2008年9月15日

From 小次郎講師

自宅の書斎より……

こんにちは。
小次郎講師です。

私は投資の学校さんで手掛けてきた
プロジェクトが一段落しました。

ほっと一息……
と言いたいところですが、

ありがたいことに、
投資の学校さんを始め、

「小次郎講師の講義が聞きたい」
とおっしゃってくださる方がたくさんいます。

その言葉を胸に、
頑張っていこう、というのが、
今の気持ちです。

ところで、
皆さんは2008年9月15日に何があったか、
覚えていますか?

リーマンショックって何だったの?

このブログをご覧の方なら、
2008年9月15日という日付を
鮮明に覚えているかもしれません。

米国でも有数の投資銀行である、
リーマン・ブラザーズが破綻した日です。

2001年ころから、アメリカの金融機関では、
低所得者向けのローンである
サブプライム・ローンを扱い始めました。

このローンには、
証券化といい、将来、ローンを
返済してもらう権利が金融商品として
広く売買されたいきさつがあります。

そして、リーマン・ブラザーズも
積極的に投資を行っていたのです。

しかし、低所得者向けのローンであったため、
資金の回収の見込みも立たなくなりました。

結果として、
リーマン・ブラザーズは大損害を被り、
破綻へと向かっていったのです。

アメリカはもちろん、
アメリカと縁が深い日本の株式市場も、
大混乱に陥りました。

大まかに書きましたが、
おおよその流れはお分かりいただけたでしょう。

トルコと日本の関係は?

リーマン・ブラザーズの破綻のように

「自分の目の前では起こっていないことであっても、
どこかで自分につながっていくこと」

は、実はたくさんあります。

今年2018年は、
アメリカがトルコに経済制裁を行ったことに端を発した、
トルコリラの暴落が起こりました。

いわゆるトルコショックです。

もしあなたが、FXをされていて、
トルコリラに投資をさせていたのでしたら、
きっと真っ青になったのではないでしょうか。

一方、「自分は国内株しかやっていないから……」
「FXやっているけど、トルコリラはポジション持っていないから……」
とお思いの方もいらっしゃるはずです。

しかし、決して安心できないのも事実です。

トルコでは、独裁体制を敷くエルドアン大統領の
政策に不安を感じる国民も少なからずいます。

2018年6月に行われたトルコ大統領選の
結果を見てみましょう。
(候補者名:得票率で並べています。)

  • レジェプ・タイップ・エルドアン:52.59%
  • ムハレム・インジェ:30.64%
  • セラ八ティン・デミルタシュ:8.40%
  • メラル・アクシェネル:7.29%
  • テメル・カラモッラオール:0.89%
  • ドウ・ベリンチェキ:0.20%

ご存知の通り、エルドアン大統領が、
過半数を獲得したのですが、
それ以外の候補に投票した国民も確かにいるのです。

さて、その中には「自分の国(=トルコ)の行く末が不安だ」と思う人もいるでしょう。
そうなると、持っているトルコリラを他の通貨(米ドルなど)に変え始める人も出てきます。
そして、米ドルを欲しがる人が増えれば、値段も高騰=米ドル高が起こるのです。

米ドル高が日本にもたらすもの

米ドル高になれば、日本経済にも影響が及びます。
ピンとこない方もいらっしゃるかもしれないので、数字を使って説明しましょう。

例えば、1万ドルの商品をアメリカから輸入したい会社があるとします。
1ドル=80円のときなら、80万円で輸入できますが、
1ドル=110円のときなら、110万円出さないと、輸入できません。
当然、コストがかさむので、業績に悪影響が及ぶのです。
(もちろん、日本からアメリカに輸出する会社にとっては、逆の影響が及びます。)

日本にとってはアメリカよりは身近ではない国であるトルコの動向も、
日本経済には影響を及ぼすのです。

先のことはわからないから

今まで説明してきたように、世界では日々、いろいろなことが起こり、
それが密接に絡み合い、大きな動きになっていきます。
その動きが、時には株価の大暴落につながるかもしれません。

私はいつも「予想はよそう」と言っていますが、
実際、未来を100%正確に当てることなど、誰にもできないはずです。

そうだとしたら、
株価の大暴落におびえるのではなく、
「適切な対処法に基づく、株価の大暴落すらも利益に変える方法」
を学ぶほうが、よっぽど前向きな選択肢だと思います。

「ピンチはチャンス」-根拠を持って、
そう言い切れるようになれば、
人生は今よりもよくなるはずです。

私も、そのような前向きな気持ちを、
投資教育を通じて伝えていきたいと思います。

<編集部のおすすめ>
「ピンチはチャンス」-素敵な言葉ですね。
文中で小次郎講師も触れていますが、
株価の大暴落すらも利益に変える方法というのは、
確かに存在します。

● その方法は?
● どうすればできる?

を、4時間で学んでいただく、
ワンデープログラムの開催が決まりました。

明日9月18日までの期間限定のご案内故、
チェックは今日中にお済ませください。

こちらからどうぞ

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!

ご登録はこちらから

最近の投稿

  • パニックになってはいけない
    From:小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 桜も咲きだしまして、陽気も良くなってきましたね。
  • 新型肺炎は最大のチャンスを含んでいるかもしれません
    From:小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 以前、 ブログで新型ウィルスについてお書きしましたが、
  • 曲がり屋に向かえ!
    From:小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 タイトルにも書きましたが 今日は私の座右の銘につい


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.