矢口新のブログ

流動性による「重さ・軽さ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

売買金額が市場にどれくらいの影響を与えるかは、
ほとんどの人にはイメージできないことと思う。

そこで、大手金融機関のディーラーなどは自分で大量に売ったり買ったりすることで、
該当金融商品の流動性に応じて、価格がどれくらい動くのかを体感しようとするものなのだ。

注釈するなら、流動性の小さなものなら比較的少額で動くが、
米国債のようなものを動かすには大量の資金が必要だ。

そうしたことに関連して、ブルームバーグは非常に興味深い記事を載せた。

フランシスコ・ブランチ、サビタ・スブラマニアン両氏を含むバンク・オブ・アメリカのストラテジストは3月17日のリポートで、ビットコインでは9300万ドル(約100億円)の純流入が価格を1%押し上げると推計。
金相場を同じだけ動かすのに必要な額は20億ドルと、ほぼ20倍だと指摘した。
また、期間20年以上の米国債では数十億ドルでも相場に意味のある影響は与えないという。
一方、ビットコイン全体の約95%が大量に保有する上位2.4%のアドレスによって保有されていることから、「支払いメカニズムとして、また投資手段として実際には有用でない」とした。

参照:100億円があればビットコイン価格1%押し上げ可能-BofA推計
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-03-19/QQ6IWFDWRGG501

流動性がないものは軽い。

少額の資金でも簡単に上がるが、売りに行けば思いがけないほど下がる。

一方、投資やトレーディングが安心して想定通りの価格で売買するには流動性が不可欠だ。

投資物件やチャートを分析して売買しているのだから、
誰かの気まぐれな売買で簡単に動かれては困るのだ。

投資物件には相応の流動性が、言い換えれば適度の「重さ」が必要なのだ。

ちなみに、FRBは米国債を月800億ドル買い続ける。

ヘッジファンドや往年のボンドキングが例えば合わせて1500億ドル売れば、
米国債価格は下がり、利回りは上昇する。

しかし、FRBは翌月も800億ドル買う。

前月と合わせると1600億ドルになるので、
利回りを上昇させるには、投機筋は少なくとも追加で100億ドル以上売らねばならない。

しかし、FRBはその翌月も800億ドル買う。

投機筋がそれ以上売れないとなると、
その月には投機筋の買い戻しだけで1600億ドル以上が買われることになる。

つまり、米長期債の利回りは急低下することになる。

ごく単純化するなら、これが相場の価格変動のメカニズムだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12万人以上が学んだ
投資の英知を無料で体験できます



僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

結果として2021年現在では累計13万人以上の方に講座を体験していただき、
大変多くの勝ち組投資家が誕生しています。

ここに、日本トップクラス…
いえ、世界でも有数の「投資の教養」があることは
手前味噌ながら自信があります。

僕自身も、これまで投資の学校を運営してきた中で、一流の投資家から大変多くの教養を学びました。

そこで投資の学校代表として一番間近で一流の投資家の先生方から学んだ投資の教養を、1人でも多くの個人投資家に届けるためYoutubeで動画を投稿しています。



例えば下記のような動画をご覧いただけます。

・元金10万円スタートでも「億越え」は可能!?お金が驚くほど増える「投資の真の魅力」を教えます!

・【利益率がUPする?】投資の取引記録の付け方とツールのプレゼント

・【稼げる投資の時間帯】一日中パソコンに張り付かなくていいFX投資の時間割!副業FXや株式投資のスキマ時間の効率的な時間帯選びとは!

・【完全版】日本株の個別銘柄で、これから上昇する銘柄を見つける方法

・【永久保存版】初心者が投資で儲かるために覚えておくべき「トレンド」を利益にするための注意点、鉄則とは。

どれも10分ほどで学べる内容になりますので、通勤時間や寝る前のちょっとした時間にご覧ください。

Youtubeで見る(無料)

コメントを残す

*

CAPTCHA