日米首脳会談で為替はどう動く?

From:ニコラス・グールド
自宅のリビングより、、、

 
 
先日、日本時間の2月11日(土)未明に
アメリカのワシントンでトランプ米大統領と
日本の安倍首相が会談しました。

 
トレーダーにとって、
今やトランプ大統領の発言は
常にチェックすべき対象になっていると言えるでしょう。

 
彼はTwitterもやっており、
そのフォロワー数はなんと、
24,605,502人にも上ります。

Donald J. Trump realDonaldTrump さん Twitter

 
日本語訳のアカウントもありまして、
こちらもたくさんのフォロワーがいます。

-日本語訳 ドナルド トランプ DonaldTrumpJPN さん Twitter

そういった中で、トランプ大統領の発言は
瞬く間にソーシャルメディアを通じて
世界中を飛び回り、

 
マーケットを動かすニュースの一つとして
数えられるようになりました。

 
特に、トレーダーにとって懸念されていたのは
トランプ大統領のドル高警戒でした。

 
「日本は為替操作国」
「円安を誘導している」

 
という発言は、
これからの為替の動向、そしてそれに伴う
株価への影響を考えると見過ごせないものでしたね。

 
日米首脳会談でも
トランプ大統領がこの点について
どんな発言をするのか、大いに注目されていました。

 
結論から言うと、これまでとは一転して、
トランプ大統領が表立って日本の金融政策を非難することは
ありませんでした。

 
為替については、日米の財務相を中心として
議論していくことが確認されたことからも
いったんは、大きな円高/ドル安の懸念は後退したと
言えるかもしれません。

 
 
ただし、首脳会談後のマーケットの反応は鈍く、
週明けの今日(13日)からの動きには
注目すべきでしょう。

 
ドル円の1時間足と5分足チャートを見ておきましょう。

(1)USDJPY 113.205 ▲ 0.01 無題 TradingView
※ドル円:1時間足チャート

1時間足は
2月10日(金)の16時に高値を付けてからは
下落のトレンドになっています。
 

ちょうど首脳会談の時間に
いったんは113円を割り込みましたが、
長い下ヒゲが出ていますし、大台の数字なので
目先は113円をサポートにした攻防が
考えられるでしょう。

 
USDJPY 113.205 ▲ 0.01 無題 TradingView
※ドル円:5分足チャート

5分足でも、下値は切り下げてきましたが
まだ、113円手前でサポートされているように見える状況です。
 

上値も重い様子が見えますので、
113円55銭、60銭ころの高値から
113円75銭ころの高値を抜けるか、
 

もしくは113円の下値を抜けるまでは
もみあいの値動きになるかもしれません。
 

注目ですね。

 
 
最後に少しだけですが、
トレーディングのアドバイスを。

 
マーケットの値動きは
トレンド相場、横ばい相場の2種類しかありませんが、

 
利益を出すためには、あなたがトレードする時に
マーケットはトレンド相場なのか、横ばい相場なのか
それをしっかりと見極めて、

 
マーケットの状況に合わせた戦略で
トレードすることが重要です。

 
私は、トレンド相場なら、順張りでトレンドをフォローする戦略
横ばい相場なら、高値、安値近辺での価格の反転を確認しての
逆張りの戦略を使います。

 
どのテクニカル指標を使うかは人それぞれなので、
ボリンジャーバンドやMACD、RSI、一目均衡表…
どれでも良いと思いますが、

 
私は、世界中のトレーダーも見ている
移動平均線を使います。

 
マーケットは買いの人が多ければ価格が上がり、
売りの人が多ければ下がりますから、

 
たくさんの人が見ているテクニカル指標は、
それだけで、とても価値があるのです。

 
あなたがどれを使うかは自由ですし、
何を使っても稼げる可能性はあります。
 

ですから「絶対に移動平均線」とは言いませんが、
もし興味があったら、使ってみてください。

 
 
—ニコラス・グールド

 
 
<本日のオススメ>

相場で利益を出すためには
マーケットの状況を見極め
「買い」か「売り」を判断しなければなりませんが、
 

世界中のトレーダーも愛用する
シンプルでわかりやすい方法が
「移動平均線」を使った分析です。

 
移動平均線を使いこなせれば、

・相場にトレンドがあるか、それとももみあいかが
 見極められるようになる

・どこで売買すべきかが手に取るようにわかる

・損切りと利益確定が明確になるので
 安定して稼げるようになる

などのメリットがあります。
 

その移動平均線を使ったチャート分析を
基礎から応用、実践まで、
短時間でマスターしたい方は
こちらをチェックしてください。

http://toushi-school.net/page/?page_id=4656

最近の投稿

  • プロセスにフォーカス
    From:ニコラス・グールド 都内のトレーディングルームより、、、 皆さんご存知だと思いますが、 アメリカのメジャーリーグベースボールでは
  • トレード回数、多くありませんか?
    From:ニコラス・グールド 都内のトレーディングルームより、、、 今週の東京は暖かい気候で、 今の季節は本当に過ごしやすいですね。 気
  • チャンスはいつでもある
    From:ニコラス・グールド 都内のトレーディングルームより、、、 あなたはトレードで勝率を気にしていますか? よく勝率を気にしすぎるあま


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.