矢口新のブログ

年末年始の投資について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:矢口 新
自宅のソファから、、、

 
С Рождеством Христовым!

 
え?読めないですか?(笑)

 
ロシア語で「メリークリスマス」
という意味なんです。

 
%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%99%e3%81%be%e3%81%99%ef%bc%92

 
そうです。
今日は12月25日 クリスマス。

 
あなたはどのようにお過ごしでしょうか??

 
わたしは昔ロシアにいたことがありますが、

 
ロシアではクリスマスよりも、
年明けの方を大切にする習慣がありますね。

 
ロシア正教の暦では、
ヨーロッパでいう1月7日がお祝いの日なので、
1月の方が大事らしいですね。

 
当時は、
まーとりあえず 飲んで騒いで
という感じでしたが、

 
さすがに今は、
家族とゆっくり食事をすることがおおいですね。

 
さて、
クリスマス、年末年始と、長期休暇が続きますが、

 
この間、個人投資家の皆さんがどう対応すべきか、
悩みますよね??

 
参考にすべきは相場を動かしているプロの動向ですね。

 
最近のディーラーの傾向を見ると、、、

 
昨年末から今年の年初にかけてもそうですが、
年末年初の大きな動きに備えることも
増えてきていますね。

 
そして、
今年はー、ほとんどのヘッジファンドが
秋ごろまで損失を出していたので、

 
トランプラリーで活気づく中、
しぶとく粘って攻めていくことも十分考えられます。

 
ドル円の投機筋でいうと、
急速にドル円ロングが進んでいて、
まさにいま攻めている最中というところでしょうか。

 
具体的に言うと、

 
今年の年初以来ドル円ショートで攻め続けてきましたが、
10月以降に縮小し、

 
トランプラリーのショートカバーで
11月末にほぼスクウェアとなりました。

 
そして、直近のデータでは急速にドル円ロングが進んでます。

 
私の感覚だと、
もう一勝負して、ドルの上値がどこか、探りに行きそうですね。

 
%e6%94%bb%e3%82%81%e3%82%8b

 
といってもー、
長期休暇であることはまちがいないので、
投機筋がフル稼働しているわけではありません。

 
ですので通常の時と比べると
流動性が低く、
だからこその 大動きも 予想できます。

 
この時期の値動きを捉えるのは
難しいかもしれません。

 
ということで、
われわれ個人投資家の勝ち目は薄いですね(笑)

 
%e3%82%84%e3%82%8c%e3%82%84%e3%82%8c

 
振り返ってみると、

 
今年の年初は、
大発会からの下げ相場にもなりましたし、
リスクはあります。

 
ということで、
クリスマスから年末年始にかけたこの時期は

 
少額の投資に抑えて様子を見る
という方針もありですね。

 
もちろん、
利益を上げるには厳しい環境なのですが、
忘年会でも話しましたね。

 
相場は取ったり取られたりの繰り返しで、
取った時に残るのは「収益」、
取られた時に残るのは「学び」です。

 
あ、高橋さんのブログにも
載せていただきました。
なんだか照れくさいです。

 
つまりー、
厳しい勝負で負けたとしても、
何かしら得られるものはありますので、
トライしてみるのもありですよ!

 
一方、
ゆっくり休んで来年に向けての英気を養う
というのもオススメです。

 
投資は長く続けてこそ意味がありますから。
休息も大切です。

 
私ですか?

 
もちろん、家族とゆっくり休んで
来年にそなえますよ(笑)

 
といっても、
仕事納めは12月29日になりそうなので、
それまで皆さんお付き合いくださいね。

 
 
それではまた。

 
 

―矢口 新

 
 

<編集部のおすすめ>

今年の年初を見る限り、
下げ相場への対策は
年内に済ませたほうがよさそうです。

上がった相場は必ず下がります。

必要なのは、
下降相場でも収益を狙える技術。

もしあなたが、
まだその技術を手にしていないのであれば、
今のうちに手に入れておくことをオススメします。

https://fx-school.net/lp/karauri_onetime

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. エトワール より:

    ロシアのお話、投機筋の動きについてのお話等、矢口先生ならではのお話がとても興味深く嬉しかったです。ありがとうございました。今後も楽しみにしております。

    矢口先生の名言
    取った時に残るのは「収益」、
    取られた時に残るのは「学び」
    どちらにしても感謝なことで、励みになります。

    経験を積めば積む程、学びが深まり、精度が高まるようになるのだと思いますが、矢口先生のような超ベテランの域になられると、相場から学ぶことはほとんど無くなってこられるのではないかと感じます。相場を張り続ける限り学びも続く、という意味合いはあると思いますが、実際先生はどんな風に感じていらっしゃいますか?

    1. 矢口新 より:

      エトワールさん

      コメントありがとうございます。

      そうですね。
      相場から常に学びがあります。

      それは皆さんと講義で触れている
      という影響が大きいですね。

      教えることで私自身にも新しい気づき
      が生まれます。

      例えば、
      トレードで負ける日があってもいい。
      トータルで勝てれば大丈夫。

      といいつつ、

      徐々に、
      「皆さんにトレードを教える立場の私が、
      1日でも負けている日があるのはおかしい」
      と思うようになりました。

      変な負けん気が出てきまして、
      最近は1日単位でも常にプラスにして
      トレードを終えるよう意識しています。

      この意識はディーラー時代ですら
      持ちえなかった感覚です。

      不思議です。
      この先もずっと学びがあるような気がします。

      エトワールさんも、
      相場からいろいろ学んでくださいね。

      チャートの動きに人生が詰まっている、
      といっても過言ではありませんから。

      1. エトワール より:

        矢口先生

        ご返信ありがとうございます!!
        矢口先生のリアルな感覚をお聞きできて大変嬉しいです。
        1日単位でのプラストレード、本当に格好良くて理想の極致です☆。
        とても、納得の行くご回答で大変満足しております!

        チャートの動きの中の人生。。
        先生にはどんな人生が見えていらっしゃるのか…
        上達できたら、私にも少しずつ見えてくるかも知れませんね。

        何事もですが、トレードの仕方も、生き方が出るように感じています。
        生き急ぐかのようなトレードをしなくて済むよう、
        自分の内面を整え、落ち着いた状態で穏やかに取り組めるようにしたいと思います。

        この度はご返信誠にありがとうございました!

        1. 矢口新 より:

          エトワールさん

          あけましておめでとうございます。

          こちらこそ、
          温かいコメントありがとうございます!
          これからもよろしくお願い致します。

コメントを残す

*

CAPTCHA