小次郎講師のブログ

浮気心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小次郎講師
東京駅のスタバより、、、

 

「僕、浮気するかもしれません…」

 
昨日、20代の男の子と話をした時のこと、
突然、彼がこんなことを言い出した。

 
彼は、付き合って
もう3年になる彼女がいるらしい。

 
でも、
最近気になる人が出来てしまって、
言い寄られているんだとか。。。

 
で、心が揺れ動いて、
最近では夜も眠れないらしい。。。

青春ですね!!笑

 
まぁ、今後の彼が
浮気をするのか、しないかは
この先のことは、トレードと同じで予想できないわけですが…

 
「浮気心…」

 
心の由来は
「コロコロと変わるから心」なんて言い方もしますが、

 
広辞苑で調べてみると、
「心がうわついていること。心が落ち着いておらず、変わりやすいこと。」

だそうです。

 
そう、
私たちの心は、
すぐに変わりやすい。

 
例えば、
年末年始になって
翌年の目標を立てても、
1ヶ月もすると、目標が変わっていたり、忘れてしまったり…

 
「明日から早起きするぞ」と決めても
3日後には、「早起きするの辞めた」と言い出したり…

 
あなたも1度は
同じような経験があるのではないでしょうか??

 
そして、
投資においても
同じことが言えます。

 
それは、
トレードをしていると、
優位性がない局面にも関わらず、
「今日はなんかいけそう!」と思ってエントリーしたり、

 
本来は、
損切りするべきなのに、

 
「この先価格が逆方向に動くだろう」と期待から
損切りしなかったり…

 
損が続いているから
取引量を大きくして、トレードしてみたり…

 
これらは
全て一貫性がないわけです。

 
つまり、
あなた自身の心身の状態や
相場の状況によって、
心が揺さぶられてしまい、

 
その結果、
ある時には、儲かったけれども、
ある時に、大損してしまう、という
「偏り」が生まれてしまうのです。

 
心が変わりやすいからこそ、
私たち個人トレーダーは、
「トレードのルール」を作る必要があるわけですね。

 
感情をいちいち動かされずに、
淡々と、淡々と、ただルール通りに決めて実行する。

 
トレードで負けるときがあっても、
ただ、ただ、淡々とやる。

 
古今東西の投資の達人たちの勝つ秘訣は、
ルール通りにトレードをする。
ただ、この繰り返しなのです。

 
感情的になればなるほど、
利益はあなたから遠ざかっていってしまいます。

 
あなたは、
相場状況の変化によって、
心を揺さぶられていませんか?

感情的になっていませんか??

 
<編集部よりオススメ>

「トレードルール」を作る秘訣ー
それは、複雑ではなく、シンプルに作ること。

そして、
視覚的に分かりやすいこと。

この2つの要素を満たし、
チャート分析でトレードルールを作るなら
小次郎講師の「究極の移動平均線大循環分析」がオススメ!

その内容の一部を紹介すると・・・

第1章:チャート分析の考え方
第2章:移動平均線から大循環分析へ
第3章:三次元分析とは
第4章:仕掛けと手仕舞い徹底解説
第5章:小次郎講師流、大循環MACDの極意継承

只今、”期間限定の77%オフ”ですので、
詳細は今すぐこちらをご覧ください。
http://toushi-school.net/page/?page_id=4656

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA