2021年3月

矢口新のブログ

相場はギャンブルではない

From 矢口新 例えば、投機家2人が、売り手と買い手に分かれて勝負するとする。 この場合、気力や忍耐力に上回ったほうが勝つことになる。 具体的に言うと、ポジションを長く保有したほうが勝つのだ。 相手がポジションを持ち続 […]

矢口新のブログ

個人が投資をする目的とは

From 矢口新 2020年3月からのコロナ対策をきっかけに、 日米共に新規に株式投資を始める人々が急増した。 市場に新規参入者が急増すると、 少なくとも一時的にはこれまでの手法が通用しなくなるようなことが起きる。 実例 […]

浅野敏郎のブログ

損切貧乏要因1…リスクリワードの盲点

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎 From 自宅の書斎より   ストップロス(損切)とは本来、ロス(損失)を限定するのが目的で、 例えば一夜にして大暴落や大暴騰が起きて損失方向へ急変動した際、それ以上の損失が出ないように […]

矢口新のブログ

流動性による「重さ・軽さ」

売買金額が市場にどれくらいの影響を与えるかは、 ほとんどの人にはイメージできないことと思う。 そこで、大手金融機関のディーラーなどは自分で大量に売ったり買ったりすることで、 該当金融商品の流動性に応じて、価格がどれくらい […]

浅野敏郎のブログ

ストップロスとハサミは使い様

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎 From 自宅の書斎より   相場が思惑通りに進まずに、反対方向へ行っている状況で、 ポジションに対して何の根拠も持ち合わせていなかったとすると、 目の前で減り続ける含み益あるいは、含み […]

矢口新のブログ

矢口流:相場の分析方法

From 矢口新 市場価格の分析には、大きく分けてファンダメンタルズ分析とテクニカル分析とがある。 どちらが重要かと聞かれることがあるが、どちらも重要だが、使い方を間違えないようにとお答えしている。 まずは両者の違いをし […]

矢口新のブログ

話題の相場操縦と仕組み

From 矢口新 最近、「相場操縦」を行ったとの嫌疑で、 某社の役員が逮捕されたと報道されました。 米国でもレディットというSNSに集った個人投資家が、 ロビンフッドというスマホ証券で特定の銘柄を売買していることが、 相 […]

浅野敏郎のブログ

ポンド円強し!実像は円弱しなのだが…

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎 From 自宅の書斎より 先週はクロス円の中でも 高いボラティリティで人気が高い ポンド円の現状把握をしたあと、 独断的な見通しについて 個人的な相場観をお伝えしました。 円安の方は、 目線を円高 […]

浅野敏郎のブログ

ポンド円の現状把握…独断的ですが(汗)

「投資の学校」浅野敏郎 From 自宅の書斎より   先週記事の末尾にある コメント欄にも書きましたが、 先週のブログを配信した当日、 株価や為替が相対的に調整色を強め 日経平均は一時的に29,000円台を割り […]