なぜ日経平均は2万円を越えられないのか

From:戸松信博
自宅のデスクより、、、

 
おはようございます
戸松信博です。

 
もしかしたら、
初めましての方もいらっしゃるかもしれませんので、
ご挨拶させていただきます。

 
昨年より、投資の学校さんにて、
おもに株式投資家の方向けに、

 
「相場サイクルマスタープログラム」

 
というプログラムを
提供させていただいております。

 
手前味噌で恐縮ですが、
ご好評いただいており
とてもうれしく思っております。

 
今回は、私自身も
株式情報の配信やファンドの運営など、
現在も株式運用のプロとしても
活動していることから、

 
現在の日本株市場について、
少しお話しさせていただきます。

 
==============
今はバブル前夜の様相です!
この特殊な状況の要因がお分かりになるでしょうか?
==============

 
株式市場、予想通りに絶好調ですね!

2万円を越えそうで越えない日経平均だけを見ていると
少し見方が異なるかもしれませんが・・・

米国のナスダック、S&P500は史上最高値を更新!

ドイツのDAX、イギリスのFTSE100といった欧州の主要指数
も史上最高値を更新!

アジアを見てもインドのSENSEX指数も史上最高値を更新!

香港ハンセン指数、台湾加権指数、韓国総合指数も年初来
高値を更新!

日本を見ても、日経平均は2万円を越えらていませんが、
東証マザーズ指数やジャスダック指数は年初来高値を更新
しています。

これって凄くありませんか?
今はまさにバブル前夜の様相だと思います。

そして、この強力な株価上昇の最大の要因が皆さんには
お分かりになるでしょうか?

それは世界的な異常とも言えるほどの低金利状況が背景に
あります。日本は異次元の金融緩和を継続しており、欧州
中央銀行は5月のユーロ圏総合景況指数が6年振りの高水準
となっているのに、量的緩和を続けています。

結果として、米国を中心に世界的に景気は回復傾向にある
のに、数年前と比較するととんでもない低金利状態になっ
ているのです。

たとえば、ユーロ安の恩恵を受けて輸出が絶好調のドイツの
長期金利を見ると2013年は2%近くあったものが、現在は
0.325%。一時はPIIGSの1つとして、危機も懸念されたイタリア
も、2011年は7%以上あった長期金利(ちなみに2014年前半
でも3%以上あった)ですら2.080%です。

これに対し、米国の長期金利は2.247%・・・

日本は日銀がイールドカーブコントロールを行っている
ので0.032%。

イタリアの国債よりも米国の国債利回りが高いのです。
一般的には信用がある国の国債の方が利回りは低くなります。

たとえば、アルゼンチンの長期金利は5.953%だし、
ギリシャは5.851%です。

つまり、欧州や日本は異常な低金利に抑えられている一方、
米国もその余波を受けて、景気は好調なのに実質的な低金利
状態が続いてるわけです。

たとえば、イタリアと米国の国債を比較しての米国債の方が
利回りが高ければ資金はやはり米国の国債に流れ込みやすい
ですよね。そして米国債に資金が流れ、債券価格は上昇し、
利回りは低下しているわけです。

世界的な低金利状況が景気をじわじわと改善させ、
流動性の向上で株価が上がっている・・・

これが現在の世界の株価が史上最高値や年初来高値を次々と
更新している背景です。

ではどうして、日経平均だけが2万円をなかなか越えられ
ないのか・・・

これは次回にお話ししようと思います。

 
==============

 
もったいぶった言い回しで
恐縮ですが、

 
「どうして、日経平均だけが2万円をなかなか越えられ
ないのか・・・」

 
「このまま日経平均は2万円を越えられないのか?」

 
このことについて
考えてみてください。

 
おそらくこのブログをご覧のあなたは
一般的な投資家の方よりも
勉強熱心だと思いますので、

 
あなたなりの見解がおありだと
思います。

 
株式投資家として、
生涯成績を飛躍するためには、

 
こういったことを
あなた自身で考え、
実際の投資へ反映させる力が不可欠です。

 
戸松からの宿題、
チャレンジしてみてください。

 
私なりの考えを来週
お伝えいたします。

 
それでは、またお会いしましょう。

 
 

<編集部からのオススメ>

実は利益を伸ばすのはもちろん、
「負けない」ためにも全てのトレーダーにとっての
必須科目が「売りの技術」です。

「利益の最大化」と共に、
リスクヘッジとしても活用できる

まさに一石二鳥の
小次郎講師流・売りの技術はコチラ

https://fx-school.net/lp/karauri201702/

 

<投資の学校・LINE@登録募集中!>
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿



6 thoughts on “なぜ日経平均は2万円を越えられないのか

  1. rakuraku

    戸松先生ありがとうございます。
    来週の答え合わせ楽しみに待っています。

    返信
    1. 信博戸松 投稿作成者

      rakuraku さん

      コメントありがとうございます。

      rakurakuさんのように、ご自身でもお考えになられるのが
      投資家として成功する秘訣だと思います。
      頑張ってくださいませ!

      来週のブログ、お待ちください。

      返信
  2. ひいたん

    なぜ、2万円超えられないのか?投資家心理?ぐらいしか思いつかないながら、最近ずっと考えていただことで、戸松先生取り上げていただきありがとうございます。

    返信
    1. 信博戸松 投稿作成者

      ひいたん さま

      コメントありがとうございます。
      やはりお考えになりますよね。
      来週は私なりの考えをコメントさせていただきますので、
      ご参考にしてくださればとてもうれしいです。

      返信
    1. 信博戸松 投稿作成者

      まさです さん

      コメントありがとうございます。
      来週に私の考えを書かせていただきますので、
      ぜひそちらもお読みくださいませ。

      返信

コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.