水上紀行のブログ

(水上紀行)最注目通貨ペアをトレードする 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。
投資の学校プレミアム講師の水上です。

マーケットが最も注目している通貨ペアは、
もちろん一番先頭をきって動き、
ともすると乗り遅れてしまいがちです。

そうすると、往々にして、
出遅れている通貨ペアを探し、
それに乗ろうとするものです。

しかし、注目通貨ペアには、注目されるだけの理由があるのと同様に、
出遅れている通貨ペアにも、出遅れるだけの理由があるわけで、
やはり、儲けようとするのであれば、注目通貨ペアに乗ることが大事です。

ただ、注目通貨ペアに乗るマーケット参加者が多い分、
いろいろな思惑で、相場に参加しており、

中には、相場のコレクション(調整)狙いで、
他のマーケット参加者のポジションを振り落としにかかる者もいます。

特に、注目通貨ペアの場合、
基本的には、一方向に相場が進行する
トレンド相場にいる場合が一般的です。

確かに、トレンド相場は一方向に進みますが、
一日の中では、トレンド方向に進み、
コレクション(調整)に入り、余分なポジションが振り落とされ、
そして再びトレンド方向に進むというのが普通です。

ですから、相場に入るタイミングを間違えると、
たとえば、上昇相場であれば、高値を掴んでロングになってしまい、
コレクションの振り落としで投げさせられ、
ポジションがスクエア(ノーポジ)になるとまた上がるという、
うまくトレードを回転できずに苦しい思いをすることがあります。

ですので、
まずいサイクルからトレードを良いサイクルに切り替えることが必要で、

そのためには、ひとつは、いったんポジションを閉じ、
再エントリーのチャンスを狙うか、

そうでなければ、苦しい局面があっても、
グッとこらえてそれを乗り切ることも、
あまりお勧めはしませんが、選択肢としてはあります。

トレンド相場では、離陸のタイミング、
つまりポジションメイクの時、そして着陸のタイミング、
つまりポジションクローズの時が重要です。

<講師プロフィール>

水上紀行(みずかみ のりゆき)
バーニャマーケットフォーカスト代表。

1978年三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。

1983年よりロンドンや東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。
東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かせる。

1995年より外資系銀行において為替ディーラー及び外国為替部長などの要職を経て、
現在は、外国為替ストラテジストとして雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍中

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】任天堂(7974)
株価(終値):58,180
日付:2月4日
売買代金(千円):98,908,180

【2】資生堂(4911)
株価(終値):6,154
日付:2月4日
売買代金(千円):29,461,530

【3】メルカリ(4385)
株価(終値):3,810
日付:2月4日
売買代金(千円):27,023,770

【4】花王(4452)
株価(終値):5,366
日付:2月4日
売買代金(千円):26,390,390

【5】三井物産(8031)
株価(終値):2,962
日付:2月4日
売買代金(千円):25,966,640

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントをどうぞ

CAPTCHA


個人情報の取り扱いに同意の上、「コメントを送信する」ボタンを押してください。