「わからない」って「こわい」

From 投資の学校事務局

新宿六丁目のオフィスより……

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
投資の学校事務局の菊地です。

9月も半分を過ぎ、
だいぶ過ごしやすい日が増えてきました。

今年は正直、
「私、溶けるかも……」と思いながら、
夏を過ごしていたので、ほっとしています。

そうはいっても、
寒暖差が激しい日はまだあるはずなので、
皆様もくれぐれも体調にはお気を付けください。

ところで、私は最近、
仕事のために調べ物をすることが多いのですが、
その中で、こんなデータを見つけました。

これから紹介するのは、何の数字かわかりますか?

トラブルは、案外近くにある

  • 2015年 1065件
  • 2016年 1013件
  • 2017年 783件

参照 投資信託(各種相談の件数や傾向)_国民生活センター

数字だけ見ても、「何のこっちゃ」と思われるかもしれませんね。
実はこれ、国民生活センターに寄せられた、投資信託に関する相談の件数何です。
もちろん、投資信託は、法律で認められた金融商品なので、それ自体に問題があるわけではありません。

問題なのは、

  • 勧誘方法が強引
  • リスクの説明が不十分

であることなのです。

こんな相談が寄せられたそうです

では、実際にどんな相談が寄せられたのでしょうか。
3つほど紹介しましょう。

  1. 証券会社の営業担当者に勧誘されたので、海外の不動産投資信託等に投資した。
    老後資金の足しになれば、と思ったが、実際は損失が出ている。
    老後資金が減っているのが不安だ。
  2. 父が銀行で、高額な投資信託を契約してきた。
    しかし、父は値下がりのリスクなど、細かい部分は何も理解できていない。
    何とかして、契約を取り消せないか。
  3. 金融機関の営業担当者が、一人暮らしの母親の家に営業に来た。
    そこで、母親が理解できないような投資信託を契約させたらしい。
    何もわからない高齢者を長時間説明した挙句、元本割れしないなど嘘が混じった説明をしたのは問題ではないか。

どれも心配になってしまう相談ではありますね……。

問題に気づくには、勉強が大事なはず

しかし、相談を寄せることができたのも、「これは、問題がある」と気づけたからです。
もし、気づけていなかったら、相談をすることすらもできなかったでしょう。
では、問題に気づくには、どうすればいいのでしょうか。
やはり大切なのは、勉強でしょう。
少なくとも「あ、これ、おかしいかも……」と気づけるはずです。

日本ではお金や投資のことを話したり、勉強したりするのは、まだまだタブー視されている部分があるのも事実です。
しかし、知らないがゆえに、あなたやあなたの大切な誰かがトラブルに巻き込まれるほうが、もっとまずいはずですよね。
「わからない」って「こわい」ことなんです。

でも、何かのきっかけで「わかる」ようになれば、「まずいことが起こっている」と気づけるようにはなります。
気づけるようになるだけでも、勉強する意味はある……そう思う今日この頃です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本日も、皆様にとって素敵な一日でありますように。

<編集部からのお知らせ>
「わからない」って「こわい」のはわかる。
でも、どうやって勉強すればいいかわからないー

お悩みでしたら、

● プロが実際に試している手法を
● 自宅でもご自身で試せるようになる

教材を使ってみましょう。

本来、3,980円相当の講座ですが、
今なら【無料】で始められます。

こちらからどうぞ

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!

ご登録はこちらから

最近の投稿



2 thoughts on “「わからない」って「こわい」

    1. 事務局事務局 投稿作成者

      こんばんは。
      スタッフの菊地です。
      もしかしたら、戸松先生の講座をご覧くださったのでしょうか。
      ありがとうございます。
      引き続き、残りの講義もご覧いただければ嬉しいです!
      よろしくお願いいたします。

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.