水上紀行のブログ

(水上紀行)相場の天底

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。
投資の学校プレミアム講師の水上紀行です。

「相場の天底は、人智では推し量れないもの」
とされます。

私自身の経験からすると、
次のような時が天底になることが多いように思っています。

天井の場合、上げが止まらず、どこまで上げるのかが見えなくなった時、
底の場合は、下げが止まらず、どこまで下がるのかわからなくった時です。

こうした先が見えない状況は、
アゲンスト(不利)のポジションを持っているマーケット参加者にとっては、
恐怖を感じる時であり、
やむなくポジションを投げるのを決意する瞬間だと思います。

このことは、自分ひとりが感じるだけではなく、
多くのマーケット参加者がほぼ同時に同様の恐怖を感じることになり、
ロスカットが集中することになります。

そして、ロスカットが集中したことで、
アゲンストのポジションが急速に解消します。

ロスカットの集中によって、マーケットには下げを取ろうとするショート筋、
あるいは上げを取ろうとしたロング筋ばかりが残るため、
反転する力を持つことになります。

したがい、天底が見えなくなった時が、
天底になると見ておいて良いように思います。

また、天井付近で新規に売りたい、
あるいは底のあたりで買いたいという願望はあると思われます。

しかし、それこそ、
「相場の天底は、人智では推し量れないもの」ですので、
あまり高値売り、安値買いに固執しないことが良いように思います。

<講師プロフィール>
水上紀行(みずかみ のりゆき)
バーニャマーケットフォーカスト代表。

1978年三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。

1983年よりロンドンや東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。
東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かせる。

1995年より外資系銀行において為替ディーラー及び外国為替部長などの要職を経て、
現在は、外国為替ストラテジストとして雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍中

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】レーザーテック(6920)
株価(終値):23,900
日付:1月28日
売買代金(千円):247,845,800

【2】信越化学(4063)
株価(終値):18,995
日付:1月28日
売買代金(千円):49,225,740

【3】アドバンテスト(6857)
株価(終値):9,170
日付:1月28日
売買代金(千円):42,102,560

【4】富士通(6702)
株価(終値):15,165
日付:1月28日
売買代金(千円):33,276,920

【5】キャノン(7751)
株価(終値):2,694
日付:1月28日
売買代金(千円):20,980,850

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

投資の学校無料メルマガ

投資の学校プレミアムの無料メルマガは、メールだけでなく、無料オンライン動画講座などが受け取れるサービスです。
まずは、メルマガに登録して、投資家としての一歩をスタートしましょう。

詳細はこちら

コメントをどうぞ

CAPTCHA


個人情報の取り扱いに同意の上、「コメントを送信する」ボタンを押してください。