投資の学校事務局のブログ

【必見】今大注目のある”4銘柄”とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
投資の学校事務局の落合です。

あなたもご存知の通り、
2022年から、
投資環境がガラッと変わってしまいました。

というのも、
2021年までに行われていた、

・超低金利
・経済成長
・大金融緩和

これらを満たした
株高相場の根底が崩れ去り、
2022年は非常に乱高下が激しい相場になっています。

さらにそれだけではなく、
追い打ちをかけるように、

・ウクライナ問題

など、
地政学的リスクが発生し、
全く先が読めない、難しい時代になってしまいました。

安定的に上がる株は期待できず、
このタイミングで投資に手を出すことは
怖いと感じているかもしれませんが、

実はある銘柄に、
資金を投じた投資家は…

すでに、
ビックリするほど利益を生み出していますし、
「今後は当面これで行こう」という安堵感を得ているようです。

その銘柄こそ、
コモディティである

・金
・原油
・コーン
・大豆

の4銘柄です。

このように2022年1月、2月と
世界中が混乱に巻き込まれた相場タイミングでも、
コモディティは分かりやすいトレンドを作っています。

そのため、今投資をする上で、
コモディティのことが分からないというのは、
利益チャンスを見逃していることになり、今後大きな弱点です。

株も、為替も、
コモディティも、実はつながっているのですが、
日本人は「コモディティだけは圧倒的に苦手」
という不思議な思い込みを持っています。

ですが、
今は時代が変わりました。

主導権を完全に私たちに持ちながら、
利益チャンスが大きく狙える投資対象になったのです。

もし、0からコモディティを専門家から
しっかり学んでみたい、とご興味があれば、
是非江守先生のスタートアップ講座を覗いてみてください。

90分のオンラインセミナーで、
なぜいまコモディティが注目なのか、
そして売買のポイントを教えていただいてます!

まだご予約が済んでいない方は
こちらから登録してみてくださいね♪
https://toushi-gp.id/8h5

それでは、
本日の出来高急増銘柄のご紹介です。

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】ソフトバンクグループ(9984)
株価(終値):4,265
日付:3月15日
売買代金(千円):118,682,400

【2】住友鉱山(5713)
株価(終値):5,401
日付:3月15日
売買代金(千円):32,621,660

【3】神戸物産(3038)
株価(終値):-
日付:3月15日
売買代金(千円):-

【4】大平洋金属(5541)
株価(終値):-
日付:3月15日
売買代金(千円):-

【5】乾汽船(9308)
株価(終値):-
日付:3月15日
売買代金(千円):-

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントをどうぞ

CAPTCHA


個人情報の取り扱いに同意の上、「コメントを送信する」ボタンを押してください。