水上紀行のブログ

(水上紀行)下がったら買い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。
投資の学校プレミアム講師の水上紀行です。

「下がったら買い」は、
特に、ドル/円の上昇トレンド時の
トレーディング手法です。

押し目買いとも、
Buy on dipsとも言います。

やることは実に簡単なことで、
下がったら新規に買いから入るというものです。

一見、一本調子で上がっているように見える上昇トレンドの相場も、
よく見てみると、買い上げてロングになると、
そのロングの調整から下げる局面があります。

下げることで、
ある程度ロングのポジションが減ると
再び上昇を再開するというサイクルを描くのが、
上昇トレンドでは、一般的です。

したがって、
まず買いから相場に入る時に気をつけなければならないことは、
高値掴み、つまり熱くなって高いところを買わないことです。

買うべきところは、
マーケットが高値を掴んでロングになってしまい、
投げに下げてきたところです。

下げてきたところをよくひきつけて買って、
ロングを作るというのが、
結構有効に働きます。

持ったロングポジションは、
利が乗れば利食って、次の下げを待つという方法もありますし、
長期に持つという方法もあります。

しかし、上げてロングになって重くなり、
ロングが投げに下げて、そしてまた上がるというサイクルは、
上昇トレンドが続く限り、基本的には繰り返されますので、

下がったら買って利が乗れば利食って、
また下げを待つというほうが、良いのではないかと、
個人的には思います。

<講師プロフィール>

水上紀行(みずかみ のりゆき)
バーニャマーケットフォーカスト代表。

1978年三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。

1983年よりロンドンや東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。
東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かせる。

1995年より外資系銀行において為替ディーラー及び外国為替部長などの要職を経て、
現在は、外国為替ストラテジストとして雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍中

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】JFEホールディングス(5411)
株価(終値):1,700
日付:2月9日
売買代金(千円):49,846,530

【2】シマノ(7309)
株価(終値):30,350
日付:2月9日
売買代金(千円):38,928,630

【3】日産自動車(7201)
株価(終値):627
日付:2月9日
売買代金(千円):24,231,900

【4】住友鉱山(5713)
株価(終値):5,493
日付:2月9日
売買代金(千円):23,044,850

【5】AGC(5201)
株価(終値):-
日付:2月9日
売買代金(千円):-

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2万5000部売れている話題の投資本



既に7刷重版・韓国でも翻訳出版されている、
投資の学校代表・髙橋慶行が著書の人気の投資本はご存知ですか?


これまで投資の学校で講師を務めてきた

・小次郎講師
・矢口新先生
・戸松信博先生
・平野朋之先生
・ニコラス・グールド先生

このような先生方と正しい投資教育を届けるべく、
誰よりも近い距離で学んできた高橋代表だからこそ知っている知識を
余すことなく書かれています。


例えば、一冊で下記のことが学べます。

第1章:
投資1年目から投資家マインドを身に着けるための6か条

第2章:
投資1年目から「安定投資家になるための6か条」

第3章:
投資1年目から利益を出すための9か条

第4章:
投資1年目から大損しないための8か条

第5章:
投資1年目から知っておきたい相場の仕組み5か条

下記サイトから購入すると、
ここでしか手に入らないスペシャルな特典動画もついてきます。

特典付きで書籍を購入する。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


個人情報の取り扱いに同意の上、「コメントを送信する」ボタンを押してください。