高橋慶行のブログ

クリスマスプレゼント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:高橋慶行
自宅の書斎より、、、

「今日っていう日は、
昨日亡くなった人が、なんとしてでも生きたかった1日です」

 

おいおい、
突然何を!?
と、思われたかも知れませんが、
これが僕からあなたへのクリスマスプレゼントです。
 

毎日毎日、
仕事や家事、育児に多忙な日々を送られている、
すべてのみなさんへ改めてお届けしたい言葉なわけですが、
 

多くの人が今、
さまざまなことが理由で、忙しすぎる生活に対して、
 

・「避けられないもの」
・「自分が頑張って乗り切るべきもの」
 

として、
受け入れてしまっています。

 
しかし、
あまりにも多くの人がそんな生活を当たり前のように受け入れ、
本当にやりたいことを後回しにし、
時には体や心を壊すまで頑張ってしまう現状に対して、
向き合ってみて頂きたいと思うのです。

 
そのためにきっかけとして、
「今日っていう日は、
昨日亡くなった人が、なんとしてでも生きたかった1日です」
という言葉をお贈りさせていただきました。

 
目の前のやるべきことを避けられない、
という場合も多いと思いますが、
「どのような意識で取り組むか」ということであれば、
自分のコントロール下にあります。

 
その場合、
目の前のやるべきことを充実させたものにしようとか、
しっかり楽しもうとか、きっちりやろうとか、
そういう風に考えることは大切な事です。

 
昨日亡くなった人が、
なんとしてでも生きたかった今日ですから、
何をしていても、やっぱり、きっちりやりたいし、楽しくやりたいですよね。

 
事実、「楽しい仕事」なんてものはありません。
あるのは、「仕事を楽しくできる自分」だけだと、僕は思っています。

 
あるのは、
「家事を楽しくできる自分」だし、
「勉強を楽しくできる自分」だし、
「子育てを楽しくできる自分」だと思うのです。

 
そういう風に過ごしていけば、
今日という1日は、「ただの1日」ではなくて、
最高の1日になると思いますし、「明日やればいいや」なんて風には、
考えないと思います。

 
「今日できることは今日やる、楽しくやる、最高にやる」
ってことは、自分のコントロール下にあります。

 
大切な事なので、
もう一度だけ、言わせてください。

 

「今日っていう日は、
昨日亡くなった人が、なんとしてでも生きたかった1日です」

「今日っていう日は、
昨日亡くなった人が、なんとしてでも生きたかった1日です」

「今日っていう日は、
昨日亡くなった人が、なんとしてでも生きたかった1日です」

ああ、
大切な事過ぎて、
3度も言ってしまいました。
 
 
最高の1日をお過ごしください^^
メリークリスマス!

ー高橋慶行

PS.矢口先生から感動の名言をいただきました。
これもサプライズプレゼントです!

yaguchi_thumb01

相場は取ったり取られたりの繰り返しです。
取った時に残るのは収益、取られた時に残るのは「学び」です。
by 矢口新

さらに、PS///

年末年始は株式相場は乱高下。
だからこそ、必ず押さえておきたいのが、正しい空売りの技術!
その技術なら、コレ1つしっかり見ればバッチリです。
https://fx-school.net/lp/karauri_onetime/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. エトワール より:

    素敵な素敵なクリスマスプレゼント、ありがとうございました!

    高橋さんて、私にとっては、根本は、投資の学校創設者でいらっしゃり、若くして成功なさった偉大な方なのですが、基本的なイメージは、そんな凄い感じじゃないと申しますか(すみません)、普通にいそうなお兄さんです。
    常々そのギャップにもやもやしつつ、しばしばグッとくること仰るブログ、見逃せません。

    メリークリスマス!

    1. 高橋慶行 より:

      エトワールさん

      コメントありがとうございます!
      はい、おっしゃる通り、僕は不通に良そうな兄ちゃんです^^
      普通の兄ちゃんが試行錯誤しながら、頑張って記事書いてますw
      また、コメントよろしくお願いいたします!

      高橋慶行

  2. 日本蛙の会 より:

    メリークリスマス!
    昔、ケロリンが小学生だったころクラスで班分けがあり、優等生のカマトト女子と同じ班になりました。
    班の名前を付けろという段階になり、大抵の学友は漫画の主人公の名前とかTVのタイトルっぽいのを付けてる中で、カマトト女子は「あすなろ」という名前を強く主張しました。
    What「あるなろ」?なんか「明日なろう!」という向上心と血のにじむような努力をしませう的な意味らしいです。小学生らしからぬ発想、大人受けを狙う妙に気恥ずかい妙に青臭い名前だと感心しました。
    てか、そんな直球なネーミング今でもないわ~(あすなろ班(ファン)の皆様すみませんm(__)m)
    という私怨を吐いた所で、
    「明日なろう」われわれ世代(=ポスト団塊ね)は頑張れば明日は良くなるというニンジンをぶら下げられてひたすら走ってきた感があります。具体的なプランニングもなく愚直に社内規定を尊守し道を道を違えず、理不尽な異動にも耐え、上司のいうことを聞いていればフルーツバスケットの椅子をとれるチャンスが巡ってくると。実際には「来る」という不確かな未来を確約のものと信じてブラックもがんばっちゃう不自由な存在。
    結局「誰のためにかけがえのない今日の時間を使ってるの?」という疑問符だらけの日常です。
    今日はとりあえず休日なので脳のしわを伸ばしてアイドリングをすることにしますです。
    (ちっとも教訓になってないな~)
    矢口先生の『取られたときに残るのは「学び」』というお言葉は潔くでステキです。負けたくないけど学びのある負け方をしなくては。

    クリスマスプレゼントとして冬眠も目覚める動画シリーズ第三弾「忘年会実況中継特別編ヨシ君のコスプレ動画」をひそかに期待していたケロリンは冬眠続行中.。o○

    1. 高橋慶行 より:

      蛙先輩

      長文コメントありがとうございます!
      ケロに書かせようか、正直今回の記事は迷ったのですが、
      「そろそろケロか?」と、思われるあたり、さすがです!
      ビデオブログ、、、、今年あと1回ほど発信しようか考えてみます^^

      高橋慶行

コメントを残す

*

CAPTCHA