小次郎講師のブログ

あんな医者、信じられない!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小次郎講師
妻が料理をしている自宅のリビングより

 

『あんな医者、信じられない!!』

そう思わずにはいられませんー

あなたは、
こんな医者がいたら信じられますか??
===============================

 
そう、身体の調子が悪く病院に行き、
診察室に入り、私の顔をみるやいなや・・・

 

信じられないような言葉が飛んできました

 

「あ~あなたの顔色を見るかぎり、
 私の経験では、あなたは風邪でしょう。
 だから、薬はこれを飲んでおいてください」

まだ、診断も何もしていないのに、、、
まだ、身体の調子のことを一言も言っていないのに、、、

 
あなたは、
こんな医者がいたら信じられますか?

 
とてもじゃないですが、
信じられませんよね。

 
その理由は、
診断する前に
処方をしているからです。

 
この話はフィクションですが、
実は多くの方がトレードで
この医者と同じようなことをしています。

診断する前に処方をしている
 

どういうことかというと、
トレードで利益を上げるためには、

 
「価格変動」が
重要なポイントになってくるのは
お分かりになるでしょうか?

 
なぜなら、
この価格変動がなければ
損失もありませんが、利益も出ません。

 
つまり、価格変動が起こるから
利益も出るわけですが、

 
この「価格変動」は
なぜ起こるのでしょうか?

 
その理由は、
買い勢力が強ければ、価格はどんどん上がっていき、
売り勢力が強ければ、価格はどんどん下がっていく。

実にシンプルですね。

 
この買い勢力と売り勢力のバランスが崩れた方に
「価格が動く」わけです。

ということならば、
どこでバランスが崩れるかを知ることが出来れば、

今現在、
買い勢力が強いのか、弱いのか、
売り勢力が強いのか、弱いのか

そして、
今後どこまで価格が動いたら、
そのバランスが崩れるのかをすぐに判断できるわけです。

そして、バランスが崩れると、
トレンドが発生し、大きく利益を出すことが出来るわけです。

 
しかし、世間で出回っている
「買いサイン」「売りサイン」通りに売買しているのに、

「買いサイン」が出て買ったら、すぐに価格が下がった。
「売りサイン」が出て買ったら、すぐに価格が上がった。
なぜ、こんなことが起こってしまうのでしょうか?

実は売買サインの多くは
トレンドのあるときしか通用しないものなんです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 
もう一度言います。

買いサイン、売りサインは、
トレンドが出てる局面でしか通用しないことが多々あるのです。

相場はトレンドだけではありませんよね?
トレンド3割、もみあい7割という中、

 
このもみあい相場をいかに活用するかが、
利益の大きさに密接に影響するのです。

 
ということは、
まず、私たちが初めに行うことは、

 
・今の相場の現状がトレンドがある状態なのか?
 もみあい相場なのか?

これを見極める必要があるのです。
=================================

一見、トレンドに似ているような局面でも、
実はトレンドでないことが、プロの目から見ると多いんです。

このトレンドの診断力こそが、
生涯利益の大き差に左右するのです。

 
そして、現状の相場状況を分析する上で、
究極といっても過言でないチャート分析が一目均衡表。

 
なぜ、究極なのか?

 
それは、「ある1本の線」を見るだけで、
今トレンドがあるのか? 
もみあいなのか?がすぐにわかる優れもの。

 
これが、東洋の神秘とよばれ
日本を代表する究極のチャート分析「一目均衡表」の魅力です^^

さらに、一目均衡表は、
◎トレンド相場の時の使い方
◎もみあい相場の時の使い方

このように、
相場状況別の使い方があるのです。

さて話をはじめると、
数カ月以上かかってしまう濃い内容なので割愛しますが、

1日で一目均衡表を実践レベルまで習得していただくコース。

あと3名だそうですが、
こちらが募集されるそうですよ^^

<編集部のオススメ>

<編集部のオススメ>

相場の現在を正しく診断し、
相場の未来を手に取るように予測できる
日本発・究極のチャート分析術

小次郎講師から直接、
一目均衡表を実践レベルまで学べる機会は
今後予定はありませんー

残り3名となりますが、
詳細はこちらをご覧ください。
↓↓↓
https://fx-school.net/lp/ichikoji-semi/sl201703/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA