便利になるならいいけれど……

From 投資の学校事務局

新宿六丁目のオフィスより……

いかがお過ごしでしょうか。
投資の学校事務局の菊地です。

さて、皆様には、
「持ってるけど、案外使っていないもの」
ってありませんか?

私の場合ですが、
運転免許証は身分証明書としてしか使っていません。
(めでたくゴールドになりました!!!)

それと並んで使っていないのが、
「マイナンバーカード」です。

今回、私のマイナンバーカード事情がもしかしたら
変わるかも?という法律の話を聴いたので、
本日の話題にしてみます。

デジタルファースト法とは?

5月24日に、
行政手続きを原則、電子申請に一本化する
デジタルファースト法が参院本会議で可決・成立しました。

簡単に概要をまとめると、
次のようになります。

デジタルファースト法の概要

  • 行政手続きのオンライン実施を原則にする
  • 2019年度から引っ越しに伴う電気・ガスなどの
    契約変更をネットに一本化し、死亡や相続の手続きも順次移行する
  • 20年度から法人設立時の登記事項証明書の
    添付が不要になり、ネットで申請ができる。
  • マイナンバー通知カードが廃止される。

外国に比べると、日本の行政手続きの電子化は遅れているようです。
そこで、電子政府化を進めるのが今回の狙いのようです。

確かに、便利になるならいいけれど、
手放しで喜ぶこともできないと思ったのも事実でした。

どこで何があるかわからない

行政手続きのオンライン実施を実際にできるようにするには、
システムの大改修が必要になります。

たくさんの人・企業がそのプロジェクトにかかわるわけですが、
中には魔が差してしまう人もいるかもしれません。

つまり、情報漏洩が起こるということです。

もちろん、どんな企業にだって、
情報漏洩は起こりえます。

結局のところ、技術が進み、
社会が便利になったとしても、
人がモラルを持って行動をしなくてはいけないことには変わりません。

私も、「やってはいけないことは何か」を常に意識し、
日々行動しないとと思いました。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

本日も、皆様にとって素敵な一日となりますように。

<編集部からのおすすめ>

どんなに時代が変わっても、
大事なのは「なぜ、そうなるのか」を考え抜くことです。

投資家として一度は経験してほしい、
「なぜ、そうなるのか」を考え抜きながら学べるプログラムを、
業界の第一線で活躍したプロが考えてくれました。

こちらから体験してみてください。

早速解決しに行く

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

最近の投稿



2 thoughts on “便利になるならいいけれど……

  1. 沼本昌平

    初めてコメントします。どうぞよろしくお願いします。免許証にも色々ありますが私は今年2種類の免許証を取得しました。マイナンバーカードとアマチュア無線局の免許更新です。いずれも平成のうちに行い平成の年号を残しています。なんとなく平成の年号に親しみを感じていただけのことでしかありませんが。今後とも宜しくお願いいたします。

    返信
    1. 事務局 投稿作成者

      コメントありがとうございます!今後ともよろしくお願いします!

      返信

コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.