作成者別アーカイブ: 矢口新

責任の擦り付け合い

From  矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

先日は、私が担当している
講座の懇親会に出席してきました。

講義に来てくださっている
受講生の皆様が何を考えていらっしゃるのか、
目の前で伺うことができる貴重な機会です。

私は根本的に、
人と話すのは好きなので、
仕事の一環ではありますが、
楽しませてもらっています。

来月は大阪に伺いますので、
ご出席を予定されている方は、
ぜひ、楽しみになさってくださいね。

さて、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
私は長年、金融機関で働いてきました。

その時ご縁があった方と、
今でも交流させていただいているのですが、
今回はまず、それにまつわるエピソードからお話させてください。

働きやすい上司って、誰?

私は5つの会社で働いてきましたが、
5つ目の会社・スイスユニオン銀行に転職したとき、
長年付き合いがあったとある生命保険会社の
年金運用部長の方から、
こんな質問をされました。

「矢口さん、どこの上司が働きやすかった?」

と。

ちなみにその生命保険会社は、
業界最大手の会社でもあったので、
私の過去の上司ともそれなりに付き合いがあった方でした。

その質問に私はこう答えたのです。

「業績がいいときは、みんないい人。
悪いときにいい人だった人はいない」

こうして書いてみると、
身も蓋もないのですが、
皆さんにも覚えはありませんか?

会社だって業績が悪いと険悪になるし、
家庭だって、複雑な問題があると、
なかなか和やかにはいかないものです。

「専業主婦の年金」はおかしい?

実は、私がこんなことを思い出したのには、
ちゃんと理由があります。

今の日本の年金制度では、
専業主婦の人でも、
年金を受け取れる仕組みです。

しかし、「専業主婦が年金を受け取るのはおかしい。
せめて半額に」という意見が、
働いている若い女性から出ているとか……

おかしいですよね。
専業主婦の分の年金を負担するのは、
配偶者であるご主人です。

そもそも、本当に若い女性が
そんなことを言っているのかはわかりません。

ただ、社会の環境が悪いときは、
人も世の中もぎすぎすするということでしょうか。

年率7%の運用?

ちなみに、国民年金の受け取り開始年齢は現状、65歳とされています。
60歳に前倒しで受け取ると減額されるし、
70歳に送らせると増額されるのですが、
なんと受給額は2倍違うそうです。

これを年率に直すと7%。
国がその利率で運用すると約束したようなものですが、
守れると思いますか?

ご存知の通り、
日本は少子高齢化に瀕しています。

つまり、いずれは負担する方が負担される方より少なくなりますが、
このシステムを維持するには、受給額を減らすか、支払額を増やすしかないのです。

もちろん、これまでシステムの維持が難しいときは、
国が補助すると約束してきました。

しかし、当の国が大赤字なのです。

政府はかねてから、数年後はプライマリーバランス=単年度の財政収支
の赤字をなくすと言い続けてきましたが、
実際には拡大を続けています。

過去何年間の歳出規模は年100兆円なのに、
税収が60兆円に届いたのは1990年の一度きりでした。

それにも関わらず口約束が続くのですから、
文句も言いたくなるものです。

でも、政府はそうされると困るから、
国民がお互い文句を言いあうようにしたほうが都合がいいのかもしれません。

もし、あなたが今、誰かを「ずるい」と思っているなら、
一度立ち止まって考えてみてください・

実は、もっと上の誰かの策略のせいかもしれませんね。

<編集部からのおすすめ>
仮に、あなたが
「勉強してもうまくいかないのは、
自分に能力がないせいだ」と思っているなら、
まずはその認識を改めてください。

うまくいかないのは、
「うまくいくやり方を知らない」だけです。

では、うまくいくやり方を、
学びたいならー
まずは、自宅で始められるこれを試してみましょう。

ここからどうぞ

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

<投資の学校・LINE@登録募集中!>
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

デフレというガラパゴス

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

先日、電車に乗っていたら、
電車の中でスマートフォンではない
携帯電話を取り出している方を見ました。

「ガラケー」と言われているものです。

もともと、「ガラケー」の「ガラ」は、
南米のエクアドルにある「ガラパゴス諸島」の略でした。

この島は、四方を海に囲まれているため、
生物が独自の進化を遂げたといわれています。

そのため、何かが特定の地域で、
独自の進化を遂げることを、
「ガラパゴス化」というようになりました。

「ガラケー」も、日本国内の
ユーザーのためだけに開発・設計したものだから、
そう呼ばれるようになったようです。

最近「日本人はバブル時代より豊かになった」と
いう人も増えています。

でも、これも私からすれば、
一種の「ガラパゴス化」です。

この説明だけでは、
簡単すぎてわからないと思いますので、
もっと詳しく解説しましょう。

日本が世界に取り残されているという事実

世界に目を向けてみると、
学業も人物も優秀で、しかも日本語も話せるという、
非常に優秀な学生がたくさん存在します。

もちろん、日本企業だって、
そのような学生に入社してもらいたいはずです。

そして、日本企業は
優秀な人材コンサルタントに依頼し、
外国人の優秀な学生にオファーを出しますが、
内定を出しても最終的に辞退されるのは、
決して珍しくありません。

理由を簡単にまとめると

「日本企業の給与額が低く、
国際競争に負けてしまう」

からです。

そもそも、諸外国より
給与額が低いのには、
「物価が全く違う」
という背景もあります。

例えば、
スキー場でランチを食べたとしたら、
日本では1000円くらいで済むでしょう。

しかし、フランスでは、
日替わり定食のようなものでも、
18ユーロ(約2200円)もするとのことです。

スキー場のランチ1つみても、
日本は物価の安い国であり、
人件費も低くなるため、
競争力が低下してしまいます。

そこで、国内と国外の物価の差を縮めるには、
円高になってもいいことになりますが、
実際はうまくいきません。

円高になると輸出競争力が低下し、
インバウンド種皮も落ち込みます。

しかし、さらに円安になれば、
物価の差がさらに拡大し、
日本はますます貧乏になるのです。

日本がそれでもやってこれた理由

今の日本経済は、
停滞しているといっても過言ではありません。

税収だけをとってみても、
1990年(消費税導入の翌年)にピークを迎え、
それ以降はずっと落ち込み続けています。

また、超低金利政策や量的緩和による日銀資産の拡大など、
間違った経済政策を取り続けていたため、
「次の危機に打つ手がない」のが現状でしょう。

「日本人がバブル時代より豊かになった」
というのは、ある意味ガラパゴスです。

ここから生き残るために必要なのは、
「正しい現状認識」でしょう。

<編集部からのお知らせ>
世界と日本の格差が拡大している今、
自分でできることは、

「現状認識を正しくすること」
「自分を守るための正しい知識を身につけ、
できるようになること」

です。

世界の第一線で活躍してきた、
伝説のディーラー・矢口先生の英知を、
まずは無料で学んでみてください。

ここからどうぞ
* 期間限定です。

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

<投資の学校・LINE@登録募集中!>
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

年金の支払いは、いくつまで?

From  矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

元号が新しくなりましたね。

昭和から平成に変わるときは、
天皇陛下の崩御(お亡くなりになること)を、
前提にしていたため、
何となく重苦しい雰囲気だった気がします。

時期が真冬だったのも、
影響していたのかもしれません。

それに比べると、
今回は天皇陛下の生前退位を前提にしているし、
時期は春だったため、
割と明るい雰囲気だったのではないでしょうか?

ずっと明るく……といきたいところですが、
ちょっと気がかりな話を今日は紹介します。

年金って、65歳からもらえるものでは?

これをお読みの方の中には、
30代から40代の働き盛りの方も、
たくさんいらっしゃるでしょう。

会社にお勤めなら、
給料からの天引きで、
ご自身でビジネスをされているなら、
自分で納める形で、
年金=国民年金の掛金を払っているはずです。

ちなみにこの国民年金は、
65歳からもらえる仕組みに
(今のところ)なっています。

しかし、仕組みが大きく変わるかもしれないという
報道を、最近目にしました。

75歳になっても払う???

簡単にまとめると、

「厚生労働省は会社員らが入る厚生年金について、
一定額以上の収入などがある場合、70歳以上も
加入して保険料の支払いを義務付ける検討に入る。
現在は 70 歳未満としている保険料の納付期間が長くなるため、
受給できる年金額は増える」

ということらしいです。

確かに、加入期間が長くなれば、
支払う保険料も多くなるので、
年金額は増えて当然です。

でも、問題なのは「義務化」されることでしょう。
根本厚生労働大臣はこの報道を否定してはいますが、
義務化されるのもそう遠くはないのかもしれません。

義務化するのは誰のせい?

なぜ義務化するのかを考えてみましょう。

とどのつまり、
「義務化しないと、制度が維持できないから」
です。

すでにご存じの方も多いと思いますが、
現在、日本は深刻な少子高齢化状態にあります。

つまり、

国民年金の掛金を払う側の人<国民年金を受け取る側の人

の状態なのですから、
年金制度が維持できないのも無理はありません。

さらに悪いことに、
この年金制度を動かしている政府も、
財政赤字が拡大する一方です。

少子化も、財政赤字も、
経済政策の失敗が招いた結果でしょう。

そして、残念なことに、
失敗に終わる経済政策を掲げた政治家を選んだのは、
私たち国民です。

その失敗のツケはやはり、
国民が払うしかないのかもしれません。

<編集部からのおすすめ>
「どうして価格は動くの?」
投資を始める人ならだれでも一度は抱くこの疑問に、
伝説のディーラーが本気で答えてくれました。

これを見れば、あなたの疑問はきっと氷解します。

早速解決しに行く

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

嘘から出た実

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

桜の季節も終わり、
毎日温かくなってきましたね。

昼間はかなり暑いので、
上着もいらないだろう……と油断して家を出ると、
夜が寒かったり、ということもあり得ます。

皆さんも、体調には気を付けてくださいね。

さて、日本には「嘘から出た実(まこと)」という言葉があります。
ご存知の通り、
「冗談のつもりで話していたことが、
実際に起こってしまうこと」
を指しますが、日本から遠く離れたウクライナで、
それを実感する出来事がありました。

大統領を演じたコメディアンが……

旧ソ連の国・ウクライナでは、
2019年4月21日に大統領選が行われました。

現職のペトロ・ポロシェンコ氏を圧倒的な大差で破ったのが、
ポロディミル・ゼレンスキー氏。

実は彼はもともと、政治とは関係のない人物でした。

本職はコメディアンで、
平凡な教師が大統領になり、
汚職対策に奮闘するドラマで主人公を演じていたのですが……

本当に大統領になってしまうとは、驚きですね。
ちなみに、選挙戦では大物財界人と政界の癒着や、
既存政党の汚職体質の打破などを訴えていました。

歴史的に大きな出来事

ウクライナは旧ソ連の国であったため、
民主主義の歴史も浅い国と言えます。

その中で、大きなトラブルもなく、
選挙をうまく運営し、
有権者がユダヤ人候補者を圧倒的支持で
国家元首に選出したことは、
歴史的な出来事でしょう。

ちなみに、ポロシェンコ前政権は、その前の
ヤヌコビッチ政権を武力クーデターで倒したことが
きっかけで誕生した政権です。

ポロシェンコ氏が大統領を名乗り、
アメリカが即座に承認したから大統領になったのですが、
この動きにロシアは黙っていませんでした。

「違法」とみなして反発し、
ウクライナの一部のクリミアを、
武力で併合したのです。

なお、その後の住民投票で、
クリミアのロシア帰属が承認されました。

とはいえ、この一件がきっかけで、
ウクライナとロシアの関係は大幅に悪化しています。

いまだに、両国間の直行便は運行を再開していないし、
2018年11月には、
ロシア軍がウクライナ感染を銃撃して拿捕する事件も起きています。

なお、この選挙戦中に、
キエフ国際社会学研究所というところが、
世論調査を行ったところ、
ロシアとの対話の再開を望む声が、23.3%と以外に大きかったことを、
書き添えておきます。

ゼレンスキー氏の勝利が示唆するもの

最後に、私の意見ではありますが、
ゼレンスキー氏の勝利が示唆するものをまとめておきましょう。

1)スラブ人の国ウクライナが、ユダヤ人候補を圧倒的に支持するという多様性を受け入
れられることの証明。

2)西側のメディアが喧伝していたほどには、ウクライナは反ロシアでも、親米、親EU
でもないということ。

3)ゼレンスキー氏の弱点だとされる政治経験のなさを、むしろ積極評価するほど、これ
までの政治家に失望していること。

4)対立よりも、平和的共存を、何よりも望んでいるということ。

世界中が、今回のウクライナとゼレンスキー氏のように、
平和で幸せに包まれることを、
私も祈っています。

<編集部からのおすすめ>
「価格が動くのはなぜ?」
そんな疑問を感じたら、
まずはこちらで解決してみましょう。

伝説のディーラーが、
一から丁寧に教えてくれました。

早速解決しに行く

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

情報格差とウィキリークス

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

いよいよ元号が変わるまで、
2週間を切りました。

前回、昭和から平成に切り替わったときは、
私は金融機関の現場で働いていましたが、
その時から比べると、
色々なことが変化したな……と思います。

証券取引所だって、
実際に取引担当者が立ち、
色々なサインを繰り出しながら取引をしていたわけです。
(いわゆる「場立ち」ですね。)

今はコンピューターの発展に伴い、
そういう光景は見られなくなりました。

このように、コンピューターが発展し、
情報が手に入りやすい世の中だからこそ、
情報との向き合い方を考えてみたいと思います。

情報の格差を考えてみた

情報との向き合い方ですぐに思い浮かぶのが、
「情報格差」という言葉です。

一口で情報格差といっても、

・ 情報インフラ格差:物理的にインターネットが高速・安価で使えるか
・ 情報リテラシー格差:使いこなせる人と使いこなせない人との差

の2種類があります。

しかし、実際には、
情報の格差はさらに幅広く

・ 政府と国民
・ 中央と地方
・ 経営陣と従業員
・ 支配・被支配

の関係で生じるものも含まれます。

つまり、情報インフラと情報リテラシーが同等だったとしても、
関係次第では、情報格差が大きくなるのは考えられるのです。

ウィキリークスって結局なんだったの?

匿名により政府・企業・宗教などに
関する機密情報を公開していたサイトの1つに、
ウィキリークスがあります。

4月11日にこのサイトの創設者、
ジュリアン・アサンジ氏が逮捕されました。

逮捕の件は一度置いておき、
ウィキリークスの功績について考えてみましょう。

ウィキリークスが担っていたのは、
一言でいうと、

・ 支配階層の上層である政府が
極秘として公開してこなかった情報をリークし、

・ 世界中の人々が入手できる情報量を増やした

ことです。

つまり、先ほど触れた、
支配・被支配の関係で生じる
情報格差の縮小に貢献しました。

似たような事例で、
米国家安全保障局契約社員だったエドワード・スノーデン氏が、
米当局が個人情報を監視していたことを暴露した事件がありましたが、
結局同氏は現在、ロシアに亡命しています。

改めてインフラとリテラシーの関係を考えた

結局のところ、
情報インフラを高めるには限界があります。

一般人に政府や大手プラットホーム企業並みの、
情報インフラを手に入れるのはほぼ不可能です。

しかし、情報リテラシーを高めることはできます。
いわば「読み書きの能力」みたいなもので、
訓練次第でいくらでも上達するものです。

嘆かわしいことに、
情報インフラの最上位にいても、
ろくに政治や経済運営をできない政治家はいます。

しかし、情報インフラが十分でなくても、
情報リテラシーが高いために、
投資でもうまくいき、的確な判断を下せる人も、
たくさんいるのです。

<編集部のおすすめ>

新元号が「令和」と決まり、
いよいよ、日本は新しい時代に突入します。

そして、
その新時代の相場で生き抜くための最新投資法を
日本最高峰の投資教育家・小次郎講師が
【無料】で公開中です。

小次郎講師が教える最新投資法のキーワードは
「3×3」

この意味を知った時、
あなたの投資成績がガラッと変わるでしょう。

無料公開は期間限定ですので、
お早めに参加登録をお済ませください。
詳細はこちらをクリック

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

夢と目標とステップの関係

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

先日、電車に乗っていたら、
どこかの大学の入学式を終えたばかりと
思われる学生さんとすれ違いました。

新しい生活は慣れないことも多いかもしれませんが、
その分、楽しんでほしいと願っています。

そして、ふと、
「彼らの将来の夢ってなんだろう」と思いました。

今回は、夢と目標とステップの話をしましょう。

夢と目標とステップの関係

先日、イチロー選手の現役引退が報道されました。
彼は、小学生のころから「プロ選手になった時の自分」を
明確にイメージし、具体的なステップまで示した作文を書いていたそうです。

さしずめ、夢につながる目標を定め、
目標へのステップを一歩一歩進んでいくようなイメージでしょう。

もしかしたら、一流の投資家たちも、
そのようにして大きな成果を得てきたのかもしれません。

ここで、私自身に置き換えて考えてみました。

私は外国為替のブローカーとして働き始めましたが、
3年後には日本の証券会社で外債ディーラーになりました。

これといった夢と目標があったわけでもないですが、
毎日地道にできることを積み重ねた結果だと思っています。

結局のところ、
地道にできることを積み重ねることー
つまり、ステップを一歩一歩進むことが、
目標を達成し、夢をかなえるために不可欠だということです。

もしかしたらわかりにくいかもしれないので、
例え話をしましょう。

初めて梯子を登った日のこと

あなたは、生まれて初めて梯子を
登った日のことを覚えていますか?

きっと、登る前は怖かったと思います。

でも、いざ1段目に足を置き、片手をあげて
頭上の段をつかみ、もう一方の足を2段目に置き……
を繰り返していくうちに、「なんだ、それほど難しくない」と思いませんでしたか?

「なんだ、それほど難しくない」と思うことー
つまり、「目標を小さく刻むこと」が、
実は大きな夢を実現するのにとても重要です。

逆に、遠い将来の大きな夢のことばかりを考えると、
かえって夢が叶いません。

夢を実現するという未来があまりに遠くにあるため、
気持ちがくじけてしまい、
実現する前にあきらめてしまうことも多いからです。

私から個人投資家の皆さんにお勧めしたいこと

実は、私の投資法も、
「目標を小さく刻む」という考え方を取り入れています。

私は短期トレードをおすすめしていますが、
1分足などでの、数時間の短期トレードを積み重ねていくことで、
いつの間にか大きな成果に結びつくのがその理由です。

ぜひ、日々の生活に上手に取り入れてみてくださいね。

<編集部のおすすめ>

新元号が「令和」と決まり、
いよいよ、日本は新しい時代に突入します。

そして、
その新時代の相場で生き抜くための最新投資法を
日本最高峰の投資教育家・小次郎講師が
【無料】で公開中です。

小次郎講師が教える最新投資法のキーワードは
「3×3」

この意味を知った時、
あなたの投資成績がガラッと変わるでしょう。

無料公開は期間限定ですので、
お早めに参加登録をお済ませください。
詳細はこちらをクリック

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

11億円でも守れない幸福

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

新しい元号が「令和」に決まりましたね。

普段はあまり元号は意識しないのですが、
変わるとなると、どうしても気になるものです。

いずれにしても、
新しい時代が、争いのない、
平和な時代になってくれることを、
私も願っています。

しかし残念なことに、
現実はそう甘くはないかもしれません。

1つ質問しますが、
皆さんは毎月いくら、家賃を払っていますか?
(もしくは払っていましたか?)

実はアメリカでは、
この家賃をめぐって、重大な問題が起きているのです。

「我が家」は高望み?

日本でも、「住むなら賃貸?持ち家?」という議論が起こりますが、
アメリカではもっと深刻な問題が起きています。

持ち家の価格だけではなく、
賃貸料の高騰が原因で、
立ち退きを余儀なくされる人がたくさんいます。

アメリカ全土で見ると、
7人に1人の子どもたちが、
過去10年間に立ち退きを経験したとのことでした。

さらに悪いことに、
支払い不能による差し押さえ・立ち退きは、
アフリカ系米国人に偏って起きているとも報道されています。

実際に立ち退きまではいかなくても、
所得の30%以上を家賃の支払いに充てている人は、
約半数にも上るというデータがありました。

ニューヨークやサンフランシスコでは、
定職についていても、家賃が払えずにホームレスになる人もいるそうです。
家賃以外にも、奨学金のローンの支払いが大変な人も増えています。

原因の根本にあるのは、
貧富の格差の拡大です。

お金があったら幸せなのか?

ここまで読むと、
「お金があったら幸せなの?」と思うかもしれません。

しかし、実はそう単純な話でもないんです。
1%とされる富裕層の実態に目を向けてみましょう。

シリコンバレーの経営者の警護には、
億単位の経費が支払われているそうです。

例えば、フェイスブックのCEO・マーク=ザッカーバーグ氏の警護費用は、
年間約11億円かかるとか。

つまり、常に彼は誰かから狙われているということでもあるのです。
ある意味、11億円使っても、幸福は守れるとは言えないのでしょう。

ザッカーバーグ氏はきっと、
一生かけても使いきれない富を築いたはずですが、
生きている限り誰かから狙われることにおびえる人生が、
幸せだとは思えません。

こうした事情もあるせいか、
ビル=ゲイツ氏や、リチャード=ブランソン氏などは、
「自分たち富裕層にもっと課税してほしい」
と訴えています。

あくまで私見ですが、
世界的な消費税導入と法人税率の引下げがもたらした
貧富格差と財政赤字の拡大は、
基本的に誰も幸せにしないと言わざるを得ません。

<編集部からのおすすめ>
「価格が動くのはなぜ?」
そんな疑問を感じたら、
まずはこちらで解決してみましょう。

伝説のディーラーが、
一から丁寧に教えてくれました。

早速解決しに行く

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

犯罪の少子高齢化

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

実は先日、
大阪出張に行ってきました。

投資の学校さんで講座を持たせていただいて、
ずいぶんと経ちましたが、
初めて大阪でセミナーをやったのです。

「東京のセミナーに行くのは難しいけど、
大阪ならということで来ました!」

とおっしゃって下さる方もいらして、
本当にうれしく思いました。

東京ほど頻繁ではないですが、
今後も定期的に大阪にはいく予定ですので、
楽しみですね。

さて、私はこの仕事をしていて思うのは、
「人と触れ合う時間が長い」ということです。

最近、その「人と触れ合う時間」の重要性ついて、
思い知らされるニュースを耳にしたので、
紹介させてください。

日本における高齢者の犯罪増加

イギリスのBBCが日本における高齢者の犯罪増加について取り上げていました。

その番組によれば、高齢者の犯罪で圧倒的に多いのは、
万引きだそうです。

盗むものの金額もそれほど高くない(3,000円程度)のが特徴でした。

一瞬「なんでそんなことを???」と思いますが、
ここには年金暮らしのお年寄りが抱えている複雑な事情があるのです。

「子どもの重荷になりたくない」
「身を引くのが務め」

という思いでした。

だから、万引きなどの窃盗に加え、
自殺も増えているのです。

問題の根源は、孤独であること

このような問題の根幹にあるのは、
人と人との関係が変化したことです。

つまり、それぞれ孤立してしまい、
社会に居場所が見つからないのが原因でしょう。

仮に、孤独だったとしても、
セーフティーネットがあれば、
孤独が癒される可能性は十分にあります。

同番組では、
「高齢者向けに、産業・住宅複合コミュニティーを作る」
というモデルの費用の見積もりが紹介されていました。

つまり、高齢者が年金の半分を渡すのと引き換えに、
食事・家賃・医療が無料になる仕組みです。

他の入居者たちとカラオケやゲートボールを
楽しみながら、比較的自由に暮らせます。

ちなみに、200円のサンドイッチを盗んだ場合の刑罰が2年なら、
その刑罰に使われる費用は、840万円と試算されています。

その840万円をセイフティーネットや社会的なつながりを作るために使えば、
全く違った結果が得られるのではないでしょうか?

<編集部からのおすすめ>
「価格が動くのはなぜ?」
そんな疑問を感じたら、
まずはこちらで解決してみましょう。

伝説のディーラーが、
一から丁寧に教えてくれました。

早速解決しに行く

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

人事を尽くして天命を待つ

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

何回か前のブログで、
ラジオに出演し始めた話をしたと思います。

早速、いろいろな方が、
「矢口先生、聴きましたよ!」
と声をかけてくれました。

実は今度、
出張で大阪に行きますが、
そこで出会う方とも、
ラジオの話(だけではありませんが)ができたらうれしいですね。

さて、私はいろいろな方から人生相談を受けます。
回答を相場に絡めて話すこともあるのですが、
今回は、これから新しいことを始める全ての人へのエールということで、
1つのエピソードを紹介させてください。

「人事を尽くして天命を待つ」

あるとき、私のところに、

「毎日毎日小さな値動きに翻弄され反省し、
今度は大きく構えすぎてせっかくの利益をすべて飛ばすの繰り返しです。
自分がふがいないです」

という相談が来ました。

投資をやっている方なら、
誰でも通った悩みかもしれません。

しかし、自分でわかる範囲であっても、
様々なことを考慮し決断したのなら、
後は相場の神様が決めてくれるとも思います。

  • スポーツや楽器の練習で、左手に気を取られ、右手がおろそかになる
  • 車の運転で、バックミラーを見ずに前ばかり見ていた

など、一方に気を取られすぎて、
もう一方がおろそかになるのは誰にでもあるのです。

しかし、ここであきらめてしまっては、
いつの間にかそこから遠ざかって終わります。

一方、粘り強く続けていけば、
いつの間にかできるようになっているー

あなたにも覚えはありませんか?

相場に限らず、
人生ってそういうものだとも思います。

<編集部のオススメ>

【大反響!!】
◎2019年、投資を新しい収入源として確立したい方、
◎昨年までの損失を取り戻し、プラスに変えたい方、
◎将来の夢の実現のために、堅実な儲け方を習得したい方、

そして何より、
真剣な気持ちで投資学習に励んでいる方だけにお伝えします。

戸松信博先生が多くの時間とコストを掛けて開発した、
最新インジケーター&売買手法を無料で受け取れる
新しい企画がスタートしました。

わずか3日で2000人以上が参加している
今、話題のオンライン講座に
あなたもぜひ、ご参加ください。
↓↓↓
詳細はこちらをクリック

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

一番残酷なのは、誰?

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

3日前の3月11日、
東日本大震災から8年目というニュースを、
数多くのメディアが触れていました。

たくさんの方が尊い命を落とされ、
また、今もなおふるさとに帰れていない方がいるという事実を、
私も厳粛に受け止めていきたいと思います。

さて、苦しんでいる人がいるのは、
何も日本だけのことではありません。

世界に目を向けると、
日本に暮らしている私たちからは想像もつかないことが、
今もなお起こっているのです。

今、中米で起きていること

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
ベネズエラは米国からの経済制裁を受けています。

このことで、発電所のほとんどが稼働できなくなりました。

そのため、

・ 水道が止まる
・ 病院で手術・点滴・透析などの処置ができない
・ 外貨が獲得できない
・ 食料も確保できない

など、「人々が当たり前の暮らしを送れない」
状況に陥っているのです。

しかし、アメリカの仕打ちは、
これだけでは収まりませんでした。

一番残酷なのは、誰?

アメリカ政府は3月11日、
ロシアのユーロファイナンス・モスナル銀行に対し、
制裁措置を発動させました。

理由は簡単で、
この会社がベネズエラの国営石油会社・PDVSAと
取引を続けていただからです。

つまり、
マドゥロ政権の資金源を断つためにやったのでしょう。

ある意味、今のアメリカがベネズエラに対しやっているのは、
日本の戦国時代にもあった「兵糧攻め」です。

食べ物の供給を断ち、
敵軍をせん滅させる作戦のことですが、
ベネズエラ全体は今「兵糧攻めにあっている」状態でしょう。

なお、アメリカはこれまでにも、
イラクの元フセイン大統領や、
アフガニスタンのタリバンなどの外国の要人・組織を、
「残酷」という理由で武力で排斥してきました。

今回のベネズエラへの件も、
悪意を持ってやっていると私には感じられます。

「一番残酷なのは、誰?」-そんな疑問が、
頭を駆け巡っているのです。

<編集部からのおすすめ>
「価格が動くのはなぜ?」
そんな疑問を感じたら、
まずはこちらで解決してみましょう。

伝説のディーラーが、
一から丁寧に教えてくれました。

早速解決しに行く

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

<投資の学校・LINE@登録募集中!>
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

税金は、富裕層から。

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

実は先日から、
投資の学校さんが提供する、
ラジオ日経さんの番組に出演させていただいています。

「速報!日本株攻略塾」といって、
同じく投資の学校さんで教鞭をとっている
戸松信博さんと隔週でお話しする予定です。

ちなみに、私の次回の出演は
3月18日(月)の14時半からなので、
楽しみになさっていてください。
(11日は戸松さんがお話してくださいます。)

本日は、それ以外にも私が気になったニュースを題材に、
皆さんにお話しします。
まずは、この式をご覧ください。
「26人の大金持ち=世界人口の半分」

「26人の大金持ち=世界人口の半分」

一体何を言い出すんだ、と思ったかもしれませんが、
これは、「26人の大富豪が保有する資産の額は、
全世界最下位半分の人の資産の合計額に相当する」という意味です。

貧困問題に取り組むNGO団体のオックスファムが行った調査で明らかになりました。

では、このような問題を解決するために、現実的にできることはないのでしょうか?
やはり大金持ちと言っても過言ではないイギリスの実業家・リチャード=ブランソン氏は、
「富裕層には重税を課すべき。それにより、資本主義が広く開放される」と話しています。

私もまったくの同感です。

富裕層が資本主義を広く開放する

そもそも、資本主義を広く開放するとはどういうことでしょうか?

今、世界の人口は76億人を超えています。
その半分に当たる38億人が家や車を買えるようになれば、
経済効果は計り知れないはずです。

一方、大富豪26人が毎月家や車を買っても、
経済効果はたかが知れているでしょう。

しかし現実は、富を富裕層に集中させてきたため、
世界経済は減速しつつあるし、治安も不安定になっているのです。

ここで富裕層の税負担が大きくなるよう、
税制の転換を行わなければ、
根本的な解決策には結び付かないでしょう。

命がけの遊び

もちろん、私は弱肉強食を頭から否定する気もありません。
ただ、ごく限られた富裕層に富が集中しているという現状が、
まるで「武装した上に護衛までつけて、素手の幼児と戦っている」ようにしか思えないのです。
これがまともな資本主義と言えるでしょうか。

ちなみに、先ほどリチャード・ブランソン氏について触れましたが、
前々から興味のある人物の一人でした。
彼は冒険家としても有名で、
飛行機による無着陸世界一周旅行や民間宇宙旅行などにも取り組んでいるそうです。
ある意味、命がけの遊びですよね。

そんな彼が、「圧倒的多数の人々の生活を良くするために、出来る限り
のことをする努力をしなければならない」と呼び掛けているのは素晴らしいことだと思います。

彼の呼びかけに答える富豪や、政治家が増えてほしいです。

<編集部からのおすすめ>
「どうして価格は動くの?」
投資を始める人ならだれでも一度は抱くこの疑問に、
伝説のディーラーが本気で答えてくれました。

これを見れば、あなたの疑問はきっと氷解します。

早速解決しに行く

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

<オウンドメディアやってます!!>
投資歴10年以上、MT4の達人……
多彩なキャリアを持つライター達が、
「投資をもっと有意義にする」ための本気のコラムを書いています。
毎週更新しているので、一度ご覧ください!

今すぐ読みに行く

<投資の学校・LINE@登録募集中!>
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

やらされ感

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

朝はまだ寒いですが、
日中はかなり暖かくなりましたね。

国立大学の二次試験も終わったころだから、
そろそろ新しい生活に向けて、
一歩を踏み出す方も出てくるのではないかと思います。

もし、あなた自身、もしくは、
あなたのご家族やお友達が、
新しい生活を迎えられるなら、
ぜひ、お話したいことがあります。

テストの結果で人事評価が左右される?

報道によれば、1月29日に大阪市教育委員会が、
市内の小中学校の好調の人事評価に、
生徒の学力を測る目的で府や市が実施している
独自テストの結果を反映する方針を固めたとのことです。

独自テストの学校ごとの結果を、
校長の人事評価の20%分に反映させるとともに、
賞与の半分程度を占める勤勉手当の評価材料として使うとか。

あくまで私の意見ですが、これは、
「政治家、教育委員会がやっていることの正しさを確認し、
学校長に順位をつける」ための精度だと思います。

テストはあくまで結果の一つでしかありません。
しかし、結果の一つでしかないものを、人事評価に使うのには、
疑問を覚えます。

もっと砕けた言い方をすると、
「政治家の意向に従わないものは、減給する」という
メッセージにも思えるのです。

テストや偏差値に振り回されなかった結果……

実をいうと、私はいわゆる「受験戦争」は支持しません。
正直、子供のころから支持しなかったからこそ、大学に入るために何年も浪人しました。

しかし幸いなことに、私が通っていた高校の先生方はのんびりしていたうえに、
親も大目に見てくれました。

何年も浪人してから入学した早稲田大学の先生は、
推薦文まで書いてくれたので、私はメルボルン大学に留学できたのです。

これは、仕事を始めてからも同じでした。
悪いところには目をつぶり、良いところを評価してくれたからこそ、
自分を発揮できる機会をいただけたのだと思います。

人に恵まれた結果とも言えますが、
少なくとも、偏差値やテストの結果だけで決められていたら、
私の人生は全く違ったものになっていたはずです。

自分で決めて動くことに意味がある

人に恵まれてきたとは思いますが、
もう一つ、私が人生において大事にしてきたことがあります。

やらされ感、働かされ感はできるかぎり持たないようにすることです。
つまり、他人の指示に従って人生を送るのは、幸福感も薄いうえに、結果も伴わないと思います。

私自身も、子供のころから一時的にやらされたことで、
結果を伴ったものはありません(続いてもいません)。

しかし、自分から決めて動いたことについては、
自分でも驚くくらい結果を出しています。

先日もキューバ視察の話をしましたが、
外国語の歌のレパートリーは非常に豊富です。
何度も自慢したくなるくらいの成果と言ってもいいでしょう。

実は私の身近にも「何かとやらされている」という人がいたのです。
その人に私は「嫌なことは一切しなくていい」と言いました。
「人に従っている、人に尽くしている」というのは自己欺瞞でしかありません。

働くのもそうです。
極端な話、働きたくなければやめてもいいです。
それでもやるなら、自発的な喜びにつながる方法を考えましょう。

<編集部からのおすすめ>
「自分で決めて動くことに意味がある」
ー矢口先生の素晴らしいキャリアを支えてきたのは、
そんなポジティブな気持ちかもしれませんね。

実は、矢口先生の素晴らしいキャリアには、
もう一つ秘密があります。
「合理的な方法を突き詰めたこと」です。

その「合理的な方法」は、
実はあなたにも身につけられます。

<<早速確認する>>

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

 
<投資の学校・LINE@登録募集中!>
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

キューバの女性教師

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

だんだんと日中は暖かくなり、
過ごしやすくなってきましたね。

私は寒いところは苦手なので、
このまま春になれば……とも思います。

皆さんも、体調には気を付けてくださいね。

ところで、前回のブログで、
私のキューバ視察の話を書いたところ、
「続きが読みたい」という感想をいただきました。

エピソードはたくさんあるので、
続きをご紹介します。

私に声をかけてきたのは……

ハバナ市内では、バスが地元の人々の足になっています。
私が宿泊していたところでも例外ではなく、バス停は常に混んでいました。

私自身は、旧市街に徒歩で30分ほどかけて移動していましたが、
1日に30人ほどから声をかけられたのです。

一人旅は珍しいから、というのもありますが、
本来の目的は外貨を得るためです。

声をかけてくる人の目的は、タクシーか葉巻を売ることで、
これらは政府公認の外貨獲得手段でもあるのです。

そんな中、私は声をかけてきた1人の女性に、
旧市街の案内を頼むことにしました。

ムラータとの会話

私に声をかけてきてくれたのは、
英語が堪能な小学校教師の女性でした。
ここでは、ムラータと呼ぶことにしましょう。

ちなみに、ムラータとは、黒人と白人の混血を指しています。
現地では美人での象徴とされているとか。

そして、彼女が家族写真を見せてくれました。
1歳3か月だという赤ちゃんと、ヒスパニック系白人男性の写真です。

私は「娘さんと旦那さん?」と聞いてみましたが、
彼女の答えは意外なものでした。

「娘と娘の父親。同居しているの」
とのことです。

こうやって書くと「旦那さんでは?」と思うかもしれませんが、
彼女は「キューバでは、結婚は一般的ではない」と話していました。

ちなみに、彼女のような家庭は、キューバでは珍しくありません。
ラテンの気質と、封建的な家族制度を否定する社会主義国のイデオロギーが合致したためでしょう。

キューバの経済的苦境

彼女が声をかけてきたのには、
キューバの経済的な苦境も関係しています。

教育費に関してだけ言えば、
小学校から大学まで無料なので、
決して恵まれていないわけではありません。

しかし、ナーサリー(保育園・託児所)は月80ペソもかかるそうです。
彼女の小学校教師としての月収が250ペソ(10ドル)だから、
アルバイトをしないと大変なのはわかるでしょう。

ちなみに、彼女と一緒にランチを食べましたが、
セットメニューは1人前20ドルでした。
月収の約2倍です。
こんな金額だから、彼女はレストランに行くことはないといっていました。

ランチはしたものの……

レストランで昼間からビールを飲みながらランチをしたのですが、
実は最後は機嫌を損ねてしまいました。

私は語学の勉強のために、
たくさんの外国語の歌の歌詞を暗記しています。

今回も例にもれず、スペイン語の曲を2曲レパートリーに加え、
ランチの席で聴いてもらい、一緒に歌ってもらいました。

しかし、その後話をしたときに、
私は彼女にアメリカについてどう思うか聞いてみたのです。

彼女はあこがれるといっていたのですが、
私が「でも、旅行者にラムか、葉巻か、コーヒーを売らないと、フードクーポンが貰えな
いような経済的苦しさの、最も大きな原因は米国の経済制裁なんだよ」と話したところ、
話が弾まなくなってしまいました……。

結局、旧市街の案内は中断です。

余談ですが、私もラム酒を2本、40ドルで購入しました。
しかし、日本に帰ってきて調べてみたところ、
1本13ドル程度が相場のようです。
(しっかりぼられましたね。)

私のキューバ視察の話は、
まだまだ続きます。
次回は日帰りバスツアーについて書きますので、お楽しみに!

<編集部のおすすめ>
「投資に関する知りたいが全部ある」
ーこのミッションのもとに集結した、
「投資教育の達人」4人による
前代未聞の新プロジェクトがついに始まりました。

【期間限定公開】につき、
お見逃し無いよう、今すぐご登録ください。

早速勉強を始める

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

<投資の学校・LINE@登録募集中!>
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

キューバ観光、いつまで楽しめる?

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

職業柄、
毎朝国内外のニュースはくまなくチェックしています。

その中の一つが、マドゥロ独裁政権を
はじめとするベネズエラ情勢です。

しかも、アメリカが次に矛先を向けるのは、
キューバだといわれています。

投資をやっている皆様なら、
アメリカの動向次第で、
相場が大きく動くことは、おわかりでしょう。

もしかしたら、キューバが簡単に観光で行けなくなる国に
逆戻りしてしまうかもしれません。

そのあたりについては、
私も講義でお話いたしますが、
せっかくですので、
私自身がキューバに行った時の話を、
こちらでさせてください。

そもそもキューバってどんな国?

キューバといえば、

  • 野球が強い
  • 葉巻やお酒(ラム)が有名
  • 音楽が盛ん

というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

せっかくなので、ごく簡単にですが、
国の成り立ちを説明しておきましょう。

まず、地理的な側面としては、カリブ海にある一番大きな島国で、

  • 西にはメキシコのユカタン半島
  • 北にはアメリカのフロリダ半島
  • 東にはハイチ、ドミニカ共和国
  • 南にはケイマン諸島、ジャマイカ

があります。

キューバはスペインの植民地として、
中南米支配の拠点として栄えてきました。

独立戦争、旧共和政時代を経て、
1952年にフルヘンシオ・バティスタが政権を掌握しました。

しかし、米国に従属する政策を強力に推し進めたため、
次第に反政府活動が活発化し、1959年にいわゆるキューバ革命が起こったのです。

このキューバ革命を推し進めたのが、
フィデル・カストロでした。

なお、革命以前はGDPの約25%を砂糖の生産・輸出で賄っていましたが、
現在はそれに加え、葉巻、ラム酒、コーヒー、中南米諸国への医師派遣で外貨を稼いでいます。
(キューバリブレというカクテルも有名ですね。)

実際に行ってみると……

ちなみに私は2018年、クリスマス前のオフシーズンを狙い、
首都・ハバナに視察にいってきました。

オバマ前大統領が、現職の大統領としては88年ぶりとなる
キューバ訪問を2016年に行っていたことや、
キューバの教育レベルが高いと聞いていたことで、
興味がわいたからです。

私は羽田からカナダのトロントに飛び、
トロントからハバナに入りました。

ハバナに到着したのは深夜でしたが、
宿泊先に向かうタクシーの中で、
女性の独り歩きも多く見かけました。

治安がいいのは間違いないでしょう。

エアーB&Bにも泊まってみました

宿泊先ですが、今はやりのエアーB&Bに泊まってみました。
1泊45ドルで朝食付きの、地下がジャズクラブになっている建物です。

ビルは古いうえに、エレベーターが手動(!)で開閉するタイプなので、
神経質な人には厳しいかもしれません。

でも、朝食をとれるテラスから見るカリブ海は、
とても美しかったです。

私のキューバ視察に関する話はまだまだありますので、
来週紹介しますね。

<編集部からのおすすめ>
個人投資家なら短期トレードをー
矢口先生の考えを実践するには、
より深く学んでみましょう。

矢口先生流の「価格のとらえ方」教えます。

早速ご確認ください。

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

<投資の学校・LINE@登録募集中!>
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

下手な逃げと、無謀な攻め

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

最近、困ったことがありました。
いきなりwifiが作動しなくなったのです。

トレードをしたり、
登壇するセミナーのレジュメを作ったりなど、
私の仕事にはインターネットは欠かせません。

通信会社に問い合わせてみたところ、
時間指定はできないけど、という条件で、
即日対応してくださいました。

一度は直りましたが、
2月中旬にビルの機械の入れ替えをするとのことです。

ちなみに、このことが起こったのは、
2月1日でした。

その夜にサッカーアジアカップの決勝戦がありましたが、
皆さん、ご覧になりましたか?

日本が敗戦しても楽しめた理由

ご存知の通り、
日本は決勝戦でカタールに負け、
準優勝に終わりました。

確かに、試合には負けたのですが、
私にとっては楽しい試合だったのです。

自分なりに、「なぜ楽しい試合だったのか」を考えてみました。

理由を端的に言うと、
「最後の最後まで、日本が攻め続けた」からでしょう。

カタールは一歩も引かず、
チャンスを狙って攻め続けていたからこそ、
日本にも常に逆転のチャンスがあったはずです。

いわば、相撲でいうところの「横綱相撲」でしょう。

いろいろな意見があるかと思いますが、
少なくとも私は楽しめました。

逃げるから負ける

逆に、(私にとっては)最低の試合だったのは、
2018年ワールドカップでの日本対ベルギー戦です。

この試合で、日本は2点を先取し、
その後は守りに入っていました。

しかし、その後逆転されたのです。

逃げ切れたならまだしも、
実際には逃げ切れずに終わったので、
余計に不満が残りました。

勝つには攻め続けるしかない

私は国内外の金融機関でディーラーとして仕事をしてきましたが、
その時代の私にとっては、相場は真剣勝負の場所でした。

全世界の参加者や実態経済を相手に戦う場所だったのです。

いわば、とてつもなく大きいものに挑戦し続けるため、
どうすれば勝てるかを真剣に考えました。

そこで編み出したのが、TPA理論や波動の転換点だったのです。

弱者であったとしても、合理的に攻め続ければ、
勝つことはできるー私はそう思います。

相場に参加する人には、
果敢に攻め続けてほしいからこそ、
私は皆さんに自分の経験や手法をお話しているのです。

一人でも多くの方に、
私の声が届くことを願ってやみません。

<編集部からのおすすめ>
「勝つには攻め続けるしかない」-
深い言葉ですね。

「攻め続ける」には、
「何をするか」「何をやらないか」
を考え、実行しましょう。

シンプルなのに効果抜群ー
そんな、矢口先生の「合理的な方法」を
学べる場にあなたをご招待します。

招待状はこちら

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

 
<投資の学校・LINE@登録募集中!>
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

トヨタの勝利が盛り上がらない理由

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

テニスの全豪オープンで、
大坂なおみ選手が優勝し、
世界ランキング1位になりましたね。

元気に活躍する彼女の姿に
勇気づけられた人は多いのではないでしょうか?

私も勇気づけられたし、
これからもケガに気を付けて活躍してほしい、
とは思うのですが、

「同じくらいの活躍」をしているのに、
注目されない人もいることに、
少しさびしさを覚えています。

トヨタ自動車です。

厄払いをしたかのように……

お好きな人ならわかるかもしれませんが、
トヨタ自動車は、モータースポーツの世界では、
なかなか芽が出ない10年間を過ごしてきました。

どういうことかというと、

F1
2002年に参入してから、
莫大な予算を費やしてきたのに、
1度も優勝できないまま、7年後には撤退。
ル・マン24時間レース
2016・2017年の2年連続、
最後の5分でのマシントラブルにより優勝を逃す。

など、主要なレースで成果を出せない状態が続いていたのです。

しかし、ここ7カ月ほどは、
これまでの状況が嘘かのように、目覚ましい活躍をしています。

ル・マン24時間レースでの初優勝や、ワールド・ラリー、
そして、世界一過酷と言われているダカール・ラリーも制しました。

盛り上がりに欠ける本当の理由

トヨタ自動車が世界有数の自動車レースを制しているという事実は、
イギリス、南アフリカ、アメリカなどでは大きく伝えられ、盛り上がりを見せています。

しかし、日本ではあまり盛り上がっていません。

私なりに理由を考えてみましたが、
1つの結論として出てきたのは、「日本の自動車業界を取り巻く環境」でした。

  • リコールの嵐
  • データの改ざん
  • 自然災害
  • 電気自動車の追い上げ
  • 自動運転車
  • 米中貿易戦争
  • カルロス・ゴーン
  • 税金問題

など、いろいろありすぎて、
しかも、その先行きがわからないことばかりです。

また、トヨタは日本のゆるぎないトップ企業であることは間違いありません。
だからこそ、目立ちすぎるのはデメリットにつながります。

もしかしたら、トヨタにとっては、
自動車レースでの勝利は、「知る人ぞ知る」で
いいことなのかもしれないと思っています。

ある意味、これも「トップ企業としての自覚」なのでしょう。

<編集部からのおすすめ>
矢口先生の洞察力にはいつも驚かされます。
「トップ企業としての自覚」-
目立ちすぎるのも、問題なのかもしれません。

そんな矢口先生の洞察力は、
「価格のとらえ方」にも表れています。

矢口先生の洞察力を知るならこちら

◆◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを、
続々と配信しています!

先ずは・・・
こちらのページからご登録を是非どうぞ!!!
↓↓↓
LINE@登録ページ

時間のリスクを考える

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

ふとカレンダーを見たら、
もう1月も3週間以上経過していたことに、
改めて気づかされました。

時が経つのは、本当に早いですね。

さて、「時は金なり」という言葉があるように、
時間のとらえ方は昔から重要視されてきました。

今回はそれを踏まえて、
私なりの「時間のリスク」について、考えをお話させてください。

相場のリスク=時間のリスク

私はいろいろなところで、
「相場のリスクとは、時間のリスクである」
とお話してきました。

相場のリスクの例としては、

  • マーケットリスク
  • 信用リスク
  • その他のリスク

がありますが、これらに共通するのは、
「時間が経過しないと、顕在化することもない」
ということです。

つまり、時間がたてばたつほどリスクも大きくなるにも関わらず、
それに見合うリターンが約束されているわけでもありません。

「確実に利益を上げたい」と思うなら、
「高値で売り、安値で買う」のが一番です。

プロの運用者なら長期投資が有利

一方で、長期投資が有利に働く場合もあり得ます。
それは、「他人の資金を預かるプロが運用する場合」です。

あなたがプロの運用者だったとしたら……
短期間で利益を出したところで解約されてしまったら、
落ち着いて仕事ができますか?

多くの人が「それは違う」と思うでしょう。

やはり、一時的に評価損が出ていても、
自分を信用して任せてくれる人の方がありがたいですよね。

実は、プロが運用する際に、中途解約に対するペナルティーを課すのは、
このような背景もあるためです。

個人投資家なら短期トレードを

プロはともかくとして、個人投資家の方にとっては、
短期トレードが最も優位性のある運用だといえます。
時間のリスクを持ち越さなくて済むからです。

短い時間であっても、「高く売って、安く買う」ができれば、
着実に利益は出せるーこのことを、覚えておきましょう。

<編集部からのおすすめ>
個人投資家なら短期トレードをー
矢口先生の考えを実践するには、
より深く学んでみましょう。

矢口先生流の「価格のとらえ方」教えます。

早速ご確認ください。

◆◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを、
続々と配信しています!

先ずは・・・
こちらのページからご登録を是非どうぞ!!!
↓↓↓
LINE@登録ページ

ブローカーの1日

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

先日は成人式だったということで、
新成人の皆様、
おめでとうございます。

私自身もすでに孫がいる身ですので、
成長を見守ってこられたご家族の喜びもわかります。

1人でも多くの新成人の方が、
前向きに未来に向けて歩んでいってくだされば、
と思うばかりです。

そういうわけなので、
今回は私が社会人になりたての頃の話をさせてください。

ブローカーの1日

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
私は外為市場のインターバンク・ブローカーとして、
社会人生活をスタートさせました。

そのころの友人が「昔を思い出すビデオ」として教えてくれたのが、
「ICAP – Day In The Life of a Broker」
という動画です。
(youtubeで検索すればご覧になれます。)

この番組は英語ですが、
職場の風景は言葉がいらないので、
ご覧になるだけでも雰囲気はわかるかと思います。

私が働いていた頃の東京市場は、
長信銀3行をはじめ、たくさんの銀行がありました。
その分、取引も活発だったのです。
日本と外国という明らかな違いがありますが、
ビデオを見ていると、仕事の内容を通じて昔のことが思い出せました。

ブローカーとディーラーの違いとは???

ちなみに、ブローカーとディーラーの違いって、
分かりますか?

簡単にまとめると、

・ 「売りたい」「買いたい」のがディーラー
・ 「ディーラー」をつなぐのがブローカー

です。

つまり、インターバンクブローカーというのは、
「銀行の中のディーラー=バンク・ディーラーどうしをつなぐ人」
とお考えください。

当然、ブローカーをやっていると、
たくさんのディーラーと接するので、
情報はたくさん入ってきます。
いわば「耳年増」です。

そうなると、自分でもやってみたい=ポジションを持ちたくなり、
ディーラーに転職する人も出てきます。

私もその1人です。
(3年ブローカーとして働いたあと、ディーラーになりました。)

繰り返しかもしれませんが……
若いうちは、いや、いつになっても、
「やってみたい」と思ったことにチャレンジしていく人生が素敵だと思っています。
そして、その時の気持ちを忘れずに、続けていくことも。

初心、忘れるべからずー
シンプルだけど、大切な言葉ですね。

<編集部からのおすすめ>
矢口先生の新社会人時代の話、
興味深いですね。
どんな社会人生活を送っていたのかを、
今度お会いした時に伺ってみたくなりました。

そんな矢口先生が、
ブローカー、ディーラーとしての経験から会得した、
「価格を動かすのは何か」という話を聴くチャンスが実はあります。

早速ご確認ください。

◆◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを、
続々と配信しています!

先ずは・・・
こちらのページからご登録を是非どうぞ!!!
↓↓↓
LINE@登録ページ

相場のメンタルコントロール

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

矢口新です。

遅ればせながら、
あけましておめでとうございます。

今年もいい一年に……と願うのはもちろんですが、
年末年始の相場はかなり荒れていましたので、
気が気ではない方もいらしたのではないでしょうか?

私からのお年玉、というわけではありませんが、
気が気でない時だからこそ、
メンタルコントロールのお話をさせてください。

メンタルコントロールはゴルファーに学べ

往年のゴルフの名選手である
ウォルター・ヘーゲンは、
ゴルフをする上での心構えをいくつも示していました。

投資における心構えに通じるものもあるので、
一部ですが紹介しましょう。

その1
体調は万全である必要はない。悪いくらいが緊張せずにリラックスできる

ヘーゲンほどの名ゴルファーであっても、
いつも名ショットが打てるわけではありません。

やはり、悪いショットだって出ます。

でも、「うまくいかないことだってあるんだから」と思い、
リラックスしつつ合理的なアプローチを続けるのが大事です。

そうすれば、結果はついてきます。
これは、投資でも同じです。

その2
出だしが悪くても諦めてはいけない。諦めなければ、ラッキーがやってくる

ヘーゲンは一方で、常に優勝を狙う野心がありました。
可能性が1%でもあれば、全力でそれをつかみに行くということです。

投資で勝つのは、
ゴルフのトーナメントで優勝するよりは、
はるかにハードルが低いでしょう。

優位性が1%でもあれば、掴みに行くー
これが投資で勝つ極意です。

その3
練習ラウンドはやらない。ゲームが始まるまでゴルフのことは考えない

ヘーゲンは「始まる前からあれこれ考えていてもしょうがない。
本番になってからゲームに集中する」と話していたそうです。

投資にこれを応用するなら、
さしずめ、「資金量は少ないものの、本番と同じことをする」
といったところでしょうか。

その4
敗れ去っても愚痴ひとつこぼさない。顔を上げ、胸を張って堂々と歩くのだ

先ほども触れましたが、
「いつもうまくいく」なんてありえません。

つまり、たまたま負けたからと言って、
落ち込むこともないのです。

あなたが勝ったかのように顔を上げ、
やるべきことを続けていれば、
相場の神様だって微笑んでくれます。

明るく、楽しく、そして、前向きに頑張っていきましょう。
Good Luck!

<編集部からのおすすめ>
1年の最初から素敵な言葉をくださった矢口先生。

矢口先生の魅力は、
明るく前向きな人柄と、徹底して合理性を突き詰めるスタンスでしょう。

矢口先生の合理性を突き詰めるスタンスを学び、
明るく、楽しく、そして、前向きに頑張ってみませんか?

詳しくはこちら

◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

お金とは何か

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

もうすぐ2018年も終わりますが、
ここにきて、
1年3か月ぶりに日経平均が2万円を割るなど、
激しい動きを見せています。

いわゆるトランプ・ショックの
影響とみられていますが、
冷静な判断を心がけて、
来年に備えていただきたいところです。

さて、
私は最近投資の学校さんと
新しい株式投資のプログラムを作っていたのですが、
その時にお送りしたビデオ授業に、
こんなコメントをいただきました。

「お金とは何ですか?
矢口先生の考えをお聞かせください」

とのことです。

私はこのコメントにお答えしたのですが、
その時の答えが、自分ながら感心できるものだったので、
この場を借りてご紹介させてください。

お金と水の共通点

ちなみに私は、
このように答えました。

「機能としては、価値を図る物差し。
存在としては、水のようなもの」

です。

より詳しくお話ししましょう。

当たり前ですが、
人は水がなくては生きていけません。

また、
現代社会においては、
お金がなくても生きていけないのです。

そして、
お金と水には、

  • 非常時に備えて貯められる
  • 用途に合わせて自由に形を変えられる
  • 便利でなくてはならないものだが、多すぎても人を滅ぼす原因ともなる

という共通点があります。

だからこそ、
先ほどの私の答えー

「機能としては、価値を図る物差し。
存在としては、水のようなもの」

が出てきたのかもしれません。

如水(水のごとし)

余談ですが、
NHKの大河ドラマにも取り上げられた、
戦国武将の黒田官兵衛は、
晩年、「如水(じょすい)」と名乗りました。

豊臣秀吉の参謀としても有名でしたが、
一方で、秀吉本人は、
黒田官兵衛を警戒していたともいわれます。

確かに「如水」と名乗るほどですから、
状況に応じて的確な対応をできる能力があったはずです。

ある意味、この雅号は最強であることの
象徴だったのかもしれません。

<編集部からのおすすめ>
状況に応じて的確な対応をできるー
そんな能力が身に着けられれば、
たしかにどんな局面でも乗り切れそうですね。

では、そんな能力を身に着けるには
どうすればいいのか?

やはり、
基礎をおろそかにしてはいけません。

時間がある年末だからこそ学びたい、
「儲かる資金管理」が基礎から学べるプログラムを、
1年に1度だけの特別価格でご案内します。

こちらからどうぞ

◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから