27年ぶりの高値って言われても…

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅のトレードデスクより

 
配信が遅くなりました、お詫び申し上げます。

 
今週、日経225が年初来高値を更新し、
バブル以降、27年ぶりの高値となった…
といったニュースがもてはやされた矢先、

今夜のアメリカ市場では、
ドル金利が上昇し続けていることを
株式市場が嫌気したという触れ込みで、
S&Pなどは
3か月超以来の最大下落幅を記録したなど、
ちぐはぐな展開となっています。

 
若い方々にとっては、
27年前と言われても恐らく
ピンとこないでしょうから
この機会に少し覗いてみましょう。

 
————————————
おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

9月から10月にかけては台風シーズンですが、
記録的な大型台風24号により、
関東圏のJRが計画運休するという
前代未聞の対応がありましたね。

何やら今週末にはまたも大型の台風25号が
日本に接近し北上するらしく、
平日よりは幾分まだましではありますが・・・

布団を干せないのには困ったものです。
————————————

 
さて、27年ぶりの高値を更新した…
と言ってもここからの高値は
例え1円でも上回れば
バブル以降の高値を更新することになりますが、

とはいえ、
日経平均の最高値は90年1月でしたから、
28年ぶり以上はあり得ません。

 
「な~んだ、あと1年分で最高の28年ぶりじゃん!」

 
と言ってしまえば簡単ですが実は、

日経平均が26,000円以上の領域は、
まるでマッターホルンの頂上付近のように
切り立った壁になっていますから、

ニューヨーク・ダウのように、
簡単には史上最高値を更新することはできない
と思います。

 
少しでも相場に興味がある方なら
既に27年前の日経平均株価チャートは
チェックされているとは思いますが、
念のためここに表示しておきます。

ところで、27年前といえば1991年ですね。
せっかくですから、株価だけではなく、
27年前の有名どころの相場くらい見てみましょうかね。

昨日の米国株が下げた背景に
金利の上昇が嫌気されたとありましたが、
1991年の10年債利回りは驚愕の8%台でした。


よく見るとそれ以来、
まるでトルコリラのような下落相場ですね。

 
反面で、
ダウ相場は一方的に上昇してきたことを考えると、

実はアメリカの株価が好調を維持できたのは、
低金利政策の賜物だったという解釈もできます。

 
したがって、
この間に不動産王から大統領に上り詰めた
トランプ氏が金利上昇を嫌うのはごもっともで、

金利上昇が続けば、
経済そのものがアンワインド、つまり
株式相場の長期低迷時代に突入しかねない
という連想につながりやすいのかも知れませんね。

 
そしてこちらが、ドル円相場ですが、
1991年のドルは130円台だったことが判ります。

ただドル円相場に関しては
1985年のプラザ合意以降の話ですから、
相場の水準自体が特殊な事情だったことは事実ですが、
日本の産業構造自体、あまり変わっていないとすれば、

少なくとももう一段の円安が必要かもしれない
というのは何となくイメージがつきそうです。

 
ほんのここ数年に関して言えば
確かに世界的にドル高なのでしょうが、

実はアメリカの株高の背景には、
利下げとドル安が欠かせなかったことが
この3つの相場から見えてきました。

自国通貨を恣意的に安くすると
キレたように指摘してくるアメリカですが、

実は自国通貨を安くして成長を維持してきたのは、
他でもないアメリカ自身が一番極端だった!!

ということになりませんかね。

 
 
浅野敏郎

 
—–<<<編集部よりおススメ>>>——

移動平均線は究めた・・・
ボリンジャーバンドもマスターした・・・

RSIとは何なのか・・・
MACDの売買シグナルも読めている・・・

なのにどうして収益が思うように上がらないのか?

それは、こうしたテクニカル分析のほとんどが
値動きの結果から導かれるので、

結局は、値動きの後を追っていることと同じ
になってしまうからです。

ではどうすればよいのか??

一通りのテクニカルをマスターした経験者にこそ、
是非触れていただきたい相場の見方が
ここにまだ残されています。

それは・・・

相場参加者として背負った宿命こそが
相場変動を作っているという、
当然であるにも関わらず、

これまで発想もしなかった相場理論であり、

実は一般投資家が一番有利な立場にあることを
教えてくれています。

詳細の一部をチェックされるには、
こちらをご覧ください。
↓↓↓
https://fx-school.net/lp/tpa_special/

 
◆◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを配信しています!
ご登録はこちらのページから、是非どうぞ!!!
↓↓↓
https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.