小次郎講師のブログ

なんのために投資をするのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小次郎講師
自宅のデスクから

 
相場と関わるようになってからつくづく思うのは、
「投資をする理由」をはっきりとさせることが大切ということです。

 
この目的意識をしっかりともった人間だけが投資で成功する
というのが私の経験から得た答えです。

 
そして、投資で大金を手にしたところで、
家庭が崩壊したり、友人知人関係上手くいかなくなったりする
という話しは珍しくありません

 
投資で大金を稼ぐ = 投資の成功
ではないということを改めお伝えしたいのです。

 
なんのために投資をするのか
という質問に

 
多くの方は、
資産を増やすために投資をしている
とお答えになるはずです。

 
ですが、
資産、お金を増やすのか、
という目的をあきらかにさせてほしいのです。

 
お金で不安を解消しようとしても、
実際に安心できることはできません。

 
満ち足りたと思ってもすぐにもっとお金が欲しくなります。
求めれば求めるほどきりがないので、
お金に支配されてしまいかねません。

 
ですから、
投資は何のためにするのか、
ということをしっかりと理解しておく必要があると思っています。

 
私自身は、若いときに身内の不幸も重なり、
演劇の道をあきらめて、

 
稼ぐために、家族を養うために、
相場の世界に入ったというのが正直な話です。

 
ですが、ずっと同じ思いで
歩んできたわけではありません。

 
人生の節目で自分自身を振り返る機会があり、
その時に自分のためだけではなく、世の中のために、
他の人のために、投資と関わっていこうと想うようになりました。

 
投資教育をライフワークとする と決めた瞬間だったのですが、
今振り返ると、その瞬間から私の新しい人生が始まったような気がします。

 
私が投資家として、投資教育家として成功しているのかどうか
ということはともかく
私自身は、目的が定まったことで人生が楽しくなりましたし、充実しています。

 
ぜひ、みなさまも、
どうして投資をしているのか、
その理由を考えてみてください。

 
願わくば、最終的には社会へ還元する、貢献する
ということに思いを馳せて頂けますと
日本の投資業界が元気になるのかなと思っています。

 
私と志を同じにする方々が
たくさん出てきてくださることを願っています。

 
一緒に頑張りましょう。
 

 

小次郎講師
 
 
<編集部のおすすめ>

投資の教育の第一人者小次郎講師が
テクニカル分析の王様について解説した
特別なプログラム

これさえあれば、
テクニカル分析は完璧

永久保存版のプログラムに興味がある方は

こちらをクリックしてください

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. シン&シーク より:

    私はお金儲けの話しかしない人は嫌いです。人生そのものが、目的がお金儲けになってしまってる人。
    お金を儲けて何をしたいのかちゃんと目的がないとつまらない人生ですよね。
    健康で笑いの絶えない人生が送れたら楽しいですよね!

    1. 小次郎 講師 より:

      コメントありがとうございます。

      健康で笑いの絶えない人生、
      何とも素敵な響きですね。
      ぜひ、実現してまいりましょう。

  2. リュウ より:

    人生も半分が終わってよく思うことは、過去いろんな人達にお世話になりながら、何の恩返しも出来ていない
    という後悔です。とにかく自分が優位に立つことしか考えていなかった時期もありましたし、経済的にも厳しく自分のことだけで精一杯という時期もありました。社会人としては、プロとして、仕事を通して社会のお役には立ってきたつもりですが、『縁あって出会った人達を幸せにしてきた!』とは、到底言えません。
    いろんな意味で余裕が無かったのだと思います。
    今は、親を含め、大切にしたい、幸せな人生を送ってもらいたい友人知人が多くいます。
    今後は、少しは経済的にゆとりをもって、少しずつでも恩返しをしていきたいと思います。
    そして、”投資家”という選択肢は自分で選んだ道ですから、自分で選んだ仕事にプライドを持つ為にも、
    一歩でも一流に近づけるように日々努力していきたいと思っています。それが今の楽しみです。

コメントを残す

*

CAPTCHA