為替ブローカー」タグアーカイブ

まさか噂で取引するとは思えませんが…

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅のベランダより

 
 
昨日の早朝、5月のFOMC発表がありました。

ドル円相場はずるずると112円台後半まで
円安が進んでいますが、

ニュースなどでは、
年内2回の追加利上げが濃厚になったことで、
ドル円相場はドル買いが優勢になった…
と伝えられています。

 
前回のFOMCでは、
利上げという事実が発表されたにもかかわらず
ドル売りが優勢となった一方で、
今回は可能性が示唆されただけなのに、
ドル買いが強まるなど、

一般的に考えれば、
「それって逆じゃないの??」という、
不思議な現象が起きているように見えます。

しかし、これこそが相場
という側面でもあります。

 
 
おはようございます。
今週も早や、金曜日がやって参りました。
今日5月5日は、GWど真ん中の「こどもの日」ですが、
ここまでは行楽日和が続いています。

皆さんはもうどこかへお出かけになりましたか?
私はGWを休みたいがために、
その前に少し仕事で無理をしてしまい、
そのツケが廻ってこの2日は寝込んでしまいました。

無理をしても、結局は平均値に落ち着く??
まるで相場みたいです。

 

噂で取引を始めろ??

ご存知の通り、相場には

噂を買って事実で売る
(Buy the rumor, Sell the fact)

という格言があります。

 
事実を伴わない噂にも似た、
予想や見通しで相場に取り組み
事実が判明した時点で手仕舞え!
という意味だとされています。

 
確かに、
前回はドルの利上げが決定した直後から
ドルが売られ、
今回は今後は利上げが2回あるという、
特に珍しくもない可能性が示されただけで、
ドル買いの動きが強まるなど、

ここまでは、格言通りの展開となっています。

 
もちろん、売買のサインやシグナルが、
いつもその通りにはならないのと同様に、
この格言がいつも通用するとは限りませんし、

基本的に相場が変動するのは、
その時の市場全体のポジションや
相場の水準次第ですから、

前もって発表後の値動きを想定して動くのは、
ある意味ナンセンスです。

 
しかし一方で、相場格言のように、
要するに原因が分からない値動きは
不安を誘いやすく、
意外と長続きすることから
いったんは乗った方がよく、

原因が分かった時(噂の真意がばれた時)は、
誰よりも先に逃げろ!
というのはある意味で的を得ています。

 

米・雇用統計にも流行がある

今夜、発表されるアメリカの雇用統計は、
幾多あるイベントの中でも、
かなり重要な発表の一つであることは、
皆様もご存知だと思います。

 
雇用統計と一口に言っても、発表内容は多岐に及び、
いくつかある代表的な項目1つをとっても、
年齢別、性別、国籍別などにブレークダウンされています。

ご興味がある方は、
前回4月レポートのURLを掲載しておきますので、
https://www.bls.gov/news.release/pdf/empsit.pdf
(リンク先:アメリカ労働省)

見ていただくとわかります。

 
数ある項目の中で、
私がFX業界に勤務したてだった1980年代中盤以降では、
この指標のことを「米・失業率」と呼んでいたほど、
失業率が最重要テーマであり、
この数値が悪いと円高が加速した時代でした。

 
その後、
「雇用統計」と一般的に呼ばれるようになってから
重要なテーマは「非農業部門雇用者数増減」
いわゆるNFP(Non-farm PayRoll)という時期が
長い間続いてきましたが、

 
ここ1年はNFPから次第に
「勤務時間(hours)と給与(earing)」へと、
テーマが移りつつあり、
労働事情の判断も、量から質へと変化してきています。

 
したがって、今夜の雇用統計では、
例えNFPが思わしくない結果であっても、
平均時給などが上昇していれば、
アメリカ国内の消費者心理は悪くない
との想定は十分できるため、

それが、長期金利の上昇を招いてドルが買われる
場面は見込んでおく必要があります。

 
 
もし、本当にこのような相場展開になったとして、

 
依然としてNFPにしか注意がいっていなければ、
NFPが良くないのに、ドルが買われるといった
不思議な現象に見舞われることになります。

しかし、今の流行はNFPではなく、
給与になりつつあることさえ知っていれば、
別に不思議な値動きではありません。

しばしば、
ファンダメンタル分析は難しいとされますが、
このように実は、
単に流行遅れの材料を見ている可能性も高く、

最終的に矛盾した値動きになって失敗した際に、
かの格言を理由にしているようでは、
何の進歩も生まれませんね。

 
いずれにしても、
機関投資家の方々は、雇用統計一つをとっても
1つの項目に対して1人のウォッチャーを付けて
全部の結果を瞬時に収集することができる上に、

日本語で見聞きできるのは最後の最後、
だということを考慮すれば、

 
例え流行の最先端を知っていたとしても、
こうしたイベントに対して
我々日本人の一般投資家が、
アメリカの指標結果で売買判断すること自体、
全てが遅すぎることだけは、
予め知っておく必要があります。

 
それらをすべて織り込んだうえで、
今夜の雇用統計相場に立ち会うことができる方は、
こうした視点で発表試合を「観戦」してみると、
違った面白さに出会えるかもしれませんね。

 
Buy the Rumor, Sell the Fact!
私には「噂を信じちゃいけないよ!」
という風に聞こえます。

つまり噂で動くほど、相場は簡単ではなく
その裏には見落としている真実がある
と考えたほうが自然です。

 
 
山本リンダ

 
<<編集部よりおすすめ>>

よく、FX事業者や証券会社から受ける注意喚起に、
「余裕を持った運用を心がけましょう!」
という文言があります。

 
しかし、どのくらいの取引額や投資金額に対して
どんな割合の余裕資金が適正なのか、
何の示唆もないことに、
皆さんは疑問を持ったことはありませんか?

 
確かに個人個人で投資内容が異なることから、
一概に言えないというのも理解はできますが、
何かの基準がないと、
注意喚起にも真実味がありませんね。

 
本日ご紹介する「資金管理のトレードルール」では、
様々な相場取引におけるリスクと投資資金額から、
適正な取引額を導く手法が学べます。

逆に言えば、皆さんの取引額が、
投資資金と見合わないほど大きければ、
余裕がない取引をしていることになってしまいます。

少しでも気になる方は、
こちらの詳細ページでチェックしてみてください。

https://fx-school.net/lp/shikinkanri_sl_b/

★★投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

些細な判断で明暗を分けるのも投資です

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅のトレーディングデスクより

 
 
投資をする際に重要なのは「総合判断である」
ということをよく聞きます。

株などにおいては、テクニカル分析以外にも、
詳細な企業業績を調べたり、
世界情勢を調べたりと、
ファンダメンタルズ分析の要素も数が多く、
判断の切り口は多岐に及びます。

 
一方、特に為替の場合は、
テクニカル分析の比重が高いという印象ですが、
かといって、

要人発言や国内外の経済指標の結果といった、
ファンダメンタルズ要因を無視しては、
上手くいかないことは多々あります。

今日は、実際に自分の些細な判断で、
相場投資の結果が全く違ったかもしれないケースを、
紹介いたします。

 
 
おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

朝晩はまだ冷え込みますが、
日中はようやく春を感じる陽気になってきました。

今週末の東京近郊では、桜が見ごろだそうです。
お天気は少し心配ですが、
久しぶりに外を散策してみようかと思っています。

一点の単純な判断が明暗を分けたケース

 
アメリカの大統領選挙を控えていた昨年の2016年後半は、
投資家も本格的には動きにくかったようで、

相場が証明するように
およそ100円から105円の間で長い間揉み合っていました。

テクニカル分析だけを見てみると、
開票日の2日前にあたる11月07日は、
ドル円相場にとって絶好の買いタイミングでした。

 
 
実は私もこのタイミングで、
まさに買い取引をするつもりでしたが、

選挙の事前予想は非常に神経質な展開だったことから、
ブレグジットのようなサプライズもあり得ると、
とにかく開票まで待つという判断をしました。

 
心はドル買いと決めていたので、
実際に発生した暴落が、
反転上昇に切り替わってから買い始めることもでき、

「イベントリスクに備えて一旦は様子を見る」
という些細な判断が好結果につながりました。
(少し早く入り過ぎて損切する場面もありましたが…)

 

自分で判断する重要性

 
この場面で行った私の行動は、
総合判断などという難しいことではなく、
単にイベントリスクを回避したかどうか、
という簡単なことでしかありません。

 
ただ、テクニカル分析だけに拠る取引や、
機械的な売買シグナルに従う方法だった場合、
選挙開票日より前に、ドルを買っていた可能性が高く、
開票当日の暴力的な急落に巻き込まれていたでしょう。

 
自動的な売買取引は一度始めると、
基本的にはどんな値動きをしても
止めることができません。

何故なら、上手くいくケースを考えると、
取引し続けなければ、
統計的につじつまが合わなくなるからです。

 
しかし、私たちは人間なのですから、
行動へ移す前に重要なポイントだけでも
簡単に再確認すれば、

明暗を分けるような判断を下すことは
十分可能ではないでしょうか。

 
 
浅野敏郎

<<編集部よりおススメ>>

FX取引は通貨同士の交換レートですから、
売りも買いも自由であることは
ある意味当然ですから、
売りでも収益を上げることは日常的なことです。

一方で株式投資、特に個別株などにおいては、
基本的に株を買う取引から始める方が通常ですから、
売りで利益を得るという発想も、
なかなか難しいかもしれません。

しかし、もし自分の判断が「売り」ということになっても
具体的な方法を身に付けていなければ
いざという時に行動できないのは明白です。

新興市場が好調な最近の相場ですが、
今のうちに
「転ばぬ先の杖」の準備をされてはいかがでしょうか。

具体的にはどんな準備をすればいいのかは、
こちらの詳細ページでご確認ください。
↓↓↓
https://fx-school.net/lp/karauri201702/

お隣さんと比べたくはありませんが…

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿オフィスのスタジオより

 
 
最近の世相として、
「人のことはあまり気にしない」
というポリシーを持った人が
昔よりも増えた気がしますけど、

 
「隣の芝生は青く見える」
という慣用句があるように、

自分のことを
客観的に判断しなければいけない場合、
身近な第三者と比較する方法しかない
ことがよくありますね。

「自分は歳より、老けて見えるのだろうか…?」

こんなテーマにも絶対的な尺度がないため、
日々世間の人々(実は私?)の悩みは尽きない…
のかもしれません。

 
今日はこんな観点で、チャート分析について
お話ししたいと思います。

 
 
おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

今夜はアメリカの雇用統計発表があります。
前哨戦とされるADP雇用統計は、
予想よりかなり良い結果発表になっており、
アメリカの利上げ期待が一段と高まっているようです。

ただ、
目先は既にある程度は織り込み済みですから、
そこそこ良い結果が出てきても、
過剰なドル高期待は危険かもしれない
というのが私の印象です。

 

チャートの足も先ず隣から

ローソク足を考えた場合、
陽線か陰線、上ヒゲか下ヒゲ、
そして、それぞれの長さによって、
ある程度の意味を持たせています。

例えば、

長い上ヒゲ陰線は下落のサイン
長い下ヒゲ陽線は上昇のサイン

だというのが一般的です。

 
どれも一理はあるのですが、
やはりその足1本だけで判断するのは、
本質ではないと個人的には思います!

 
とりあえずは先ず、チャートの足も
お隣さんとよく比較しましょうよ!

ということで、

・長い上ヒゲ陰線を最新足
・一本前の足が一般的な陽線

という比較を一つの例として
幾つかのケースを考えてみました。

 

ケースAは、一般的に反転シグナルとして
代表例に出される組み合わせです。

 
終値比較では既に一本前を割り込んでいますが、
「上値を切り上げ、下値も切り上げている」
この状態は、明らかに上昇相場が継続中です。

 
最新足が決まっていない状態ならなおさら、
陽線での終りを想像するだけで、
誰もが上昇継続を認識できますね。

 
つまり今直ぐに、
売りを仕掛ける根拠として個人的には不十分で、

逆に一本前の高値を、
もう一度上に抜けるタイミングがあれば
買いを考える方が順当に思えます。

 

ケースBは、
寄付きから一本前の終値を大きく割り込んでいますが、
一度は一本前の上値を試す動きもあり、
乱高下気味の揉み合い相場が継続しているだけです。

 
つまりこの状態では、
様子を見るのがベストのスタンスに見え、

少なくともケースAと同様に、
陰線上ヒゲが出現したからといって、
今直ぐに売りを持ち込む根拠は薄いと考えます。

 

ケースCは、Bが極端になった形で、
あまり見られない組み合わせだと思いますが、
株式の個別銘柄などでは、あり得るかもしれません。

一本前の陽線を既に否定した状態にあり、
一本前の安値を割り込んだタイミングで
売りのチャンスがあったかと思います。

AやBと比較して、最も弱気の組み合わせです。

 
ではAとBの違いは?というと、
最新足の安値が更新された時の意味合いにあります。

ケースAでは、最新足の安値を更新しても、
陰線が長くなる程度の解釈しかなく
特に状況は変わらない一方で、

ケースBは一本前の安値を
同時に割り込むことになりますから、
売りタイミングの候補になるでしょう。

 
いずれにしても結論としては、
陰線上ヒゲが出現したところで、

お隣さんとの比較次第で、
答えは三種三様であることが
お判りいただけたでしょうか。

 

念のために

 
このように、
絶対的な取引ルールの一つとして
上昇相場と下落相場の本質である、

上値下値の
切り上げが上昇相場、切り下げが下落相場

ということさえ理解しておけば、
足の形の名前や意味を
一つずつ覚える必要もない上に、

その形が出現したから売買するという
安易な行為で失敗するケースも
相当減ってくると思うのです。

 
一点だけ欲を言えば、
上位足や下位足も同時に確認したいですね。

というのも、
ケースAで下落に注意が必要なのは、
一本前の安値を割るタイミングというのは当然ですが、

 
例えば下位足が、このような値動きをしていたなら…

最新足の安値割れは特殊な意味を持ってきます。

そう、あの泣く子も黙る「三尊」の下値割れになり、
まさに売りのチャンスになり得ます。

 
実は相場格言にもあるように、
「森を見て木を見よ」という行動の優位性が
こんなところにも潜んでいるわけですね。

 
 
最後に、
「何かが出現したから、売買するという安易な行為」を
さっき否定したばかりなので、
少し補足を致しますと…

 
三尊の下値割れの意味が一番大きいのは、

暫く上昇相場が継続してきた場合であって、

 
 
例えば3本目以前が下落相場だったような場合は、

単なる調整の戻り相場が終わろうとしているだけ、
ということがお分かりいただけると思います。

 
ぜひ皆様も、
ある一つのパターンにとらわれず、
あるいは
それを探そうとするのではなく、

 
最新足を自分に例えて、
先ずはお隣さんと良く比較し、

ついでに、もっと周りとも良く比較した上で
総合的に今の自分を判断できれば、

 
「ダマシ」に遭う頻度も少なくなり、
判断の精度も上がるのではないでしょうか。

 
 
浅野

<<編集部よりおススメ>>

編集部の知り合いに、
一目均衡表に惚れ込んでいる投資家が
複数いらっしゃいます。

そんな方々が口を揃えておっしゃるには、
「もう、他の分析は必要ない!」
らしいのです。

 
一目均衡表の産みの親である
一目山人先生は原著の中で
「相場分析は、
いつ、幾らで、売るのか買うのか
が判らなければ、する意味はない」

とまで断言されています。

確かに、それが一目均衡表だけで判れば
十分かもしれません。

 
投資の学校きっての教え上手の小次郎講師から
そんな一目均衡表を是非、
学んでみてはいかがでしょうか。

その前に先ずは詳細なご案内をご覧ください。
↓↓↓
https://fx-school.net/lp/ichikoji-semi/sl201703/