スタッフのブログ

死ぬこと以外、かすり傷。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 投資の学校事務局

新宿六丁目のオフィスより……

皆様、
いかがお過ごしでしょうか。

投資の学校事務局の菊地です。

私は一戸建てに住んでいるのですが、
ついに雨戸を閉めて寝ないとつらくなりました。

本格的な冬が来たと
改めて実感しています。

皆様も体調を崩されないよう、
くれぐれもお気を付けください。

さて、
今年の漢字が「災」に決まったという
ニュースをご覧になった方はいらっしゃいますか?

今回はそのあたりについて、
思うところを書いてみます。

「災」が意味するもの

1995年から開始している
日本漢字能力検定協会の
キャンペーン「今年の漢字」を
ご存知の方は多いはずです。

京都の清水寺で、
お坊さんが大きな筆を使い、
達筆な文字でえいっと書くのは
年末の風物詩です。

平成最後の漢字が「災」というのも、
なんだか微妙な気分になりました。

ちなみに、
過去にどんな字が選ばれていたのかは、
日本漢字検定協会のホームページから
ご覧になれます。

私もブログを書くにあたり、
見てみたのですが……

「平成って、いろんなことがあったんだな……」
と思うと同時に、
「いつも明るい時代、なんてないのかもしれない」
と感じました。

死ぬこと以外、かすり傷

確かに、私が覚えている限りでも、

・ 阪神大震災
・ 東日本大震災
・ 地下鉄サリン事件
・ アメリカ同時多発テロ

など、「一体、どうなってしまうんだろう」
と思わされる事故・事件・災害が、
平成の間にたくさん起こりました。

もちろん、
事故・事件・災害に巻き込まれた方には、
哀悼の意をささげたいです。

しかし、
生きている限りは、
周囲で何が起ころうと、
「自分がどうありたいか」を
考えながら行動するのが
一番大事なのかもしれません。

実は、
今年の夏ごろに、
投資の学校のある先生と
ご飯を食べる機会があったのですが、

その時の帰り道の途中で、
先生が「死ぬこと以外かすり傷」と
おっしゃったことが、
とても印象に残っています。

その先生は、
国内外を問わず、金融機関の
第一線で活躍してこられた方でした。

相当な努力をされてきたの
ではないかと思いますが、

実は、
「死ぬこと以外かすり傷」
とさらりと言えるお人柄が、
その先生の一番のすごさだと感じています。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

本日も、
皆様にとって素敵な一日となりますように。

<編集部からのおすすめ>
「死ぬこと以外、かすり傷」
……とても重みを感じる言葉ですね。

実はその先生を講師にお迎えした、
「株式投資の極意」についてみっちり学べる
無料オンライン講座が今、公開されています。

*期間限定なのでお見逃しなく*

◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. AKI2 より:

    来年の漢字は、争、です!w

    1. 事務局 より:

      お世話になっております。
      菊地です。

      たしかに、
      過去の漢字を見ていると「毒」とか「倒」とか「戦」とかがあったので、
      あり得ない話ではないですよね……

      できれば明るい漢字に、と思いますが、
      なかなかうまくいかないのでしょうか。

      コメント、ありがとうございました!
      引き続きよろしくお願いいたします。

  2. 宙船 より:

    「死ぬかす」って箕輪厚介のベストセラーの話じゃなかったの(・・?)そう言うタイトルの歌もあるみたいだけど、一般的に使われてる言葉なのかな…。私の今年の言葉は「惑」かなぁ。今までの既成概念が覆るような、薄々思ってたことがやっぱりそーやったんや。でもどうする?みたいな。嘘が暴かれていく一年。でも失われたものが多すぎる。今までは、考えず周りに合わしているのが良い処世術だったけど、新しい年号の年は考えないものが淘汰される時代になるのだろうな。

    1. 事務局 より:

      こんばんは。
      最近大阪にも出没?するようになった菊地です。

      確かに、ベストセラーの本でありましたよね。
      その先生も、この本を読んでいたのかは、
      定かではありません。

      「惑」ですか……
      私は今年、不惑だったのですが、
      実際は右往左往ばかりでした。

      新しい元号の年は、
      どうなるか不安であると同時に、
      楽しみでもあります。

      いつもコメントありがとうございます。
      引き続きよろしくお願いいたします。

コメントを残す

*

CAPTCHA