水上紀行のブログ

(水上紀行)なぜ「かもしれない」で取引してしまうのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。
水上紀行です。

あなたは、
「かもしれない」でポジションを張ってしまって
痛い目に遭ったことはありませんか?

どうして「かもしれない」という不確実な状態で
ポジションを張ってしまうのか、
この点について、お話したいと思います。

不確実な状態でポジションを思わず張ってしまうのは、
それは「儲け損なう恐怖」という心理が働くからです。

トレーディングは、いろいろな局面での
「自分の欲望と恐怖との闘い」ですが、
中でもこの「儲け損なう恐怖」が、一番タチが悪いと言えます。

私自身の経験からも、もし、ここでポジションを張らないと、
大きな収益チャンスを逃してしまうという焦りからポジションを張って、
良い結果になったことはほとんどありません。


「儲け損なう恐怖」
は、
その恐怖に追い立てられて見境なく流れに乗ろうとしがちですので、
マーケットエントリーするタイミングが
本来入るべきタイミングより早めになるだけでなく、
全く方向を見誤らせることもあります。

特に、レンジ相場では、レンジブレイクするかもしれないという魔手に、
思わず引き込まれてしまうような局面があり、
特にこの「儲け損なう恐怖」に、十分注意する必要があります。

私自身も実践していますが、ポジションを張る時に、
これは「儲け損なう恐怖」から張ろうとしていないかを
自問自答されると良いと思います。

<講師プロフィール>
水上紀行(みずかみ のりゆき)
バーニャマーケットフォーカスト代表。

1978年三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。

1983年よりロンドンや東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。
東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かせる。

1995年より外資系銀行において為替ディーラー及び外国為替部長などの要職を経て、
現在は、外国為替ストラテジストとして雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍中

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】マネックスグループ(8698)
株価(終値):705
日付:3月24日
売買代金(千円):28,306,020

【2】東芝(6502)
株価(終値):4,761
日付:3月24日
売買代金(千円):18,176,480

【3】FOOD&LIFECOMPAN(3563)
株価(終値):-
日付:3月24日
売買代金(千円):-

【4】三井不動産(8801)
株価(終値):-
日付:3月24日
売買代金(千円):-

【5】ヤマハ発動機(7272)
株価(終値):-
日付:3月24日
売買代金(千円):-

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントをどうぞ

CAPTCHA


個人情報の取り扱いに同意の上、「コメントを送信する」ボタンを押してください。