アルゴ取引と裁量取引、相場投資の未来像は?

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の寝室より

 
 
それはそうと、
私の大好きなドラマの一つだった
「ブラック・ペアン」が先週の日曜日、最終回を迎えました。

 
人間ドラマとしての設定は、
本日のテーマとはまた違ったところにあるのですが、

外科手術の将来像という点で、
機械による術と、手による術とのバトルが、
一つの大きな背景になっていたと思います。

 
アルゴ取引とは、アルゴリズム取引・・・つまり、
売買の条件を数値化することで、
自動的に売買が行なわれ、自動的に収益が上がる仕組みを目指した
機械化取引とでも言いましょうか。

 
一方で、対極にあるとされているのが裁量取引で、
一般的には、自分の判断によって売買する取引を指しますが、

この比較と、「ブラックペアン」の一大背景とが
妙にシンクロしましたので、
今回は、投資家の理想的将来像を自分なりに考えてみました。

 
 
おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

今まさに原稿を書いているこの時間に、
サッカーワールドカップの日本代表は、
本大会予選の最終戦に挑んでいます。

 
3戦目が予選の最終戦になるのですが、
今回の大会でも、3戦目は多くのドラマが生まれましたね。

メッシを擁するアルゼンチンが最終予選でやっと勝ち抜け、
勝ち星がゼロだった韓国を相手に前回優勝国のドイツが敗戦し、
予選敗退となりました。

引き分け以上で勝ち抜けられる日本代表の相手は、
下馬評ではトップ通過とされていたにも拘わらず、
未だ1勝もあげていないポーランドです。

ここは韓国のようにプライドを懸けて臨んでくるでしょうから、
油断は禁物です。

あのブラジルのキャプテンであるネイマールですら、
勝ち抜けた試合が終わったあと号泣していたわけですから、
それほど大変であることは、私たち応援する側も
理解しておく必要がありますね。

 
 

機械化のメリット

まず最初に思い浮かぶのが、
機械には感情が無いので、必ず指示通りに動く
という側面でしょう。

アルゴ取引に置き換えれば、
買いの条件を満たした際には躊躇無く買い、
売りの条件が揃えば躊躇無く売る、ことを意味します。

裁量取引の最大の欠点はメンタルだとも言われており、
この点ではアルゴ取引が圧倒的に優位に見えます。

 
また、機械が行なうアルゴ取引では、
24時間休み無く相場を監視できます。
従って、人間が寝ている間に発生しえるリスクやチャンスを
逃すことはないでしょう。

この点でも、機械の優位性が秀でています。

 

機械化のデメリット

一方、何と言っても、機械に指令を出すのは人間である以上、
アルゴ取引で自動的に充分な収益をあげるためには、
優秀な人間が作ったアルゴリズムが必要だと言う事です。

「ブラック・ペアン」でも、
高度なロボットが難しい手術に使われるのですが、
操作するのは人間である以上、
優秀な操縦士が必要になります。

 
また、ロボットの手さばきなどの動きが、
優秀な人間の動きを模倣しているとすれば、
その動きの元となる手術が出来る人間の外科医が必要だ
と言うことにもなりますね。

 

裁量取引の実態として

裁量取引は気分だけで売買する、ギャンブルのようなもの
という捉え方は、実は間違っています。

裁量取引でも、
最低限チャートは見るでしょうし、
移動平均線を手計算する人など今や皆無でしょう。

 
それでもなかなか収益が上がらないとすれば、
そもそもチャートの見方や売買判断の導き方違っている・・・
と考えたほうが順当でしょう。

 

裁量取引のメリットは

例えばブレークアウトを活用する際にも
単にサポートやレジスタンスを越えた事実だけではなく、

それまでに揉み合った時間、
上位足、下位足の状態などを随時確認しながら
数あるブレークの中から、
最終的に勝ち目がありそうなものに絞って
取引を行なうこともでき、
場合によっては取引しないという判断も含みます。

 
また例えば、ドル円相場に取り組むとしても、
その他の相場におけるドルの強弱や円の強弱
新たに発生したドルに関連するイベントなどを、
いつでも加味することが出来るのも裁量の優位点です。

 
もちろん、アルゴリズムそのものを高度化するために、
数多くの条件をアルゴリズムに取り入れることは
不可能では無いでしょう。

しかし、今度は逆に、相場が決定的な状態でも、
全ての条件が揃わないと売買をしなくなるという、
新たなジレンマを抱え込むことになり、

反応が遅くなるというデメリットが強くなるはずです。

 

道具は使いよう、使われない努力を

「ブラック・ペアン」では、
共存というありふれた?結論で、
機械と人間の論争に幕が引かれましたが、
アルゴ取引と裁量取引の論争も同じことが言えそうです。

判断までのプロセスを、簡単に、迅速に、正確に行なう
アルゴリズムのメリットを生かし、

常に相場を見ていなくても、
最低条件をアラートとして教えてもらったり、
自分の判断のフィルターとして使う方法は有りだと思います。

 
しかし最終的な売買判断は、
例え苦しくても自分で下すことをしなければ、
投資家としてのノウハウは一切積み上がりません。

そして、結局は他人の粗悪なアルゴリズムに
資金を投じて便乗し、
収益すら得られないどころか、資金を騙し取られる・・・
ということにも成りかねないのです。

 
 
Wカップしかり、簡単な勝利や栄光はやはり有り得ず、
ただ自分を磨くのみ
というのがむしろ自然であり、
そこに最新のトレーニングマシンを取り入れるのは、
効率の面ではむしろその方が良い、ということなのでしょう。

 
 
浅野敏郎

P.S.
試合は負けましたが、もう一つの予選結果により、
ギリギリ決勝トーナメント進出が決まりました!!
先ずはおめでとう、そしてあとは、
行けるところまで行ってほしいと思います。

 
—–<<<編集部よりおススメ>>>—–

Q:MT4って何ですか?

FX取引を中心に、世界中で恐らく一番多くの事業者が採用し、
信頼ある取引システムの名称です。

 
Q:MT4がなぜ、人気があるのですか?

チャートシステムに特長があり、オリジナルな便利機能を搭載して
自分仕様のチャートに仕上げることができます。

 
Q:便利な機能は、自作してMT4に搭載する必要があるのですか?

既に搭載されている機能を自分なりにアレンジしたり、
MT4を提供する事業会社によっては、お客様の要望を
ツール開発して配布している会社もあるようです。

 
Q:MT4を提供する事業者は海外事業者が多いようですが?

元々海外のシステムでもあり、海外系の事業者の取り扱いが
多いのは事実です。ただ、日本の事業者でもMT4に熱心な
会社はあり、オリジナル・ツール開発を積極的に行い、
自社顧客に配布している会社もあります。

 
Q:日本の事業者で、MT4に熱心な会社はどこですか?

FXTFのロゴでお馴染みの、FXトレード・フィナンシャル
もその一つです。
「ミニターミナル」と言って、オリジナルのMT4では
やや不便な「注文」方法を大幅に使いやすくしたツールを
自社で開発し、顧客に無料で配布しています。

 
Q:MT4を使いたいのですが、海外系か国内系かで悩んでいます。

先ず、日本国内の登録事業者であることが基本です。
海外系でも日本の登録事業者である会社も幾つかありますが、
日本のユーザー目線で迅速に対応できるのは国内系が有利です。

もしあなたが国内系のMT4提供事業者をお探しなら、
FXTFのサービス内容と比較してみるのも一手です。
詳細はこちらのページに掲載されていますので、確認されると
良いでしょう。⇒FXTFのMT4サービスについて

 
<<<投資の学校・LINE@登録募集中!>>>

LINE@限定の特別なお知らせを無料で受け取れます。
ご登録はこちらの説明をよく読んでから!!
↓↓↓
https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.