高橋慶行のブログ

大事なのは、「最後に勝つ」こと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 高橋慶行

新宿六丁目のオフィスより……

あなたは、
トレードで利益を出すために必要なことは、
何だと思いますか?

様々な答えがあるかと思いますが、
その中でも「未来を予想すること」
が必要と思う方も、
いらっしゃるかもしれません。

そして、
その判断材料として、

● テクニカル指標
● ファンダメンタルズ

が必要、と考えている方も、
やはり多いのでしょう。

ただ、
「安定した利益を継続して出す」
のなら、これは一度考え直してほしいと思います。

その理由を説明させてください。

「相場には”流れ”があるから」
―これが、僕の答えです。

つまり、
株式などの投資においては、
相場の流れに応じた的確な対応をして、
ポジションを追加したり、減らしたりしながら、
最終的に手仕舞うまで、
利益がいくらになるかはわかりません。

もっとわかりやすくするために、
野球の試合を考えてみましょう。

野球の試合は、
延長戦にならない限りは、
9回裏で終わります。

いうまでもないですが、
「9回裏の時点で、どっちのチームが多く点数を取っていたか」
が勝敗を左右するのです。

そうなると、
仮に1回表で自分のチームが3点取っていたとしても、
そのあとで状況に応じた適切な戦術を考え、
講じていかないと負ける可能性は十分にあります。

もちろん、
逆もしかりです。

つまり、
野球の試合に勝つためには、

● 状況を見極める
● 得点が取れるときには、しっかり取りに行く
● 守りを固めるべき時には、的確な守備を行う

のが非常に大事になります。

株式投資をはじめとした投資においても、
このことは当てはまります。

つまり、

● 損失よりも利益が多い状況を作る
● ポジションを保有しながら相場の流れに合わせた対処を行う
● 最後に、トータルで利益を獲得する

のが、投資に成功するために必要となります。

特に、投資をこれから始める、
もしくは、始めたばかりの方に覚えておいていただきたいのですが、
最初の数回の売買で損失があっても、
それほど気にしなくていい場合もたくさんあります。

損失が出た、ということは、
当初の思惑とは逆の方向に価格が動いたということです。

そのため、
逆方向に動いたことを確認した上で、
次の対策が立てられるのだから、前向きにとらえて頂きたいです。

大事なのは、「最後に勝つ」こと―
この言葉を頭の隅に置いておいてくださいね。

<編集部のおすすめ>

今、日本をはじめ世界中で
株高となっていますが、
これはいつまで続くのか…。

さまざまな情報が錯綜するなか、
相場の教養がない投資家というのは
それらの情報に振り回され、相場で右往左往…。

本当に勝てる一流の投資家とは、
自分で相場を読み解き、
自分で戦略を構築して
狙い澄まして利益を上げることができる人。

そのための土台となる
「本物の相場の教養」は
ここから手に入れることができます。

詳細はこちらをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. Enjoy Race より:

    高橋さんと同じ考えです。
    小次郎講師の講義を受けて一番取らなければならないところはどこか?そここそが重要だと思っています。最後の勝ちを必ずとって喜びの報告をしたいです。

コメントを残す

*

CAPTCHA