ライントレード、してますか?

From:もってぃ
新宿のオフィスから

どうも!こんにちは!
投資の学校スタッフのもってぃです。
 

やっと暖かくなってきましたね!
花粉、辛くて笑えないです。

 
薬は多少効いてるんでしょうけど。

 
でも、春は良いですね(・∀・)

 
やる気も湧いてくるし、
外でお酒を飲むのもとても心地よいですよね!
(気温的には)

 
最近はなるべくお酒控えめにするようにはしていますが・・・笑

 

ライン意識できていますか?

 
ラインというのは、「水平ライン」
つまりは過去のレートの高値安値節目などに引く線のことです。
レジスタンスライン、サポートラインとも言えます。

 
そして、トレードをするうえで基本的かつ重要なものになります(‘◇’)ゞ

 
トレードをしている方であればご存じかと思いますが、
毎回のトレードの中でしっかりと意識して使えているでしょうか?

 
まずは、チャート例をいくつかあげておきますね!

motty2018030701

motty2018030702

motty2018030703

0306chart4

 
引こうと思えば細かいところにも引けますが、
大まかに主要なところにラインを引いています。

 
引き方は、簡単に言うと、
「山と谷になっているところの頂点」で引きます。

 
他にも引き方はありますが、
まずはこれだけ。

 
そして、まず注意点として、

 
「ラインにタッチしたから反発する」
「ラインを抜けたからさらに動いていく」

 
とは“限らない“ということです(;・∀・)

 
よく短期の時間足にラインを引いて、
ラインタッチで反発を予測してエントリーするひとや
ラインを抜けた(ブレイク)したからエントリーするひとなどが、
結構な割合でいるように感じるのですが、

 
確かに、そのようなトレードで利益を獲ることもできますが、
大抵はエントリー後に騙されてトータルで損をするのではないでしょうか?

 
これには様々な要因がありますけど、

 
それはいつかお話しできればと思います!

 
とにかく、「ラインはあくまで根拠の1つ」という風に考えていただければ
良いと思います(*‘∀‘)

 

ラインの使い方(見方)はいろいろ

 
ラインの使い方(見方)は人それぞれ違ったりするかもしれませんが、
私の場合は、

 
トレンド発生の根拠の1つとして使います。

 
例えば、1時間足の過去の安値高値ラインにレートが達したあと、
実際に反発して下降していき、

 
下位時間足の1分足で明確に下降トレンドが発生した場合に、
「1時間足のライン(レート)が意識されて反発した」

 
つまりは、そのライン辺りまでに買っていた人たちが、
そのライン辺りを意識、または警戒して利益確定を行い、

 
それにつられて新規の売りで利益を狙う人も入ってくると考えます。

 
その傾向が強い(よくある)からです。

 
それは1度だけでなく、2度3度意識されてきたラインであれば、
さらにその傾向が強いです。

 
つまり、1時間足、または4時間足レベルでそのようなことが
起こってくると考えられる場合、

 
1分足のトレンドは続きやすく、
大きくそのトレンド方向に動く可能性が高いので、

 
そこでうまく波に乗って利益を獲ったり伸ばすことが、
トータルで利益を獲る一つの秘訣になるわけです。

 
少し微妙な例ですが、あげておきますね。

チャート図①(ドル円1時間足)
motty2018030705

チャート図②(ドル円1分足)
motty2018030706

こちらの例では、まず1時間足の目立つ安値(106.336)にラインを引いてあります。(チャート図①)

 
そして、
1時間足での大きな下降トレンドの後、

 
レートが大きく上昇して、
1分足では、きれいな上昇トレンドを形成していましたが、(チャート図②)

 
サポートラインやレジスタンスラインが、
その役割を変える「ロールリバーサル」という状況になり、

 
この場面においては、
過去の安値であるサポートラインがレジスタンスラインに変わっていて、

 
上値が抑えられて下降していっている場面です。

 
このラインを意識できていると、
上昇トレンドの終わりかけで入るという恐ろしい状況を
回避しやすくなるので、非常に重要になります。

 
さらに言うと、上記チャートでは、
106.50という節目まで接近してから下降していて、

 
「それまでの短期上昇トレンドで買っていた人たちが一挙に利確をした」
というようにも考えられるので、{短期的に売りエントリーも可能かもしれないな。}

 
ということにもなります。
もちろん、レンジになるという可能性も考えなければなりません。
あくまで短期的な上昇トレンドが終わったかもしれないという判断です(‘ω’)

 
他にもいろいろとお伝えできることはありますが、
あまりに長く、細かくなってくるので、

 
今日はここまでにしたいと思います!笑

 
まずは、過去のチャートを見てたくさんラインを引いてみてください!(・∀・)

 
最初は難しく感じるでしょうが、
やらなければわからない部分です(=゚ω゚)ノ。

 
 
<編集部からのおすすめ>

投資教育業界歴39年のレジェンド、
小次郎講師がお送りする2018年最新のプロジェクトが、
遂に発進いたしました。

「品格ある投資家」を目指す全ての人に受け取っていただきたい、
最高峰のプログラムです。

詳細はこちらからどうぞ

◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

最近の投稿



2 thoughts on “ライントレード、してますか?

  1. (。-`ω-)今週もアタラシイお言葉が‼
    「ロールリバーサル」φ(..)メモメモ
    まるで、プロレスの技の名前のような。。。
    わたくしも技を極めたく思いまする(‘◇’)ゞ

    返信
    1. もってぃー投資の学校もってぃー投資の学校

      襁様

      お世話になっております!

      確かにプロレスの技名にありそうです!!w

      ロールリバーサルは割と注目すべきパターンなので、
      覚えておいて損はないですよ!(・∀・)

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.