大規模災害後で実際にあった市場の噂を教訓に

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿オフィスの撮影スタジオより

 
懸念されていた先週末の台風19号は
事前から警戒されていたように、
甚大な被害を広範囲にわたってもたらし、
現実の事となったのは残念です。

被災された方々には
心よりお見舞い申し上げます。

 
こんな状況の中で、
不謹慎なテーマになってしまう懸念はありますが、
過去の経験を少しでも紹介したいと考え、
簡単に触れてみたいと思いますが・・・その前に、

 
世帯主の皆さんが、
家屋に掛けている火災損害保険は、
水害保険もカバーしている可能性が高い、
ということをご存知でしたか?

台風による河川氾濫被害や土砂災害は
程度にも拠りますが概ね対象になるようです。

水害保険部分を意識的に外して、
契約されているケースもあるようですが、

少し古いデータではあるものの、
某保険サイトの情報によりますと、
今回被災された各都道府県における
水害保険のカバー率は
概ね70%という心強い数字も見えています。

当該PDF資料はこちら
※出典:損害保険料率算出機構

被災された方は是非、ご契約先の保険会社に
詳細を問い合わせてみることをお薦めいたします。

——————————————-

おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

それにしても、台風19号の被害は想定以上でした。
特別警報が広範囲に発令され、
「命を守る行動」が盛んに叫ばれましたが、

避難に対する具体的な誘導は
どこまで徹底されていたのでしょうか。

テレビやラジオのような全国ネットで
細かい誘導までを行なうには、
限界がある一方で、
その代わりになるメディアのイメージは
持ちにくいのが現状です。

確かに携帯電話には、
朝から警報を知らせるメッセージが届きましたが、
実際に最寄の避難場所の受入れ体制が
整っているのかどうかなど、
行ってみないと分からない状況は
避難にも腰が重くなって当然という気もします。

今一度、
危機対策を再確認しておきたいと思います。

——————————————–

さて株式市場では、
台風被害からの再建需要を見込んだ銘柄が
買われている側面もあるようですが、

阪神淡路大震災の際に、
同様な考えで日経平均を買い込んだ
今は無き「ベアリング・ブラザーズ」の
シンガポール拠点は、
その後の株価暴落で大損失を計上し、
233年の歴史を終えることになりました。

また、東日本大震災でも、
同様な思惑が一時的にささやかれ、
暴落後の市場は急速に反発しましたが、
結局その後約1年間は、
幾度か下値を試す展開もあるなど、
そう簡単に日経平均は回復しませんでした。

 
当時と大きな違いとして、
現在の市場には過剰な流動性が出回っており、
下値を拾うには十分な資金があることに加え、
ETFを通じて、日銀が株を買い支えている状況は、
株式市場の底値を支える要因であることは確かです。

ただ純粋に復興需要と、
遺失して暫くは停滞する被災地域の経済とを
比較した場合、
需要の方が上回るかどうかは疑問であり、
日本経済全体としては、
五分五分と考えていたほうが無難な気もします。

保険の保険って??

次に、為替の側面から考えてみます。

被災した都道府県の家屋に掛けられていた
損害保険から支払われる保険金額の総額は、
こちらも恐らく膨大な額になるでしょう。

日本の保険会社から国内に支払われる通貨は
当然日本円ですから、
そこに為替は存在しないようにも見えます。

 
しかし、殆どの保険会社はそのリスクヘッジに
再保険の仕組みを使っていて、
突発的に発生しかねない
多額の保険金支払いに備えて、
世界中の保険会社はある意味でお互いに
補完し合っているのが実情です。

ですからもし今回の災害で、日本の保険会社が
この仕組みを使わざるを得ないことになった場合、
日本の保険会社が受け取る再保険の保険金は
外貨になる可能性が高く、
その外貨を日本の被災者に支払う円貨に替える、
円転が発生します。

これは明らかに円高要因となり、
過去の歴史における、
災害後の株価下落の一要因は
こうした円転需要による円高だった、
という説もあるくらいです。

 
真偽の程は誰にも判りませんが、
災害からしばらく時間が経過した頃に
同じような円高話が出てくる可能性は、
十分あり得ることを
予めお伝えしておきたい、と思いました。

 
 
浅野敏郎

—<<<編集部よりおススメ>>>—

株式投資をする際に、
プロ、アマ
初心者、上級者を問わず、
一番悩ましいのが銘柄選びです。

自分らで仕込んだ後に推奨銘柄としてハヤシ立て、
イナゴトレーダーらに相場を持ち上げさせ、
最後に追いかけてきたシロウトの買いで
売り逃げる・・・

ような怪しい手法もあるようですが、

一番重要なのは
大きな変動には至っていない初動に乗ること。
そこさえ押えていれば

銘柄を選ぶことなどたった3分で、
しかもご自身の判断でも充分可能です。

メールアドレスをご登録いただくだけで
その「平野式・株式投資法」を
無料動画講座で公開いたします!!


今すぐ詳細をチェックする

 
◆◆◆公式Twitterはじめました!◆◆◆

投資や相場の最新情報や、
面白くてためになる相場格言などを毎日つぶやきます。
フォローよろしくお願いします!
↓↓↓
フォローはこちらのページからお願い致します!

 
◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを、どんどん配信しています!

そういえば最近、ライン登録をすると、
「期間中、このお知らせを見せるだけで、◎◎が無料!!」
などというメッセージが届く飲食店が増えましたね。

「投資の学校」のLINE@も、
登録するだけで、お得なお知らせが届くかも??

後悔する前に是非、こちらからご登録ください。
↓↓↓
ご登録はこちらのページからお願い致します。

最近の投稿



コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.