投資の学校事務局のブログ

プロ投資家の仕事ぶりから学ぶべきもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは、
投資の学校プレミアム事務局の伊村(いむら)です。

さて先日、
投資の学校の授業で
非常に興味のある議題について勉強させて頂きました。

それは
「アノマリー」

アノマリーとは、
「経験的に観測できるマーケットの規則性」
のことですが、

英訳を確認してみると
Anomaly=変異性
と訳されるそうです。

文字通り
投資の世界では、

テクニカルやファンダメンタルズでは
説明がつかない、
「異質な」「変な」動きのこと
と言えると思います。

この異質な動きを上手に利用し、
市場平均を上回る運用成績を得る方もいるそうです。

そのプロの先生も、
月曜日から金曜日毎の
実証検証を5年間にわたり実施したそうです。

結果は
水曜日が勝率54%と一番高く、
木曜日が勝率47%と一番悪かったそうです。
(※ドル円、2003年1月~2008年3月の実績)

曜日によって
これほど結果が違うのも
びっくりしましたが、

それ以上に
プロでも

このように地道に
検証して、
あーでもない、こーでもない

と色々検証していることにも
少し
驚きでした。

その中で、
その時々の市場に合わせて、

先生方の
独自の考え方や手法が生まれてるんだな
と実感しました。

初心者である私も、

ただ単に、
教えてもらった手法だけのみに
依存するのではなく、

その手法から
自分自身の考え方も
盛り込んだ投資スタイルにしたほうが、

長期的に
安定投資家の
近道になるんだなと実感した瞬間でした。

そういう意味で、
今後もめげずに
投資の勉強に励んでいきます(^_^)/

そこで今回は、
戸松先生の授業で「アノマリー」について
詳しく説明している授業を特別に公開いたします。
是非この機会にご視聴ください。
こちら

それではお待たせしました!

本日の出来高急増銘柄のご紹介です↓↓

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】レーザーテック(6920)
株価(終値):23,800
日付:9月1日
売買代金(千円):187,686,700

【2】村田製作所(6981)
株価(終値):9,437
日付:9月1日
売買代金(千円):35,704,640

【3】小松製作所(6301)
株価(終値):2,806
日付:9月1日
売買代金(千円):18,698,590

【4】ソフトバンク(9434)
株価(終値):1,489
日付:9月1日
売買代金(千円):18,408,720

【5】ルネサスエレクトロニクス(6723)
株価(終値):1,225
日付:9月1日
売買代金(千円):16,672,410

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA