水上紀行のブログ

相場は、皆が油断している時に動く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。
投資の学校講師の水上紀行です。

市場が突発的事態を想定していない時、
言い換えれば、脇を甘くしている時、
相場は大きく動くものです。

これは、想定外の事態に市場が過剰反応を起こすためで、
特に突発的事態が起こった当日が、
大相場になります。

翌日以降は、市場も身構えてくるため、
相場の反応は、徐々に落ち着きを取り戻してきます。

また、トレンドがどちらに向いているかによって、
過剰反応後の動きが違ってきます。

たとえば、ドルが上昇トレンドにいる時は、
突発的にドルに悪い材料が出たとしても、
もちろん、まずはドルは急落しますが、
その後の復元力は、強いものがあります。

一方、ドルが下降トレンドの時には、
始めのドルの急落も大きい上に、
その後の戻りも弱く、再び下落していきます。

したがって、突発的事態に遭遇したら、
今、ドルのトレンドがどちらに向いているかを、
必ず認識しておく必要があります。

最初の反応に、逆らわないことが大事です。

市場は、その突発的事態から発生するリスクから逃れるために、
ある意味では、ロスカット的に必死で売買をしていますので、
それに逆らって逆張りなどしようものなら、
とんでもない損失を被りかねませんので、十分な注意が必要です。

▼講師プロフィール▼

水上紀行(みずかみ のりゆき)
バーニャマーケットフォーカスト代表。

1978年三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。

1983年よりロンドンや東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。
東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かせる。

1995年より外資系銀行において為替ディーラー及び外国為替部長などの要職を経て、
現在は、外国為替ストラテジストとして雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍中

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】新生銀行(8303)
株価(終値):1,966
日付:9月13日
売買代金(千円):21,819,630

【2】三井ハイテック(6966)
株価(終値):8,580
日付:9月13日
売買代金(千円):21,322,640

【3】セルソース(4880)
株価(終値):-
日付:9月13日
売買代金(千円):-

【4】廣済堂(7868)
株価(終値):-
日付:9月13日
売買代金(千円):-

【5】エイチ・アイ・エス(9603)
株価(終値):-
日付:9月13日
売買代金(千円):-

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA