水上紀行のブログ

(水上紀行)超大口ロスカットが出るタイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは、
水上紀行です。

マーケットで生きていくための、
生活の知恵のようなものをご紹介します。

マーケットには、ビッグプレーヤーと呼ばれる、
超大口のポジションを持っている人たちがいます。

しかし、彼らとて人の子、
相場観が外れることも、当然あります。

そうした時、自分が間違っていると悟れば、
さっさと手仕舞おうとします。

しかし、ここで問題は、ポジションが大き過ぎるため、
十分な流動性(交換のしやすさ)がある時間帯に、
いっきにポジションを手仕舞う必要があります。

その十分な流動性がある時間帯とは…

三大マーケットと呼ばれる東京、
ロンドン、ニューヨークのオープン直後です。

この時間帯は、マーケットがオープンしたばかりですので、
相場自体に厚みがあり、
また元気があります。

そこを狙って、怒涛の売りなり買いなりをしてきますので、
いくらマーケットが厚い時間帯と言っても、
急落あるいは急騰をします。

したがい、三大マーケットの寄り付き直後に、
このような急激な動きをするようでしたら、
ああ、ビッグプレーヤーの損切りが出ているなと見て、
まず間違いはありません。

こうした超大口のロスカットをしている最中は、
どこまで上がるか、あるいはどこまで下がるかはわかりませんので、
押し目買い、戻り売りは危険です。

また、超大口のロスカットが出そうな時は、
マーケットが急に静かになったりするなど予兆がありますので、
なにかおかしいと感じたら、
様子を見るほうがよろしいかと思います。

<講師プロフィール>
水上紀行(みずかみ のりゆき)
バーニャマーケットフォーカスト代表。

1978年三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。

1983年よりロンドンや東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。
東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かせる。

1995年より外資系銀行において為替ディーラー及び外国為替部長などの要職を経て、
現在は、外国為替ストラテジストとして雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12万人以上が学んだ
投資の英知を無料で体験できます



僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

結果として2021年現在では累計13万人以上の方に講座を体験していただき、
大変多くの勝ち組投資家が誕生しています。

ここに、日本トップクラス…
いえ、世界でも有数の「投資の教養」があることは
手前味噌ながら自信があります。

僕自身も、これまで投資の学校を運営してきた中で、一流の投資家から大変多くの教養を学びました。

そこで投資の学校代表として一番間近で一流の投資家の先生方から学んだ投資の教養を、1人でも多くの個人投資家に届けるためYoutubeで動画を投稿しています。



例えば下記のような動画をご覧いただけます。

・元金10万円スタートでも「億越え」は可能!?お金が驚くほど増える「投資の真の魅力」を教えます!

・【利益率がUPする?】投資の取引記録の付け方とツールのプレゼント

・【稼げる投資の時間帯】一日中パソコンに張り付かなくていいFX投資の時間割!副業FXや株式投資のスキマ時間の効率的な時間帯選びとは!

・【完全版】日本株の個別銘柄で、これから上昇する銘柄を見つける方法

・【永久保存版】初心者が投資で儲かるために覚えておくべき「トレンド」を利益にするための注意点、鉄則とは。

どれも10分ほどで学べる内容になりますので、通勤時間や寝る前のちょっとした時間にご覧ください。

Youtubeで見る(無料)

コメント

  1. 伊東純 より:

    なるほど、隠したところで、行動は数字に表れるですね・・・
    ベトコンの銃でアメリカ軍機を撃墜する話を思い出してしまいました。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


個人情報の取り扱いに同意の上、「コメントを送信する」ボタンを押してください。