米国株強い…でも…

From:矢口新

自宅デスクより、、、
 
おはようございます。矢口です。
 
ここ最近では、香港の暴動が激化しているのを
ニュースでみますが、かなり危険ですね。
 
大学生も銃で殺されている、なんて
もし日本でおこればとんでもないことです。
 
治安の良さは誇れるので、日本は住みやすいですね
 
なんて余談を挟んでしまいましたが、
 
今週の相場は、
どちらかというと堅調ではありませんね。
 
ダウは最高値を更新して、まだまだ米国株は強い
このような考えの人も多くいると思いますが、
 
必ず想定しておかないといけないのが、
 
逆のシナリオです。
 
というのも、
 
債券市場では、
長期債利回りが低下し2週間ぶりの
 
低水準を付けました。
 
米中通商協議を巡って不透明感が根強く、
リスク選好が全般的に後退もしています。
 
市場は米中の妥結に 慎重ながらも楽観的だが、
交渉が一進一退を繰り返していることから、
手控えムードも広がっているとのことです。
 
また、ナスダック指数は小幅であるが上昇したものの
ダウ工業株(.DJI)とS&P総合500種(.SPX) が
下落して取引を終えたりもしています。
 
以上により、多少であるがリスクオフの方向に進んでいく
雰囲気も否めない相場になり得えます。
 
今週は、どちらに転ぶか難しいといえますね。
 
トレードする人は、
 
常に、リスクとリワードを考えていきましょう!
 
―矢口 新
 

 
<編集部からのおすすめ>
まさに職人技。

売買銘柄の選び方、売買タイミングの判断まで
明確なルールに沿ってルーティーンで運用して
堅実に利益を積み上げる

矢口流・株式運用法のエッセンスを
動画講座で無料公開中。

詳細はこちらをクリック

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿

  • 相場分析は使い分けが重要である
    From:矢口新 自宅デスクより、、、 おはようございます、矢口です。 今回は、相場分析の手段についてのお話をさせていただきます。 手段
  • 損切りで勝機が変わる。
    From:矢口新 自宅デスクより、、、 おはようございます、矢口です。 先週は、主要指数が最高値を更新をして、 比較的に上昇の勢いが
  • トレードで成功するためには。
    From:矢口新 自宅デスクより、、、 おはようございます。矢口です。 今週も米株の勢いが強い・・・ このような印象ですね。 最高


米国株強い…でも…」への2件のフィードバック

    1. 矢口新矢口新

      とし104さん、コメントありがとうございます。
      トレードで利益を残すためには基礎という土台がしっかり
      ないといけません。これからひとつずつ土台を積み重ねていきましょう。
      焦らず、自分のペースで。

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.