高橋慶行のブログ

日経平均はどこまで下がるか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

下がるなら下がるだけ利益にしたい
という方はこちらの無料講座をご覧ください。
https://toushi-gp.id/sg6w
※既にご登録済みの方にもご案内しております。

 

こんばんは、
投資の学校の高橋です。

信用倍率という言葉を知っていますか?

信用取引で買い持ちしている投資家と、
信用取引で売り持ちしている投資家の割合を、
計算した指標なのですが、

信用倍率が高い=買い持ちが多い

ということになります。

これが何か?

と、
思うかもしれませんが、
実はコレ大変重要です。

なぜ大事なのかというと、
信用取引で買い持ちをしている投資家には、

・大きな資金で運用するプロ
・経験豊富な熟練者

なども多い訳ですが、
彼らの多くは6か月以内に決済をしなければならない、

という、
信用取引のルールを守らないとならないからです。

買い持ちしている投資家が多いということは、
言い換えると、近々売らないとならない投資家が多い、
ということです。

ですから、
信用倍率が高いというのは、
近々、急落する可能性が高いという1つの指標になります。

このように、
覚えておくだけで役立つという知識は、

特に「下げ」という側面では多く、
ぜひ、この機会に無料で学んでいただきたいのです。

他にも、

・月20万円を株式投資で狙う「ロードマップ」とは

・ウルトラファーストな投資スタイルの答えとは

・下げ専門の特別なプロジェクトとは

・なぜ今、下げ特化型の投資法に優位性があるのか

・下げを教えてくれる秘密のアプリとは

・信用取引を楽しく分かりやすく理解する

・空売りを楽しく分かりやすく理解する

・信用取引と空売りのリスクを理解する

・空売りに最適な銘柄を知る

・国の制度を活用した高勝率な投資法とは

・増担保規制銘柄の攻略法

・増担保規制銘柄の探し方と具体的な活用法

・機関投資家の空売りを読む方法

・月20万円を稼ぐための急落狙いの投資法

・急落銘柄で利益を狙うアプリの活用法

全て無料なのですが、
期間限定となります。

興味があるようでしたら、
終了する前にご覧ください。
https://toushi-gp.id/sg6w

本日は以上です、
ご覧頂き、ありがとうございました。

投資の学校

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントをどうぞ

CAPTCHA


個人情報の取り扱いに同意の上、「コメントを送信する」ボタンを押してください。