(千円):-

【5】AIINSIDE(4488)
株価(終値):-
日付:12月7日
売買代金(千円):-

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事