水上紀行のブログ

マーケット心理を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。
投資の学校プレミアム講師の水上紀行です。

儲け損なう恐怖から自分自身を煽りたてることは、
結構あるものだと思います。

最初は、自分を思いとどまらせようと思うものの、
相場が思った方向への進行を早めるともう我慢しきれなくなって、
相場に飛び込んでしまうものです。

しかし、いったん飛び込んでみて、
いったい今持ったポジションはどこで利食うのかと自問してみると、
結構近い水準だったり、特にイメージしていなかったりします。

マーケット参加者の多くが、
同じような心理でいることが多いと言えます。

たとえば、ドル高円安相場だとマーケットが思っている時に、
海外時間にドル高が進行すると、多くのマーケット参加者が、
儲け損なう恐怖から買い急いでしまいがちです。

特に、前日ロングにしていて振り落とされて、
翌日再び買いが強まると、もういてもたってもいられなくなり、
思わず買いで相場に飛び込んでしまいがちです。

そういったマーケット参加者が多いと、
皆ほぼ同時に買うため、多少相場は上がりますが、
それ以上のフォローはなく、マーケットがロングになった分、逆に下がりやすくなります。

このように、相場に対するマーケットのコンセンサスが取れている時は、
短時間に同方向のポジションが積み上がってしまいがちなため、
逆に皆が望まない方向に相場が動いてしまうことが起きやすくなりますので、
マーケットの大勢が今どういう心理状態にいるのかを読むことが大切です。

<講師プロフィール>
水上紀行(みずかみ のりゆき)
バーニャマーケットフォーカスト代表。

1978年三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。

1983年よりロンドンや東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。
東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かせる。

1995年より外資系銀行において為替ディーラー及び外国為替部長などの要職を経て、
現在は、外国為替ストラテジストとして雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍中

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】ソフトバンクグループ(9984)
株価(終値):6,112
日付:10月28日
売買代金(千円):363,955,400

【2】ソフトバンク(9434)
株価(終値):1,548
日付:10月28日
売買代金(千円):211,547,000

【3】日本郵政(6178)
株価(終値):880
日付:10月28日
売買代金(千円):183,779,200

【4】三菱商事(8058)
株価(終値):3,564
日付:10月28日
売買代金(千円):122,282,400

【5】東京エレクトロン(8035)
株価(終値):52,450
日付:10月28日
売買代金(千円):109,671,700

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

投資の学校無料メルマガ

投資の学校プレミアムの無料メルマガは、メールだけでなく、無料オンライン動画講座などが受け取れるサービスです。
まずは、メルマガに登録して、投資家としての一歩をスタートしましょう。

詳細はこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA