水上紀行のブログ

ふたつとして、同じ相場はない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。
投資の学校プレミアム講師の水上紀行です。

本日は
「ふたつとして同じ相場はない」
という投資の格言をご紹介したいと思います。

よくある相場のケースは、
チャートの形状が、あの時に似ているからと、
その時と同じような展開を予想して同じようなポジションを持つことです。

しかし、このような場合、注意しておくべきことは、
あの時のチャートと似ているということを見い出しているのは、
決して自分ひとりだけではなく、
多くのマーケット参加者も同様に気づいていることだということです。

その結果、
チャートが示す流れに乗って過去と同じ方向にポジションを作る
マーケット参加者はかなりの人数になります。

そのために、ポジションが一方向に大きく偏ってしまい、
相場が目論見とは逆の方向に動きやすくなります。

つまり、
過去のチャートの形状通りの動きにはならなくなる場合が多くなります。

これは、チャート分析の落とし穴であり、
しかも結構ちょくちょく見受けられることです。

それだけに、「ふたつとして、同じ相場はない」ということを、
よく肝に銘じておく必要があります。

過去の相場から学ぶ点は多いですが、
形状が似ているからと言って同じ結果を生むとは捉えず、
目の前にある相場自体が買い気が強いか弱いか、
あるいは売り気が強いか弱いかを、素直に見ることが大切です。

<講師プロフィール>
水上紀行(みずかみ のりゆき)
バーニャマーケットフォーカスト代表。

1978年三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。

1983年よりロンドンや東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。
東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かせる。

1995年より外資系銀行において為替ディーラー及び外国為替部長などの要職を経て、
現在は、外国為替ストラテジストとして雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍中

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】川崎汽船(9107)
株価(終値):6,140
日付:12月3日
売買代金(千円):97,657,440

【2】商船三井(9104)
株価(終値):7,620
日付:12月3日
売買代金(千円):75,716,620

【3】FOOD&LIFECOMPANIES(3563)
株価(終値):-
日付:12月3日
売買代金(千円):-

【4】東京電力HD(9501)
株価(終値):-
日付:12月3日
売買代金(千円):-

【5】ダイビル(8806)
株価(終値):-
日付:12月3日
売買代金(千円):-

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

矢口先生から株式投資を直接学びたい方へ




東京・ロンドン・ニューヨークと世界3大市場で長く活躍してきた
伝説のプロディーラー矢口先生から株式投資のやり方・考え方についてたっぷり学べるオンラインセミナーが開催中です!

✓銘柄選びに時間がかっている。
✓何を基準に銘柄を選んでいいか分からない。
✓塩漬け銘柄の対処法が分からない。
✓感覚で投資をしてしまっている...。

このような悩みを1つでも抱えている方は必見!

たった2時間半の体験セミナーで
あなたの投資のお悩みの解決の糸口が見出せます!

通常5000円の体験セミナーが、今なら無料で自宅から受講できますので
是非この機会にご参加ください^^

無料で参加する。

コメントを残す

*

CAPTCHA