戸松信博のブログ

2017年の総括&2018年の見通しについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:戸松信博
自宅のデスクより、、、

 
おはようございます、
戸松信博です。

 
今年の9月より、
投資の学校さんで毎週火曜日の日刊ブログを
担当させていただいておりますが、
今日の記事が2017年も最後の記事となります。

 
ここで少し、2017年の株価の流れを
振り返ってみたいと思いますが、
日本株は概ね堅調な相場展開だったと言えます。

 
これは世界経済全体が好調な状況であり、
その流れに乗って日本株も堅調に上昇しました。

 
今年も29日(金)の大納会まで
あと4日間となりましたが、
欧米ではすでにクリスマス休暇となり、
薄商いとなっています。

 
それでも、
年末はもちろん、年明けの相場に向けて
大事な時期でもあります。

 
そこで今日は、
直近の日本株市場の分析から、
今週の日本株市場での戦略について
考えていきたいと思います。

 

日経平均は3週ぶり反発、TOPIXは先に高値を更新

 
shisei_man_good

 
週間の日経平均は
月曜の大幅高が効いて+350円高、
終値は22,902円でした。

 
一方、TOPIXは日経平均以上の上昇で、
3日連続で26年ぶりの高値を更新して終えています。

 
TOPIXは時価総額加重平均であり、
大型である銀行株の上昇が効いています。

 
ただ、銀行株の株価単価は低く(値嵩株でない)、
単純株価平均の日経平均への寄与度は僅かに過ぎません。
また、小型株指数も90年以来の高値を更新しています。

 
年内取引もあと一週を残すのみとなりました。
さらに外国人の売買額が減少し、例年東証一部の売買代金は
1兆円台となるなど、薄商いとなります。

 
そうした中で主力株や指数が
大きく上に抜けていくというよりも、
外国人不在の中を日本人投資家による
中小型株物色で盛り上がるということはあるかもしれません。

 
横這いの続く日本株ですが、
11月はじめに高値をつけた翌週以降、
外国人投資家の売り越しが続いており、
やむを得ないところかもしれません。

 
その売買額はクリスマスを前に少なくなってきており、
11~15日週の現物売り越し額もごく僅かなものでした。
休暇から戻ってくる外国人が再び買いに転じれば、
今の持合い上限を年初から上に抜いて行けるかもしれません。

 

2017年も、
投資の学校さんでプログラムを開講し、
たくさんの受講生の皆さまに私のノウハウを
お伝えさせていただきました。

 
そして、
2018年1月からは、
昨日までご案内をさせて頂いていた、株のデイトレに特化した
新講座がスタートします!

 
2018年も投資の学校さんと一緒に
皆さまを一流の株式投資家へと導くために
私にできることは全力で頑張りますので、
来年もどうぞよろしくお願い致します(^^♪

 
2017年も本当にありがとうございました!
また来年お会いしましょう!!

 

―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

株式投資家が最低限、身に付けなければいけない
相場の教養を詰め込んだ、オンラインプログラムを
特別な条件で手に入れるチャンスです。

あなたが長期的に相場で利益を出し続ける
投資家を目指すのであれば、
ぜひこのプログラムをチェックしてください。

詳細はこちらをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA