投資の学校事務局のブログ

経済と相場はどのように関係しているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは!
投資の学校事務局の落合です。

これから株やFXで利益を上げたい!という話と
日本経済が今どのような方向に動いているのかという話は
ご存知の通り密接に関係しています。

私自身、経済についてはお恥ずかしながら疎くて
ファンダメンタルズは苦手意識があるのですが、
投資の学校の先生方のお話しを聞いていると
経済についてもしっかり学ぶ必要があると痛感しました。

今回はどのように経済と相場がかかわってくるのか、
そして何を見れば判断できるのか少し勉強しましたので
こちらのメールを借りてまとめたいと思います。

先輩投資家の方にとっては基礎的な話になると思いますが、
復習も兼ねて是非読んでみてください(^^)/

まず経済を理解しようとするときに

・一般家庭
・会社
・政府

この3つの立場を覚えておかなければなりません。

なぜならこの3つの立場が連携して絡み合いながら
経済が作られているからです。

一般家庭というと、
まさに私たちのことを指しますが
多くの人が会社に勤めて仕事をしているかと思います。

仕事の内容はいろいろありますが、
労働することで会社は対価として
お給料を一般家庭の私たちに支払いますね。

そして政府は私たち一般家庭から、
様々な税金を受け取ります。

(2年前に新卒で就職してからこんなにも税金がとられるのかと
 給与明細を見て震えました(-_-;))

その税金を使って私たちに消防署や学校や病院、図書館など
道路などの公共サービスを提供したり、
年金として私たちの暮らしをよりよくする活動をします。

基本的にはこのような形で
3つの立場がそれぞれお金が物やサービスを交換し合いながら
便利な暮らしが実現していき豊かに生活する仕組みになっていますが、
この全体が経済活動と呼ばれています。

ここまでの話は、至極当然の話ですが、
ここからさらに掘り下げると経済と相場の話がつながってきます。

以前もFI通信のメルマガで紹介した
「経済指標」については覚えていますか?

経済指標とは一般家庭が物を買って消費する傾向は強くなっているのか、
弱くなっているのかなど、数字で確認すると
その国の経済状況が分かるというのものです。

例えば日本経済の現状と相場との関係が深いものの1つとして
貿易が挙げられます。

貿易というと、輸出と輸入ですが日本は島国だということもあり、
貿易が赤字になっているのか黒字なのか、
非常に重要なポイントです。

貿易収支が赤字であるということは実需の「円売り需要」が大きく、
黒字になれば実需の「円買い需要」が多いことを示しますから、
貿易収支がどの方向に向かっているかといった
トレンドとその理由を把握することは非常に重要なのです。

貿易収支というと一般の生活をしていると全く馴染みがないので
初めて聞いたときは何のことだと思いましたが、
要は日本の輸出額と輸入額の関係が黒字なのか赤字なのかということを示しています。

輸出>輸入=「貿易黒字」=円高要因
輸出<輸入=「貿易赤字」=円安要因

このように、黒字か赤字かで
為替が円高傾向に動くかどうかわかってきます。

そしてこの輸入額や輸出額などといった金額は
財務省のホームページや直近の貿易統計を確認するページがありますので
一度自分で確認するといいかもしれません。
https://www.customs.go.jp/toukei/info/index.htm

また、今回は貿易収支を1つ例にご紹介しましたが、
海外のニュースを収集している矢口新先生にもっと詳しく経済と相場の関係性について
学びたいという方はこちらから学んでみてください。
https://toushi-gp.jp/lst/yj-semi/op/wolf/?utm_source=fi&utm_medium=social&utm_campaign=yjsemi&utm_content=cta1&afid=fi-yjeasy

それでは本日の
出来高急増銘柄のご紹介です。

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】ダイキン工業(6367)
株価(終値):25,280
日付:11月5日
売買代金(千円):35,716,670

【2】レノバ(9519)
株価(終値):-
日付:11月5日
売買代金(千円):-

【3】JFEホールディングス(5411)
株価(終値):-
日付:11月5日
売買代金(千円):-

【4】伊藤忠(8001)
株価(終値):-
日付:11月5日
売買代金(千円):-

【5】三井松島HLDGS(1518)
株価(終値):-
日付:11月5日
売買代金(千円):-

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA