水上紀行のブログ

プロディーラー時代に経験した○○の重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。
投資の学校講師の水上紀行です。

本日私からご紹介する投資の格言は

「勝つも負けるも潮時が肝心」

です。

プロのディーラーは、月間収益目標を達成したら、
その月の残りは、ポジションを持たなくなることがあります。

私自身も目標を達成したら
休むことの重要性を実感したことがあり、
本日は私の経験をご紹介したいと思います。

それは、ニューヨークにいた頃で、
たまたまドル/円を大きくロングにしていた日でした。

しかし、上値が重く、どうもおかしいとロングをやめ、
それならショートで行こうと買ったポジションと同額の
ショートポジションを作りました。

それから、30分ぐらいして、
急にドル/円がスルスルッと下落を始めて、
なにが起きたのかとロイターのヘッドラインを見たところ、

ニューヨーク連銀(NY FED)が、
ドル/円でドル売り介入したと報じており、
本当にびっくりしました。

あまりに唐突なFED(フェッド)のドル売り介入は、
マーケットにとっても驚きで、パニックとなりドル/円は急落を続け、
それから数時間後に始まった東京市場ではさらに過剰反応となり、
介入実施時の水準から5円以上の急落となりました。

その時点で、やはりドル/円をもともとショートにしていた上司が
「こんなラッキーなことはない。全部利食おう」という一言に、
私も異論はなく、全部買い戻しました。

ところが、良く東京にありがちな下げたという結果が出てから、
戻り売りを東京勢は実際行ったため、ショートポジションが急激に膨らみ、

その結果、下がるどころか上げ始め、
結局ショートの損切り的な買戻しを巻き込んで、
翌日にはもともとの介入水準まで戻してしまいました。

一方、我々は、ラッキーとばかりに東京時間に全部利食ったことで、
なんと半期(半年分)の収益目標を達成してしまい、
その半期の残りは、ポジションを持たないということにしました。

そのポジションを持たない期間、
日本へ出張し取引先を訪問したりして過ごし、
次の半期への英気を養いました。

いくつか、このことから言えますが、
ひとつには、やはり儲かってラッキーと
未練残さず利食うことが大事です。

言い換えれば、勝つも負けるも、
潮時が肝心だということです。

また、結果が出てからの戻り売りや押し目買いは、
同方向のポジションがマーケットで急速に積み上がりやすく、
危険だということです。

これを読んでいるあなたは
トレード中は欲望や悔しさを忘れ、
改めて平常心を持ち直すことを意識されてみてください。

それでは本日の出来高急増銘柄です。

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】キーエンス(6861)
株価(終値):60,740
日付:7月30日
売買代金(千円):70,465,380

【2】日本郵船(9101)
株価(終値):5,880
日付:7月30日
売買代金(千円):50,626,730

【3】商船三井(9104)
株価(終値):5,650
日付:7月30日
売買代金(千円):48,609,560

【4】ファナック(6954)
株価(終値):24,380
日付:7月30日
売買代金(千円):44,120,200

【5】村田製作所(6981)
株価(終値):9,040
日付:7月30日
売買代金(千円):42,438,290

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

投資の学校無料メルマガ

投資の学校プレミアムの無料メルマガは、メールだけでなく、無料オンライン動画講座などが受け取れるサービスです。
まずは、メルマガに登録して、投資家としての一歩をスタートしましょう。

詳細はこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA