トレーリング」タグアーカイブ

移動平均線と生兵法

浅野敏郎

「投資の学校」浅野 敏郎
From 自宅のトレードルームより

 
生兵法は大けがの元

中途半端な知識、経験、技術で、
うぬぼれた挑戦をすると、大けがをするぞ!

という意味になりますが、
相場取引に例えれば、

インターネットやムック本に羅列されているような、
小手先の取引手法を鵜呑みにして取引すると、
そのうち大金を失うぞ!

といったところでしょうか。
ちなみに「兵法」は「びょうほう」と読むのが
正しいのだそうです。

 
初心者の方々が特に陥りやすい問題は、
簡単なチャート分析の売買シグナルで、
本当に取引をしてしまうことです。

確かに、過去のチャートに沿って
もっともらしい説明を見聞きすれば、

「ほんまや~!」
ってことになるわけですが…。

そんな単純なことで収益にできるのなら
誰も損を出すことは無いですね。

 
今日は、アメリカ大統領選の開票から
その後に至る荒かった値動きを例に、
生兵法で大けがをする可能性があったことを
指摘したいと思います。

 
 
おはようございます。
今週も金曜日がやって参りました。

次期アメリカ大統領が決まった後も、
ドル高の流れが止まりません。

高値警戒感が出始めている匂いは漂うものの、
経済指標などで強い結果が出るたびに、
警戒感は打ち消され、上値を切り上げる展開です。

ここから買いで参入するのは
しんどい話になりそうですが、
皆さんは、もう既にこの流れに乗れていて、
利食いのチャンスを狙っている状況であることを
願っています。

 

取引会社の解説目的

あなたは、その分析方法の情報を
どこから学びましたか??

誰が書いたかもわからないブログや、
いかがわしい会社サイトの解説ならまだしも、

大手の証券会社やFX会社の
チャート解説ならまともなハズだ、
と思っていませんか?

 
実はこうした取引会社にとっても、
投資家に取引してもらえなければ、
収益にならないのが本音ですから、

詳しく説明した結果、
「なんだか複雑だなあ…」
と思われて取引を敬遠されてしまうよりも、

簡単な記述によって、
「自分にもできそう!」
と思ってもらった方がマシ、
となってしまう傾向は避けられないでしょう。

※すべてがこの通りだという意味ではありません。

 

移動平均線の売買シグナル

チャートによっては、
最初から表示されている移動平均線は、
チャート分析の基本になっていますが、

ゴールデンクロス(GC)
デッドクロス(DC)

という売買シグナルは余りに有名です。

 
そこで、
日本時間11月9日のドル円相場を例に、

こうした売買シグナルが、
あとから見ればどのように見え、
当日の乱高下ではどのように見えたのか
簡単に比較してみましょう。

 
ただし、移動平均線に関する見方や考え方は、
人それぞれであって、
この比較が当てはまらない場合があることを
先に申し上げておきます。

 

これは、5日と20日の移動平均線を表示させた
11月16日16:00頃時点のドル円チャートです。
大統領選開票から6日が経過したのですが、
以降の上昇は、現時点でも非常に強いですね。

 
2本の移動平均線を良く見ると、
開票日の9日にはしっかりとGCになっています。

理論的には、10日の始値である
105.67で買うことになりますが、
今回は、ここからでも十分な上昇を見せており、

本当に買っていれば、
既に4円以上の収益が上がっている状況です。

 
しかし実際問題として、
前日9日の大暴落で101円台を見た翌日の寄付きで、
しかも底値から4円も高い105.67を、
躊躇なく買えるかといえば、非常に疑問です。

 
ところが、
その後も更に4円以上も上昇するようなチャートを
後から見れば、
「それでも買わないと、その後の値幅も取れない」
などと、強気な発言はいくらでも言えますね。

 
恐らく、もう少し経てばそんな話も
本当に出てくると予想しておきましょう。

 
 
一方で、9日当日の相場はどんな展開だったか。

当日の5日移動平均線は、
既に決まっている過去4日分の終値と、
9日当日の現在値で平均を出します。

したがって、当日の価格が上下すると、
当日の5日移動平均線も値動きに合わせて動き、
終値が決まった瞬間にその値で固定されます。

 
下の表は、過去4日間の終値と、
9日の4本値時点の5日移動平均値を示します。


9日始値105.16での5日移動平均は104.17となり、
20日移動平均104.16と概ね同値です。

 
ということは、
20日移動平均値を仮に動かないとすれば、
9日の相場が105.16以下で推移する限り、
ひとつ前のデッドクロスが継続され、

下落するほどに
ロウソク足は強烈な陰線になっていくといった、
下の図のような推移を見せるわけですね。

 
このような状況の中で、
移動平均線の単純な売買シグナルだけでは、
売る根拠はあっても、

105.17以下の価格を買うこと自体、
あり得ない話になります。

 
ということは、
デッドクロスは売り
という生兵法だけでは、
結果的にけがをする(損失を出す)
可能性が十分あったことになります。

 
しかし、もしあなたが、
移動平均線や相場の見方について、
もう少し深い理解があったとしたら…

自信をもって
10日の始値を買っていけたかもしれませんし、
もっと下の、
102円台や103円台を買えていた可能性も
決して否定はできません。

 
なぜなら冷静に考えれば、

そもそも移動平均値は平均価格である以上、
その価格から余りに逸脱した相場は
売られ過ぎや買われ過ぎの状態にある
と言えます。

つまり、
安値101.19での5日移動平均値が103.38と、
2円以上離れていたことを考えると、

・明らかに売られ過ぎていた状態であり
・下落に対して平均値の反応が鈍い

ことから、
小額であれば、底値から反転し始めたどこかで
買いを入れてみるという行動も
十分可能だったと思います。

 
 
浅野敏郎

 
<<編集部よりおススメ>>

「投資の学校」メイン講師の小次郎講師は、
テクニカル分析の専門家で、
中でも移動平均線分析は得意分野の一つです。

・移動平均線の分析精度をもっと上げたい
・移動平均線の本質を理解して大きなトレンドを取りたい

そのために、
移動平均線をマスターする教えがここにあります。
<<詳細ページはこちらから>>

 
是非一度お読みいただき、
移動平均線をマスターするために必要なポイントを
ご確認ください。

 

一夜で2000万円の収益

浅野敏郎

「投資の学校」浅野 敏郎
From 途中下車した武蔵小杉のダイニングより

 
損小利大
相場取引ではキーワードになるこの言葉。

意味はご存知の通り、

損失は小さい内に留め、
収益はなるべく大きく狙う。

相場で収益を上げるための鉄則
ともいうべき教えではありますが、
実行するとなると、
なかなか判断は難しいという話を
しばしば耳にします。

 
社会人としての私の歴史は、
外為取引の仲介業務から始まっていますが、

日常の業務として行っていた
ポジションの対処方法に、
実は損小利大への大きなヒントが隠れている
ような気がします。

 
考え方としてはきっと、
皆さんのお役に立てるかと思いましたので、
今日は、私の実務経験から得た
損小利大
の典型的なケースをお話ししましょう。

 
 
おはようございます。

今週も、はや金曜日がやって参りました。
各地から初雪の知らせが届くようになり、
季節らしくなってきましたね。

空気も乾燥してきていますので、
風邪など引かないようご留意ください。

外国為替の仲介業務という仕事

 
業務の内容は、
外国為替市場の参加者だった金融機関に対し、
主に電話で売買取引レートを伝えることで、
金融機関の外国為替業務をサポートしつつ、

取引が発生した際には、
この取引レートに対して直接注文を出してもらい、
取引を成立させていく、といった業務です。

 
業界ではこの業務の従事者を
外為ブローカーといいますが、
バブルが崩壊するまでは、

金融ブローカー
不動産ブローカー

といえば、悪徳業者の代名詞的な側面があり、
当時の私としては
「外為ブローカー」という職業を
あまり胸を張って名乗れない、
後ろめたさがあったことを覚えています。

 
ところが!!!

「投資の学校」メイン講師の御一人である
矢口先生のセミナーに参加された方なら、
ご存知の方も多いと思いますが、

先生にとっての相場の入り口も、
実は同じ外国為替の仲介業務だった
ということを知り、

今更ながら、かつての自分の職業を、
少し誇らしく思えています。

 

損失ポジションは即切り

 
実際に取引できる売買レートを肉声で伝える仕事を
現代の取引システムに置き換えて言うなら、

ティックの表示を
人間が読み上げていたようなものです。
(ティック…刻々と変わる最新の売買レート)

売買レートといっても、
各レートにひもづく取引額は千差万別で、

荒れた相場では、
僅か300万ドルの指値に対して、
2000万ドルの成り行きが殺到する…
といった事態はよくあることでした。

ましてや、一社で20人近いブローカーが、
一つのレートに対して、
一斉に取引を持ち込む状態が、
長時間に渡って続くわけですから、

誰が幾らで、どれだけ取引を成立させ、
誰のどんな取引が不成立に終わったかを、
完璧に把握するには限界があります。

こうして発生する誤差は、
ブローカーのポジションになりました。

 
ではそんな時、
ブローカーはどんな対処をするか…。

損失額に関わらず、
ネクストベスト・カット
つまり、
次の指値注文で必ず損切を実行します。

それが例え、
5万円の損失
30万円の損失
200万円の損失
につながることになっても、です。

 
今考えるとこのルールは
取引の損失を最小に留める唯一の対処法です。
なぜなら、

例えば急落相場で、
ブローカーがロング※でシコっている…
ということは同時に、
(※ロング…売り決済が残っているポジション)

市場全体には
その数十倍のロングが溜まっている可能性があります。

つまり、相場はさらに下落しやすい状態にあるため、
待てば待つほど損失が広がる可能性も高く、
いち早くその状態から脱出することが
損失を最小にすることになるからです。

 
もちろん、いち早く損切りすれば、
今後の取引にすぐ集中できるため、
メンタル的な対処
という意味合いも強かったのだと思います。

 

ヒョウタンからコマは大切に

 
一方で、
非常に稀なケースではありましたが、
発覚した時点で既に幸運なポジションになっている
という場合もありました。

 
そんな時はどうするか…。

 
場合によっては相場が反転するまで、
相場の動きに合わせて決済レートを動かし、
ポジションを持ち続けることもありました。

今思えば、
この対処法はまさにトレーリングであり、
有利なポジションを安全に利大へ導く、
現実的な方法だったわけですね。

 
この方法で私が経験した、最も効率の高かった収益は、
あるドル円の取引が、
僅か一夜にして2000万円の収益になったことです。

1000万ドルのポジションが、
一夜で2円動いたことによる結果であり、
一般投資家が
簡単に取り扱えるポジション額ではありません。

 
しかし、やったことといえば、
不眠不休でトレーリングし続けたわけでもなく、

最初に決めた水準に決済用の逆指値注文を入れ、
50銭の変動ごとに注文の水準を動かすよう
グループ会社へ依頼しただけで、
後は相場に任せただけに過ぎません。

 
 
本日ご紹介した
2つの典型的なケースはともに、

何の分析もせず、
何の苦悩もせず、

単純に
ポジションが発覚した時点で、
損失なら損切り、
収益なら可能性を伸ばそうとした
だけです。

 
もちろん、
収益側のストーリーには、
調整相場が無く途中で決済にならなかった
というラッキーがあり、

損切側のストーリーには、
底値で損切るというアンラッキーも
多々ありました。

しかし、
将来の値動きは誰にも分らないとすれば、
ラッキーもアンラッキーも相場のうち
ということになります。

 
もし皆さんが取引をする場合は、
自分から取引を開始するわけですから、
損切りの値幅も自分で決められます。

ですから、ブローカーのように
発覚するまでは
損失額を予定できない取引を損切るより、
確実に損小が可能で、
間違った取引は直ぐに手仕舞うことができます。

 
そして、
相場を分析する力が身に付けば、
方向が一致した時だけチャレンジするなど、
ラッキーだけに頼らない利大の可能性も
拡げることができるはずだと思うのです。

 
 
浅野敏郎

 
P.S.
外為ブローカーとしても、
私の大先輩である矢口新先生ですが、
先生直筆の著書「相場の21の心得集」は、
もうお読みになりましたか?

↓↓お買い求めはこちらから↓↓
矢口新 著「相場の21の心得集」を購入する

今日のブログでも取り上げた損切については、
この心得集第8話「損切りの徹底」にも、
また違う切り口で掲載されています。

第8話に限らずこの心得集は、
ある程度相場経験をお持ちの
特に中級者の方々が壁にぶつかった際に、
きっと心強い味方になってくれると思います。

投資の学校でしか手に入らない
矢口新 著「相場の21の心得集」を、
是非お手元に置かれてみてはいかがでしょうか。

↓↓お買い求めはこちらから↓↓
矢口新 著「相場の21の心得集」を購入する