平野朋之のブログ

どうトレンドをとらえるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:平野朋之
横浜のオフィスより、、、

おはようございます。

前回、トレードを難しくしないように
ということで

 
トレンドを知ること、
その為にどう考えていくのか、

 
上位足の考え方って、
どうしても難しいとか、
勝てないという人は大体意識していない、
確認していないという人は多いですよね

 
という話をしましたが、
内容はしっかりご理解頂けましたでしょうか?

 
ちょっとでも難しいと思ったら、
読み返してみるといいかもしれません。

 
私がテクニカル分析に関する講義の中で欠かせないのが、
平均足の存在になります。

 
平均足を見たことないという方、
是非検索してどんな表示かを見て頂きたいのですが、
ざっくり言うと、
上昇トレンドでは陽線、下降トレンドでは陰線が連続して発生し、
表示されるのが特徴ではないでしょうか。

 
先に、意識して頂きたいのは
 
<目先の値動きに惑わされないでください>
 
ということですが、
大きな時間軸、トレンドが上昇トレンドであっても、
例えばローソク足の陰線が 2 本続いてしまうと、
もしかしてここから下がってしまうのかな・・・
という感情になりがちですよね。

 
実は、
平均足そのものの実態の長さというのは、
トレンドの強さを表していて、

 
陽線、陰線は関係なく、
前の足より短い実態の平均足がでたとき、
もしかしたらトレンドが変わるかも、
と一般的には警戒します。

 
簡単に、
平均足の基本的な部分に触れましたが、
通常のローソク足でトレンドを確認したいときは、

 
もう1つ、
トレンドラインを引くという手段もあります。

 
確認ですが、

 
・上昇トレンド
・下降トレンド
・もみあい

 
とトレンドは3種類にわけられますよね。

 
トレンドラインは、
トレンドを示すための大事な「支持線」や「抵抗線」
を意味します。

 
上昇トレンドは
相場を支えている線を支持線(サポートライン)、

 
下降トレンドのときに
相場の上値を抑えている線を抵抗線(レジスタンスライン)
といいます。

 
支持線・抵抗線は過去に相場が<反転したところ>
を結んで作るのがセオリーです。

 
このブログだけで
きちんと説明しつくすのが少々難しいのですが、
サポートラインを引くことで、

 
「今まだトレンドの中にいるのかな?」

 
という判断をすることができますが、

 
というのも、
平均足は大変便利なツールで、
トレンドを知るには非常に有効的なものではありますが、

 
完ぺきではなく、
私はよくセミナーで「ワナ」がある
という表現をしています。

 
このブログをずっとお読みの方は、
移動平均線や、トレンドラインといった方法で
トレンドを把握する術をもしかしたら
すでにお持ちかもしれませんので、

 
一度平均足を表示させてみながら
比較してみるとよいかもしれません。

 
あれ、トレンドの途中なのに・・・

 
というワナがどこにあるのか
是非検証してみてください。

 
―平野朋之

 
<編集部のおすすめ>
通常の投資に加えてリスクヘッジを堅実に利益化できる
日本で唯一1社しか取扱いのない最新取引システムについて
テクニカル分析の達人こと
平野朋之先生の解説が無料でご覧いただけます。
参加する「だけ」で手に入る豪華特典は
こちらからお受け取りください
「日本で唯一の週給投資法」
 
 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA