どうトレンドをとらえるか

From:平野朋之
横浜のオフィスより、、、

おはようございます。

前回、トレードを難しくしないように
ということで

 
トレンドを知ること、
その為にどう考えていくのか、

 
上位足の考え方って、
どうしても難しいとか、
勝てないという人は大体意識していない、
確認していないという人は多いですよね

 
という話をしましたが、
内容はしっかりご理解頂けましたでしょうか?

 
ちょっとでも難しいと思ったら、
読み返してみるといいかもしれません。

 
私がテクニカル分析に関する講義の中で欠かせないのが、
平均足の存在になります。

 
平均足を見たことないという方、
是非検索してどんな表示かを見て頂きたいのですが、
ざっくり言うと、
上昇トレンドでは陽線、下降トレンドでは陰線が連続して発生し、
表示されるのが特徴ではないでしょうか。

 
先に、意識して頂きたいのは
 
<目先の値動きに惑わされないでください>
 
ということですが、
大きな時間軸、トレンドが上昇トレンドであっても、
例えばローソク足の陰線が 2 本続いてしまうと、
もしかしてここから下がってしまうのかな・・・
という感情になりがちですよね。

 
実は、
平均足そのものの実態の長さというのは、
トレンドの強さを表していて、

 
陽線、陰線は関係なく、
前の足より短い実態の平均足がでたとき、
もしかしたらトレンドが変わるかも、
と一般的には警戒します。

 
簡単に、
平均足の基本的な部分に触れましたが、
通常のローソク足でトレンドを確認したいときは、

 
もう1つ、
トレンドラインを引くという手段もあります。

 
確認ですが、

 
・上昇トレンド
・下降トレンド
・もみあい

 
とトレンドは3種類にわけられますよね。

 
トレンドラインは、
トレンドを示すための大事な「支持線」や「抵抗線」
を意味します。

 
上昇トレンドは
相場を支えている線を支持線(サポートライン)、

 
下降トレンドのときに
相場の上値を抑えている線を抵抗線(レジスタンスライン)
といいます。

 
支持線・抵抗線は過去に相場が<反転したところ>
を結んで作るのがセオリーです。

 
このブログだけで
きちんと説明しつくすのが少々難しいのですが、
サポートラインを引くことで、

 
「今まだトレンドの中にいるのかな?」

 
という判断をすることができますが、

 
というのも、
平均足は大変便利なツールで、
トレンドを知るには非常に有効的なものではありますが、

 
完ぺきではなく、
私はよくセミナーで「ワナ」がある
という表現をしています。

 
このブログをずっとお読みの方は、
移動平均線や、トレンドラインといった方法で
トレンドを把握する術をもしかしたら
すでにお持ちかもしれませんので、

 
一度平均足を表示させてみながら
比較してみるとよいかもしれません。

 
あれ、トレンドの途中なのに・・・

 
というワナがどこにあるのか
是非検証してみてください。

 
―平野朋之

 
<編集部のおすすめ>
通常の投資に加えてリスクヘッジを堅実に利益化できる
日本で唯一1社しか取扱いのない最新取引システムについて
テクニカル分析の達人こと
平野朋之先生の解説が無料でご覧いただけます。
参加する「だけ」で手に入る豪華特典は
こちらからお受け取りください
「日本で唯一の週給投資法」
 
 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿

  • メンタルチェック
    From:平野朋之 自宅デスクより、、、 おはようございます。 平野朋之です。 本日は、 トレードをする上で大切な メンタル面につい
  • 心得て頂きたいこと
    From:平野朋之 自宅デスクより、、、 おはようございます。 平野朋之です。 本日は、 今後みなさんが歩む トレード人生において、
  • ポイントを抑えて分析すること
    From:平野朋之 自宅デスクより、、、 おはようございます。 平野朋之です。 本日は、 避けるべきポイントを抑え、 負け組トレーダーの


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.