価格を決めるのは、誰?

From 小次郎講師

自宅の書斎より……

おはようございます。
小次郎講師です。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
私は今月、投資の学校さんのプロジェクトに
関連したセミナーで、日本中を駆け回っていました。

のどの調子が心配になりましたが、
教壇に立つとエネルギッシュに話せていましたね。

急に朝晩は寒くなってきましたので、
皆様も注意してください。

セミナーのために大阪にも行ったのですが、
観光客の方が買い物を楽しんでいるのを見て、
「大阪は景気がいいな……」と思いました。

今回は買い物にちなんで、
「金融商品の価格は、どうやって決まるのか」
についてお話させてください。

競争売買と相対売買

金融商品の価格を理解するうえで大事な概念が、
競争売買と相対売買です。

わかりやすくまとめると、

<競争売買>
・市場参加者の買いと売りによって、価格が決定する。
・買いが多ければ上昇し、売りが多ければ下落し、バランスが取れたところで価格が決定する。

<相対売買>
・業者が価格を提示し、その価格で参加者は買うか見送るかを決定。
・2wayシステムといって、買値と売値を提示するシステムが主流。

簡単にまとめると、価格を参加者が決めるのが競争売買、業者が決めるのが相対売買ということです。

主要な市場の価格の決め方

ここで、主要な金融商品について、
市場ごとの価格の決め方をまとめておきましょう。

・株式(個別株):競争売買(東京証券取引所)
・先物取引(日経225先物等):競争売買(大阪取引所)
・FX(OTC):相対売買(各社ごと)
・FX(くりっく365):相対売買(東京金融取引所)
・コモディティ:競争売買(東京商品取引所)

一言で金融商品とくくっても、価格を誰が決めているのかには、大きな違いがあります。
そのような違いを知ったうえで、勉強を進めてみてくださいね。

<編集部のおすすめ>

  • 雑誌
  • 新聞
  • インターネット
  • チャート

……いろいろな情報を見比べるのはいいのですが、
忙しいと全部見るのも一苦労です。

優先順位をつけるためには、
「プロはに何に注目しているのか」
知るところから始めましょう。

月1回、プロが自ら
あなたに分かりやすく「今、注目すべきこと」をお届けします。

こちらからどうぞ

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!

ご登録はこちらから

最近の投稿

  • チャートで変化を感じ取りましょう
    From 小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 私は投資をする上で、世界の投資市場が今どのような状況な
  • 【ビデオ】月に1度のエンタメ番組(ノーカット版)
    From:小次郎講師 オフィスのデスクより、、、 おはようございます。 小次郎講師です。 このブログをお読みのほとんどの方は ご存知か
  • 僕のライフワーク
    From 小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 新時代「令和」が始まってから 早1ヶ月が経ちまし


価格を決めるのは、誰?」への2件のフィードバック

  1. dolce

     こんばんは。
        毎度お世話様に成っており心から感謝致します。
      つきましては、fxの場合 相対取引に成りますが
      長点と短点は何でしょうか。殊に短点に関して分かりたいですが
      後から機会があればお聞きいたしたいです。
      これからも色々宜しくお願い申し上げます。
      ご苦労様でした。ありがとうございます。

    返信
    1. 小次郎 講師小次郎 講師 投稿作成者

      こんばんは。
      小次郎講師です。

      相対取引の短所を一つ上げるとすれば、
      投資家とFX取引業者が直接取引することになるため、
      FX業者が破綻した場合、投資家が預けている資産の取り扱いが問題となります。

      法律上は、顧客資産の保全のための措置を講ずることが義務化されていますが、
      銀行預金における預金保険や証券会社における投資者保護基金のような、
      セーフティーネットはまだまだ不足しているのが事実です。

      こちらこそ、引き続きよろしくお願いいたします。

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.