米国株は上昇ラリーが延長している!!

自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

やはり、米国株は強い・・・
しぶとい・・・とでもいいましょうか。

 
 米国株は引き続き上昇ラリーを延長し、緩やかな上昇ペースながら週末終値として
3週連続最高値更新となりました。週間の上昇率はダウ+1.17%、S&P500+0.89%、
ナスダック+0.77%でした。ナスダックは連続上昇を7週に伸ばし、そろそろ
反落もありえそうです。ただ、昨年末~年初にかけて10週続伸したこともありますのでご注意です。

 
引き続き、米中協議のニュースが相場を動かしており、一時は合意なき場合は関税引き上げや
農産物を巡って協議難航しているとの報道で下げる場面もあったものの、先週15日(金)に
政府・経済アドバイザーが合意は近いとコメントすると大幅高となりました。
ダウはこの日初めて2万8千ドル台に乗せ、ナスダックとS&P500も過去最高値を更新しました。

 
チャートは高値を回復してから少し横に這っていましたが、金曜に窓を開けて
寄り付くと高値引けし、上抜けから一段高態勢に入ろうかという極めて重要なポイントですね!

 
今週の展望としては、、
 
米中の合意期待から米国株は一段ギアを上げた形で終えており、週明けの
日本市場がそれを織り込んでいくかに注目します。
 
そして、日経新聞社の最終集計によると、3月決算期の上場企業1,712社の中間決算は、
売上高が+1.0%増の313.8兆円、純利益は▲13.6%減の16.7兆円となりました。
通期予想は、売上▲0.1%減の641.3兆円、純利益▲6.8%減の30.6兆円となっています。
 
ソフトバンクの特殊な大幅減益を別にすれば、やはり電機、自動車、石油、化学が
減益幅の上位となっており、製造業を中心に逆風が吹いた様子です。ただ、株価は
バブル後最高値に迫ってきており、米中合意が無事達成され、中国経済の回復とともに
製造業も回復すると見込んでいる様子ととれます。
 
ただし、香港や中国の株価にそのような強気は見られません。このあたりの回復シナリオの
成否が今後のポイントと思いますが、回復が見込めるとしても来年以降の話であり、
年内は期待先行で年末ラリーというシナリオもありえると思います。
 
以上が、ざっくりとした今週の展望となります。
最近は乱高下が激しい相場となっていますので

経済ニュースなどにもアンテナを張り巡らせて
頑張っていきましょう!!

 
―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>
コレを知らずに投資で安定利益を積み上げるのは難しいでしょう。
すべての投資家が売買テクニックを学ぶ前に学ぶべき、
相場の教養を今すぐ受け取ってください。
詳細はこちらをクリック

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.