主要株価3指数が高値更新

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
先日16日(土)は、
投資の学校さんの大忘年会に参加させて頂きました!

 
今回、私自身は初めて参加させていただいたのですが、
本当に貪欲に学ぶ姿勢を持ち、
真面目で熱心な投資家の皆さんと直接お話することができ、
本当に楽しい時間を過ごすことができました!(^^)!

 
オンライン講座が多いこともあり、
私のプログラムにずっと参加してくれている人でも、
忘年会で初めてお会いした方が多く、

 
先生と直接お話をすることができてうれしいです!
という声も掛けていただきました。

 
また皆さんと直接交流できる機会があることを
楽しみにしています!!

 

さて、いよいよ今年も残り2週間を切りましたが、
先週の米国の株式市場では、主要株価3指数である
ニューヨークダウ、ナスダック、S&P500が
揃って最高値を更新しました。

 
2017年は、世界的な金融相場の中で
各国の株価指数は次々と年初来高値を更新しています。

 
そして今、皆さんが気になっているのは
年末に向けて相場はどうなっていくのか、
2018年はどんな相場になるか、ということでしょう。

 
そこで今日のブログでは、
2017年の世界的な好景気の中心である
米国の直近相場について分析していき、
今後の相場見通しを考えていきます。

 

3指数は揃って最高値フィニッシュ

 
shisei_man_good

 
【週間騰落率】
ドル(対主要通貨加重平均) +0.03% (93.93)
株 (S&P500指数)     +0.92% (2,675.81)
商品 (CRB総合指数)    -0.27% (184.52)
金(ニューヨーク先物)   +0.73% ($1,257.50)
原油(WTI)        -0.10% ($57.30)
債券(米10年債利回り)   -3bpts (2.35%)

 
先週の米国株も大型減税法案成立を前に堅調で、
15日(金)の主要株価3指数は揃って
日足ベースでも過去最高値を更新して終わりました。

 
週間の上昇幅は、ダウ+1.33%、S&P500+0.92%、
ナスダック+1.41%でした。ナスダックが3週ぶりに上昇し、
このところ他の指数に劣後していたからか、大きく反発しました。

 
FOMCは予想通り0.25%の利上げ、
そして来年の3回という利上げペース見通しも従来通りでした。
今後の減税法案の決定、インフラ投資策などを待たないと
見通しを変える訳に行かないでしょう。

 
ナスダックの高値更新は11月28日以来となり、
週末終値ベースでも3週ぶりに最高値となります。
一方、S&P500とダウは週末ベースで4週連続最高値です。

 
半導体株も反発し、ナスダックの上昇を支えました。
木曜までのナスダックはやはり見劣りする様子だったのですが、
金曜に他の指数を圧倒する大きな上昇となりました。

 
FAAMG銘柄ではマイクロソフト(MSFT)が
一足先に高値ラインを上にブレークアウトしたところです。
他はまだ最高値にまで戻しておりません。

 
そして、このところ買われてきた金融株が、
先週は小幅に反落となりました。長期金利も僅かに下げています。
ただし、金曜の金融株は大きく上昇、
そして12年3月以来の強い伸びを示した
11月小売統計をうけ、小売株も好調でした。

 

今年も残りわずかとなりましたが、
いつ、どんなニュースが出てくるか分かりませんし、
株価に変化が現れるか分かりませんので、

 
最後まで気を抜かずに
しっかりと相場に注目をしていきましょう。

 
それでは、また来週お会いしましょう!

 

―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

今、日本をはじめ世界中で
株高となっていますが、
これはいつまで続くのか…。

さまざまな情報が錯綜するなか、
相場の教養がない投資家というのは
それらの情報に振り回され、相場で右往左往…。

本当に勝てる一流の投資家とは、
自分で相場を読み解き、
自分で戦略を構築して
狙い澄まして利益を上げることができる人。

そのための土台となる
「本物の相場の教養」は
ここから手に入れることができます。

詳細はこちらをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細はこちら

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.