3連休明けの日本株市場

From:戸松 信博
自宅のデスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
昨日は体育の日で祝日でしたので、
3連休を過ごされた方が
たくさんいらっしゃると思います。

 
また今日からお仕事という方も、
ぜひこちらのブログをご覧いただき
今週の投資戦略を考えていきましょう。

 
早速、今週の相場見通しについて
お話していきましょう。

 
今週のテーマは、
「日経平均は5日連続で年初来高値を更新」です。

 

日経平均は5日連続で年初来高値を更新

 
shisei_man_good

米国株の最高値更新の波に乗り、
先週の日経平均は5日連続で年初来高値を更新しました。
終値は20,690円で4週続伸、週間の上げ幅は334円でした。

 
一段高となった金曜日の騰落上位業種は、
非鉄金属、保険、銀行、その他製品(任天堂)、
不動産、海運、鉱業、輸送用機器、証券の順で、
景気敏感な業種が揃っています。

 
株価指数や経済指標が数年ぶり、
十年以上ぶりなどの
記録ラッシュとなっているのは米国だけでありません。

 
日本の東証二部指数は
1969年算出開始以来の最高値を更新し、
同様に小型株指数であるTOPIX Smallは
1993年以来の高値を取ってきました。

 
こうなると日経平均の
アベノミクス開始以来の高値更新も
時間の問題という所でしょう。

 

そして、
今週の相場見通しについては、

 
日経平均は5日全てギャップアップして寄り付き、
終値は全て年初来高値を更新して続伸したものの、
後半3日間は日中に下げ、陰線で終えています。
高く寄ってから売りに押されている格好です。

 
逆に言えば、
まだ全員が上昇で間違いなしと見ていないため、
バブルに程遠い段階と思います。

 
今の懐疑派が見方を変え、
全員買いの相場になるところから、
ようやく怒涛の上昇が始まるのではないかと見ています。

 

このような相場見通しを参考に、
自分なりの投資戦略を立てて
ルール通りに売買をすることが最も大切なことです。

 
どんなに一生懸命相場を研究し、
戦略を練り上げたとしても
それを守ることができなければ
意味がありません。

 
ご存知の通り、
相場の世界において
100%勝てる戦略、手法はありません。

 
勝てるときもあれば
負けることも当然あります。

 
戦略で負けてしまったときは、
戦略が合わなかったということで
また新しい戦略を考えればいいのです。

 
しかし、
もしもメンタルで負けてしまい
戦略通りの売買ができずに負けてしまったとしたら
それはとても勿体ないことです。

 
だからこそ、
私が皆さんにお伝えしたいのは
戦略で負けてもメンタルでは負けない、ということです。

 
ぜひ、自分なりの戦略を立てることができたら
その戦略通りに売買をやることを
強く意識して相場に臨んでください。

 
それでは、
今週も頑張っていきましょう!

 
ありがとうございました。

 

―戸松 信博

 

<編集部のおすすめ>

トレードとは確率のビジネスです。
勝つこともあれば負けることもある。

目の前の勝ち負けに一喜一憂せずに、
小さな勝ち負けを繰り返しながら、
“トータルで利益を上げる”ことが大切です。

つまり、負けた時の損失を最小限に抑え、
収益をできるだけ最大化する、
いわゆる、「損小利大」のトレードの実現がキモとなるのですが…

「損小利大」のトレードを実現するために欠かせないのが
正しい資金管理を徹底することです。

もしあなたが、「損小利大」のトレードを実現するための
資金管理術を知らないのであれば、こちらをご覧ください。

詳細はこちらをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細はこちら

最近の投稿



コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.