水上紀行のブログ

(水上紀行)Greenwich(グリニッチ)ってどんなところ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは、
水上紀行です。

Greenwich、
あなたはご存知でしょうか?

ここは、
私がニューヨークに駐在していた時に住んでいたところで、

ロンドンにあるグリニッチ天文台ではなく、
米国のコネチカット州のグリニッチという町です。

ニューヨークのマンハッタンから、
電車で1時間ぐらいのところでしたが、
本当に自然に包まれた素晴らしい町でした。

結構なお金持ちも住んでいて、
例えば…

歌手のダイアナ・ロスとか、
プロテニスプレーヤーのレンドルも住んでいました。

また、この町一帯に、
トレーディングルームを構えている米系ファンドも多く、
大手のファンドなどは、美しい港のそばに、3階建ぐらいのオフィスを構え、
トレーダー達は、ヨットで通勤していました。

また、良いか悪いかは別にして、
相場の世界で歴史的にも名前が残ったところでは、
世界を震撼とさせたLTCM(ロングターム・キャピタル・マネジメント)のオフィスや、
あのリーマンショックで有名を馳せたリーマンブラザーズの会長の
リチャード・ファルド氏の自宅があったのも、この町でした。

町の中央から程なくしたところにある通り沿いには、
大金持ちが済むお城のような家々が、
ゆったりとした間隔であり、これは圧巻でした。

この町に住んでみて思ったのは、米国は移動するには広すぎるため、
住んでいる町に、町民のためのプライベートビーチやゴルフ場にテニスコート、
そして少し車を走らせればスキー場など、
楽しもうと思うものは一通りなんでもあるということでした。

この辺は、ロンドンのように、
スイスに行くにもイタリアに行くにも2時間のフライトで行けるので
旅行には魅力的でしたが、年間を通して天気がすぐれないところとは違い、
天気が良く、日々の生活の中で、楽しむことが一杯あって、
これはこれで大変満足でした。

<講師プロフィール>
水上紀行(みずかみ のりゆき)
バーニャマーケットフォーカスト代表。

1978年三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。

1983年よりロンドンや東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。
東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かせる。

1995年より外資系銀行において為替ディーラー及び外国為替部長などの要職を経て、
現在は、外国為替ストラテジストとして雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

リスク時代に必ず覚えておくべき、
ある投資商品とは






ズバリ、2022年以降は、
「リスクの時代」となります。


今回のセミナーでは、
ウクライナ問題や、米国FBRの利上げ、金融引き締めなど、
乱高下がしやすいリスク時代の2022年相場に対して、


相場歴30年以上の江守哲先生が、
厳選した4銘柄と、その攻略法について、
わかりやすく解説させていただきます。


さらに、初心者の方でも、利益を獲得するための、
江守哲先生の「4銘柄攻略のためのオリジナルツール」を
ご利用いただくための特別案内も、
セミナー参加者限定で、公開させていただきます。




■■■こんな方におすすめ!■■■
・株やFXに取り組んでいるが結果が出ない。
・パソコンを持っていない人
・相場のおおきな動きに怖くて投資ができない。
・コモディティを学んでみたいけれど、学ぶ場所がない。




■■■無料講座で分かること■■■
・なぜ、株やFXよりもコモディティ投資の方が勝ちやすいのか。
・プロが注目している今の相場におすすめの4銘柄が分かる。
・グロース株よりもバリュー株よりも魅力的な銘柄とは
・リスクを抑える江守流のコモディティ投資手法とは

コメントをどうぞ

CAPTCHA


個人情報の取り扱いに同意の上、「コメントを送信する」ボタンを押してください。